恋愛/ラブコメ 長編 連載中

紗奈ノ巫女守人

作者からの一言コメント

【1部完】戦国タロットカード占い師

読了目安時間:2時間33分

総エピソード数:28話

紗奈ノ巫女守人の表紙

恋愛×タロット占い×戦国×ファンタジー。 悪逆な火ノ巫女による転生の秘術により、日本の戦国時代に似た世界へ転移した少女、紗奈。 絵札──タロットカードで災害予知を行う『札巫女』として、斉野平家に仕えることになる。 彼女には、火ノ巫女の転生を阻止し、万能な占術の力を抑えるため、斉野平家の先祖による呪いがかけられていた。 それは、災害以外を占うことができない。そして、『札巫女』を護り監視する『巫女守人』以外の言葉が理解できないというものだった。 この国は、古来より山神が荒ぶり山が動き出す、そして物の怪が暴れるといった『山追い』の災害や自然災害に苦しめられてきた。 災害予知の力だけ人々のために利用し、『札巫女』に人心が惑わされ依存してしまうことを避けるための呪いかと思われる。 内乱・戦により呪いの解き方は失われ、呪いを扱うことのできる者もいない。 唯一会話ができる『巫女守人』の九一郎と共に、占術を行う日々を過ごす紗奈。 お互い一目惚れに近い状態もあり、想いを寄せあうようになっていくが──。 表紙絵少しずつ描き足します。 小説の中身も少しずつ推敲中。 ・架空の世界。 ・ぬるいですが戦いも有。 ・ヒロイン一人称。 話を進めること優先で書いたものの、ムズカシイです。 タロットカードの解釈や占い方も、あくまでこのお話の中の設定です。 純愛っぽいけど多少性的な表現もあります。色々ご注意ください。 【1部完】 あとは2部開始前のお話を追加しようと思ってます。 お読みくださった方、ありがとうございます!

前へ

1-28

次へ

前へ

1-28

次へ

作品情報

作品名 紗奈ノ巫女守人
作者名 はやひり
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 シリアス 和風 転生/転移 R15 ノベプラオンリー タロット 占い 巫女 戦国 HJ大賞2021後期 年下
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2021年10月1日 0時00分
最終投稿日 2021年11月3日 23時04分
完結日 -
文字数 76,626文字
読了目安時間 2時間33分
総エピソード数 28話
ブックマーク登録 8件
コメント 9件
スタンプ 53件
ビビッと 1件
応援ポイント 48,200pt
ノベラポイント 450pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 牡丹は蝶の翅のかほりに

    BL/世話焼き年上バイ×ヤンチャ系ノンケ

    2,900

    0


    2021年11月30日更新

    【BOYSFANコン参加作品/お題フリー】 【あらすじ】 宇津井シンジは法律事務所に勤務している。弁護士の蜩令二郎に私用まで頼まれるなど、扱き使われる日々にあるが、文句一つ言わずに淡々とこなすポーカーフェイスの有能なパラリーガルだ。 「お前、上司にイヤガラセされてんのか? 俺の上司は最っ高にかっこよくて頭よくて優しくてかっけぇぞ」 ある夜、焼き鳥屋で、初対面ながらも砕けた調子で話しかけてきた金髪・鼻ピアスの黒埼六華と二軒目へ飲みにいき、そこから途切れた記憶。 翌朝、自宅で目を覚ましてみれば同じベッドで眠っている六華の姿が。その褐色の背中には艶やかな牡丹が彫られていた。 「しんちゃん、俺の背中の牡丹の蜜、吸おうとしたのよ?」 年の離れた兄と共に闇金事務所を切り盛りし、重度のブラコン属性でもあった六華。ノンケの彼にバイのシンジは関心を抱き、定期的に食事に誘い、食べたり飲んだりと楽しい時間を重ね、根は真っ直ぐで飾らない年下の六華にどんどん惹かれていく。 シンジの上司である蜩、その恋人である海野凪。そして六華の兄である黒埼凌、その恋人である佐倉綾人も交えて食事会をしたりと、二人の関係は順調に進んでいく。 しかし、あくまで友人止まり。自分の好意を告げると良好な関係が崩れてしまうのでは、いっそのこと想いは押し殺して友人関係のままでいた方がいいのでは? 迷うシンジはなかなか告白に踏み出せない。 「俺、蝶々、好きなんだわ」 腕に蝶のタトゥーを彫れ、色白だからきっと似合うと六華に散々言われてきたシンジは、その台詞にどきっとする。仕舞いには自分の好意に気づいているような素振りを見せたので、その場でとうとう告白した。その夜に二人は初めてキスをし、それまでの友人関係から一線を越えた。 いつだって天真爛漫で明るい六華だが、彼は乳児期の頃に母親に育児放棄されていた。当時、父親は別の女のところへ入り浸っており、代わりに兄に育てられたのだ。六華本人の口から生い立ちを聞かされたシンジは、さらに彼への想いを募らせた。 その夜に二人は初めて最後まで……。褐色の背中を彩る牡丹の蜜を吸うように、シンジは自分の唇痕を六華に刻みつけた。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間18分

    この作品を読む

  • 【BL】ホント、そういうトコ。

    リーマン×バンドマン BL作品*キス有

    0

    0


    2021年11月30日更新

    リーマン×バンドマン。(キスの描写がありますが過激ではないです) ※BOYSFANコンテスト テーマ:「リーマン」で参加中 未知のウイルスに日本だけではなく世界までもが右往左往している中、サラリーマンの間島勇也は五年間付き合った彼女にフラれた。最後に掛けられた言葉は、「勇也くんって、本当に私の事好きだった?」。悲しいのは、心が全く揺れなかった自分自身だった。 元彼女と別れた後、勇也は一人駅前広場でフラペチーノを飲みながら人生について考える。ヘタクソなストリートミュージシャンを聞いている時に現れたのは、高校時代から想いを寄せていた先輩。人気バンド「エテルナ」のギタリスト、「ミズハ」こと瑞橋慎二だった。 慎二を家に呼び寄せて二人で呑んでいる時、勇也は慎二から思いがけない事を二つ聞いた。 一つ目は、同じく「エテルナ」のヴォーカル・カイトと別れた事。もう一つはミズハがソロ活動を始めるという事だ。 久々の再会で、慎二への想いを再確認した勇也は、慎二にこんなことを言われる。 「俺と一緒に、夢かなえよーよ!」 勇也は大学時代、慎二のように音楽で食っていくことを目指していたが途中で諦め、サラリーマンになる道を選んだ。 慎二の事も、お似合いすぎる「カイト」という恋人を前に、告白する事もなく気持ちを抑えて来た。 「今なら公私ともにカイトから奪えるよ」慎二から発せられたまるで悪魔の囁きのような言葉に、それまで普通の人生を歩んできた勇也は大きく心を揺さぶられることになる。それでも簡単に今の生活を捨てるような決心もできず、自宅では中々家に帰ろうとしない慎二に誘惑され、勇也はずっと悩んでいた。 共に過ごし、さまざまな人間と関わる中で徐々に明らかになる真実。慎二が勇也の元にやってきた理由と、言葉の真意。 そして、勇也が出した答えとは。

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年、人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

  • 国立大学法人東京魔術大学 ─血継魔術科─

    魔術師と言えど、大学生は阿呆である。

    81,100

    10


    2021年11月30日更新

    「人類が魔術という異能を得て幾星霜。──未だに二日酔いは克服できていない」 伊庭八代はパトカーの中で全裸でそう呟いた。 魔術が一般に普及した現代。 科学が発展すると共に少しずつ魔術が衰退している世界で 日本の魔術学校の最高峰、国立大学法人東京魔術大学【血継魔術科】では今日も問題が発生していた。 生徒が逮捕されるわ。テロは起きて最前線に駆り出されるわの慌ただしい日々。 この物語は、そんなたった七人しかいない血継魔術科の怠惰な日常と栄光の日々を描いた物語である。 表紙画像は相内充希(@AiuchiMituki)様から頂いたものです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間10分

    この作品を読む