ミステリー 短編 完結済

非推理探偵・最上川流の受難

作者からの一言コメント

推理〝できない〟探偵の日常ミステリ。

セレブの日常に潜む謎とは。 「あの探偵に、推理なんて似合わないから」 自称・名探偵の最上川流(もがみがわながる)。 若くして私立探偵事務所を構える彼の元に、ある日不思議な依頼が舞い込んだ。 それは、大金持ちの娘からの調査依頼。 意味不明な依頼に最上川は困惑するが、金払いも良いのでとりあえず引き受けることに。 驚異的な情報収集能力を持つ相棒? の女子高生、スミレとともに調査を進める最上川だったが…… 「こりゃ、現場に行くしかねえな」 そして探偵は、依頼人の住む「×文字館」へ乗り込んだ。 探偵が乗り込んだ先で事件……は、起きない!? それは最上川の運か実力か、それとも……? 推理できない探偵と有能女子高生探偵助手が織りなす、探偵×日常ミステリー!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 非推理探偵・最上川流の受難
作者名 千鳥 涼介
ジャンル ミステリー
タグ 日常ミステリー 男主人公 現代日本 日常 ミステリー 探偵 日常の謎コン 女子高生
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月9日 6時08分
最終投稿日 2020年7月27日 0時38分
完結日 2020年7月27日 0時38分
文字数 16,962文字
ブックマーク登録 12件
コメント 3件
スタンプ 18件
ビビッと 0件
応援ポイント 17,817pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • すぐ完結しますよ

    ♡6,700

    〇0

    ミステリー・連載中・29話・62,489字 釧路太郎

    2021年1月26日更新

    仲の良い家族だったはずなのに、姉はどうして家族を惨殺することになったのか 姉の口から語られる真実と 他人から聞こえてくる真実 どちらが正しく、どちらが間違っているのか その答えは誰もまだ知ることは無いのだった この作品は「カクヨム」「アルファポリス」「小説家になろう」にも掲載しています。

  • 「小説家になろう」に掲載済みの作品です。

    ♡200

    〇0

    ミステリー・連載中・22話・53,002字 end&

    2021年1月25日更新

    都内で、ピアノコンクールエントリー者が駅のホームから突き落とされるという事件が発生する。音楽雑誌ライターの成田は胸騒ぎを覚え、独自に事件について調べ始める。 ともに語られる思春期の物語。北国のとある高校。水泳部所属の飯塚は放課後に偶然聞いたピアノ曲、ドヴォルザークの「ユモレスク」の演奏者を探し出そうとするが。それはすべての元凶だったのだろうか? 「才能は諸刃の剣となる。 過去は現代に復讐する。」 才能がなくて苦しい。才能があってもつらい。大人に振り回される子供たち。嘘の甘さと真実の苦味。それぞれの想いが個々に曲を奏でだす。