異世界ファンタジー 長編 完結済

異世界トリップは運命で巡り会う者達

作者からの一言コメント

三つの世界の物語です。

読了目安時間:10時間21分

総エピソード数:67話

異世界トリップは運命で巡り会う者達の表紙

三つの世界の物語です。 別サイト様にも掲載してますが冒頭に等ノベルアップオリジナルのお話を記載してます。 ※注意※ この物語には前作と前々作のからくり少女と幽霊屋敷の麗奈と孤独な少女とからくり明かしの住民達と同一人物が出てきますが、パラレルワールドに住む主人公達という設定です。前二作の余韻を残したまま読むと混乱をきたす場合がございます。ご注意下さい。 ・異世界トリップした先はなんと乙女ゲームの世界だった お屋敷で一人暮らししている主人公麗奈がある日謎の男に声をかけられその後異世界にトリップしてしまう。そこは彼女の世界では人気乙女ゲームとして有名な世界だった。ゲームの知識を駆使して生き残り仲間達を助けるはずが……記憶がどんどん薄れていく!? 知識があったから平気だった異世界トリップでも、もうどのような結末だったのか思い出せなくて? 仲間達や敵対している四天王達の心を動かしてしまう天然で優しい主人公。そんな誰をも味方に付けてしまう世界に愛された少女のお話。 ・~Another story~ 異世界から来た運命の子 これはもう一人の主人公のお話。異世界まで着た彼女の目的はただ一つ。「影」をこの世界から全て消し去ることただそれだけ。麗奈とは違う目的と使命を持って異世界トリップしてきた主人公刹那は一定の距離を置きながらゲームの主人公であるアオイ達と行動を共にする。セツナ曰く「影」とは人の欲望そのものであり世界を飲み込む闇であると語る。世界を崩壊させる存在を野放しにできないと話すその瞳はどこか遠くを見ていた。彼女が追い求める「影」とはいったいどのような関係があるのか?  ・遥かな時を超えて巡り会う者達 聖女物語が伝説となった頃十六歳になる娘の家に信託を告げる破魔矢が現れ、それは悪しき存在がこの世に現れた時に神が神子となる娘の家へと飛ばすと言い伝えられてきた。そうして名もなき少女は神子となりこの世界を救うため仲間達と旅をする。 少女達の旅は新たな聖女伝説を生み出す。何もできない村娘に課せられたものは世界の終わりか新たな未来か。

総エピソード数:67話

作品情報

作品名 異世界トリップは運命で巡り会う者達
作者名 水竜寺葵
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界ファンタジー 乙女ゲーム風 戦闘 トリップ 恋愛あり 流血表記あり 暴言あり 最後はハッピーエンド 何もできない主人公 影のある主人公 愛され主人公 第3回HJ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年4月21日 3時00分
最終投稿日 2020年6月22日 3時00分
完結日 2020年6月22日 3時00分
文字数 310,580文字
読了目安時間 10時間21分
総エピソード数 67話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 深淵聖女(ディープマリア) ~転生魔王は勇者ご一行~

    異世界に浸りたい人向け!

    5,500

    0


    2022年12月9日更新

    ※イキりと驚きの会話劇をアニメ感覚でお楽しみください。本編8話からが段違いに面白いので序章は適当に流し読んでください。とてもファンタジーしてます! ◇◆◇◆◇◆ ある日、勇者ご一行の1人であるメサリアは自分がかつての伝説の魔王の転生後の姿だということを思い出し、同時にチートな強さをも手に入れてしまう。魔王の力を仲間に隠しつつ、上手いこと活用して行こうと努めるメサリアだが、ことごとく失敗に終わる。突如襲来した魔王軍の大幹部により仲間を殺され故郷を破壊されたメサリアは、力を解放し大幹部を倒す。そして、皆の元を去ったのだった。いつしか彼女の名は知れ渡り、皆に噂される存在となる。その名も『深淵のメサリア』 ◇◆◇◆◇◆ 同郷の『深淵のメサリア』と『破錠のクレステル』は二人で魔大陸を冒険する。その間、魔王時代のかつての宿敵の末裔と対峙するメサリア。戦いと和解を繰り返し仲間を増やしていく。そして、たどり着いたかつての魔王城で世界の真実を知る。そう、魔王だけでなく勇者も転生していたのだった。 ◇◆◇◆◇◆ メサリアのメインストーリー以外に、複数の主要キャラクターたちの話も同時進行する。作者の用意した設定ページと地図と自前のイラストでお楽しみいただけたら幸いです。 世界観、ネーミング、設定、舞台風景、めっちゃこだわってますので感想お願いします。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間8分

    この作品を読む

  • 主人公【シンヤ】は日本人だ。 異世界に転移し、魔物に襲われている行商人の一行を助けた。 行商人はお礼として、奴隷を一人譲ってくれると言う。 シンヤが美少女奴隷に目移りしているとき、誰かが彼の腕を引っ張った。 それは助けた者の一人、猫獣人の奴隷【ミレア】だった。 「ん? どうしたんだ?」 「……」 シンヤの問いかけに対して、彼女は熱っぽい視線を向けるだけだ。 「えっと……。君が俺の仲間になりたいのか?」 シンヤはそう尋ねた。 すると、コクッと力強くうなずく。 「そうなのか……。でも、どうして俺なんだ?」 「赤猫族の女……。命の恩人には、絶対服従スル……」 「へ?」 シンヤは思わず聞き返す。 だが、彼が思考を整理している間に、ミレアが距離を詰めてきて……。 彼女の口唇が、シンヤの頬に触れた。 「え!?」 突然のことに驚くシンヤ。 その隙をついて、今度は彼の首筋に舌を這わせる。 「ちょっ……! 何してんだよ!!」 慌てて飛び退くシンヤ。 「強い雄の子種がほしイ……。シンヤ、あたしと子どもをつくろウ?」 「いやいやいやいや!」 「ダメ……?」 「いや、そういう問題じゃなくてさ……。命の恩人というだけで、そこまでしなくてもいいぞ?」 「ソレだけじゃない。匂いも気に入った……」 「はぁ……」 「それに、シンヤはすごく強い魔力を持ってイル……。あたしも魔力持ちだからワカル……」 「まあ、確かにそうだけどな」 「きっと役に立つ……。あたしを使ってほしイ……」 そう言うと、ミレアは再び顔を近づけてくる。 「おい……。ちょっと待てって……」 「シンヤ、スキ……。早く赤ちゃんつくろウ?」 「いやいやいやいや!!」 迫ってくる猫娘を押しとどめようとするシンヤ。 だが、ミレアの力は強く、どんどん押し込まれていくのだった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る