エッセイ/評論/コラム 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

ノベプラで活動する、底辺おぢさんのお話

作者からの一言コメント

おぢさんのぼやき。最近、無関係な話も多い

読了目安時間:2時間40分

総エピソード数:90話

ノベプラに流れ着いたおぢさんが、超ど底辺作家として活動しながら感じた、疑問だったり発見だったりをつらつらと垂れ流すエッセイ。 絶対にためになる話はしません。 不定期です。 エッセイの皮を被ったブログのようなエッセイ。

総エピソード数:90話

作品情報

作品名 ノベプラで活動する、底辺おぢさんのお話
作者名 水無月上総
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ おぢさん 底辺作家 疑問だったり ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月2日 20時16分
最終投稿日 2022年5月13日 20時20分
完結日 -
文字数 79,877文字
読了目安時間 2時間40分
総エピソード数 90話
ブックマーク登録 46件
コメント 298件
スタンプ 563件
ビビッと 71件
応援ポイント 257,470pt
ノベラポイント 406pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 因幡さんのだらだらとした映画語り

    かってに採点して、すまんね

    2,500

    2


    2022年5月20日更新

    因幡さんが独断と偏見でだらだらと映画を語る記事です。

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • 虚構の甲冑

    プレートアーマーについて批判

    0

    0


    2022年5月20日更新

    歴史界隈では、時折、プレートアーマーは有益なのか、それとも無益なのか議論が尽きない。 特に、2022年はとあるゲームの登場により、プレートアーマー不要論が広がった。 これに対する反論が、一部のプレートアーマー愛好家からされた。ただ、その反論内容が軍事史が解離している他、一部の要素、つまり単純な防御力にしか関心が向いていないと、私は感じた。 その理由を考えた際、彼らの発想の源泉が創作物から来ていると感じた。 本エッセイは、プレートアーマーの実態を踏まえつつ、創作物との混同しているものは何かについて語りたいと思う。 なお、本エッセイでは、一部のプレートアーマー愛好家について批判的書き方になるのだが、書くに至る動機が、私に対して人間性を否定する言動にあるからだ。予めご了承して頂きたい。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    11,100

    0


    2022年5月18日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • 少女冒険者と異世界少女

    ちょっぴり百合風味な2人の少女のお話です

    11,000

    0


    2022年5月20日更新

    冒険者として活動しているクレアは久しぶりに実家に帰る事を計画する。 どうせなら驚かせようと思い、何の前触れもなく帰ろうとしたところ、途中の森の中で偶然なのか一人の少女……カエデと出会う。 聞けばカエデは異世界人と言うではないか。 異世界人なんて信じてなかったクレアではあるものの、彼女が嘘を言っているようにも思えない。 クレアはカエデのことを放っておくことは出来ず、元の世界に返す方法を探すと決め、カエデと一緒に行動することを決めるのだった。 しかし一緒に行動しているうちに……? それは置いておくとしても、探すと言ったけど手掛かりがない! じゃあどうするのか? クレアが思いついたのは……取り敢えず、実家に連れて行くという事だった。 そんなこんなでクレアとカエデの二人のゆるい物語が始まります!(短いけど) ※異世界転移要素が入ってますが主人公は現地になります。 ※こちらの作品はノベプラの他に「なろう」「カクヨム」にも投稿しています。 ©月夜るな

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む