異世界ファンタジー 長編 完結済

サモナー・オブ・サモナーズ【完結済】

作者からの一言コメント

拳で語る召喚師

 とある辺鄙な農村は、ある日野盗の襲撃に会うも、通りすがりの召喚師によってからくもそれを救われる。  そこで育った少年アデムは、村を救った英雄と同じ召喚師になることを夢みて、神父の元で修行の日々を送っていた。  念願かなって王都の学園への推薦状を手にしたアデムは、夢と希望に満ち溢れ、学園の門をたたく。  そこで目にしたものとは、召喚術がすっかり時代遅れの産物となってしまったという寒々しい現状であった。  召喚術につけられたへっぽこ三流魔術の汚名を晴らすべく、アデムは日夜努力を続ける。  その中で出会った数々の仲間たちと共に修練を続けていくアデムだが、彼はとある国家規模の陰謀に巻き込まれていく。  召喚術が時代遅れの産物となってしまった原因とは?  30年前の大戦の真実とは?  全てのカギを握るキーパーソンとは?  元最強無敵の勇者パーティの英才教育を受けた少年は、今は斜陽の召喚師を目指す!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 サモナー・オブ・サモナーズ【完結済】
作者名 まさひろ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 西洋風 ハーレム 学園もの 召喚師 召喚術 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2019年10月11日 17時26分
最終投稿日 2019年10月17日 17時47分
完結日 2019年10月17日 17時47分
文字数 269,833文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,500pt
ノベラポイント 55pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世界を変えるのは、一つの小さな石であった

    ♡500

    〇20

    異世界ファンタジー・連載中・30話・85,185字 jockey

    2021年3月7日更新

    平凡だった少年が、後に英雄になった理由。 それは一つの小さなの石を拾ったことだった!? 数年前から勃発した戦争。 それは大勢の犠牲者を出す大規模な戦争だった。 しかし、そんな世界の情景をよそに、やる事がなかなか決まらず、無駄に時間を過ごしていた少年アルスは、第二の人生を生きるため、友人と共に大都市に向かうことになった。 新地点で新しい人生を歩み始めたアルス。 そんなある日、彼は綺麗だからという理由で一個の石を拾う。 それがとんでもない魔石だったとは知らずに……。 一個の石を拾ってしまったせいで、どうしたわけか世界の情勢に大きく巻き込まれる事になってしまったアルス。 しかし、そんな時に彼が思っていた事は……。 これはたまたま石を拾ってしまった主人公が、なんやかんや世界の大戦に巻き込まれつつも、マイペースで(時には無双して)生きていく物語である。

  • 聖女は美しく魔女を狩る

    ♡1,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・62話・120,681字 白崎詩葉

    2021年3月7日更新

    これは、世界を乱す『魔女』と秩序を守る『聖女』が長く戦い、いくつもの大きな戦争が過ぎた頃の話。 白の聖女ジャンヌ・ダルクは、白い炎を操りながら魔女狩りをこなしていた。 ある日、魔女が住む城に向かう途中、魔術師のアキセ・リーガンと出会う。組まないかと誘われるが、断った瞬間に眠らされ、魔女に売られたと思いきや、助けにきた。 その理由とは・・・ ジャンヌとアキセの最悪な出会いから物語が始まる。 小説家になろうでも投稿中