現代/その他ファンタジー 長編 連載中

召喚士が陰キャで何が悪い

作者からの一言コメント

底辺が異世界で成り上がり無双するまで

毎日一話~二話更新中! 現実とゲームのような異世界を行き来するファンタジーです! 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりにファンタジーRPGのような異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るユニークスキルを得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇し──。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません(と思いたい!)。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になってます! ───── 【過去最高ランキング】 ───── 総合: 日間1位/週間1位/月間2位 現代/その他ファンタジージャンル別: 日間1位/週間1位/月間1位 ───── (※) 頑張る藤間くんの素敵な表紙は、 ひろまごさん(TwitterID:@hiro_mago)が描いてくれましたっ! 本当にありがとうございます(*´ω`*) (※) 本作はアルファポリスさまでも公開しております。 無断転載はかたくお断り致します。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 召喚士が陰キャで何が悪い
作者名 かみや
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 男主人公 ハッピーエンド 学園 ダンジョン アクション/バトル コメディ シリアス 恋愛 ラブコメ 底辺スタート 成り上がり 陰キャ 異世界 召喚 ハーレム要素あり
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月30日 12時20分
最終投稿日 2020年9月28日 12時03分
文字数 516,412文字
ブックマーク登録 186件
コメント/スタンプ 1,518件
応援ポイント 1,241,399pt
ノベラポイント 9,061pt
応援レビュー 4件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヤンデレ狐っ娘と紡ぐ日常と、たまに騒動

    ♡11,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・36話・73,382字 竜田川高架線

    2020年9月28日更新

    ある日突然、銀髪のヤンデレきつねっ娘が、ひとり暮らしをしている高校生の家にやって来た。 一方的に開始されるひとつ屋根の下での同居生活。ご主人様に対する狐っ娘の愛情が止まらない……! ときに妖怪たちの騒動に巻き込まれたりもしながら、少しオカルティックでちょっと不思議な、ほんわか日常。 そして、日に日に愛は重くなっていく……。 イチャラブでエッチなケモミミ成分多めで展開される獣係妖怪と人間の主従ラブコメ 性描写ありです。苦手な方はお控えください。 この物語はフィクションです。 実在する人物、団体などとは一切関係ありません。 お知らせや情報開示は作者近状ノートとツイッターでやってます。 https://twitter.com/koukasenKAKU?s=09 お断りなく改稿、修正することがあります。ご了承ください。

  • 希望を求め、少女と若者は旅に出た。

    ♡8,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・25話・25,314字 バラ🌹が生えている蟹🦀

    2020年9月28日更新

    小さな小さな北の島国、『霰の国』 霰の国の中のさらに小さな村、『ギロッテ村』に住む人々は、身分の低さゆえに日々の食事に苦しむほど貧困に悩まされていた。『ヘゼルゼラ・ルゼル』彼女もまた、ギロッテ村に住む村人の一人であり、ひょんな事から、謎の若者『アルトダス・プラアース』と出会う。 アルトダスは、ギロッテ村で神のような存在として崇められた。そして、貧困問題を解決するために、ギロッテ村の人々の身分を上げるよう霰の国の王に申し出をするため、王の住む都へと旅に出ることにした。ヘゼルゼラもその旅に同行する事になり、二人は数奇な旅路を歩む事となる。 また、アルトダスはギロッテ村に来てからというものの、不思議な夢を見るようになった。「「俺達はどこにも行かない。だから、思い出せ!」」というとても懐かしい二つの声に、彼は翻弄されていく。 私が書いている別の作品、『悪夢の戦い』の姉妹作です。そちらを読めば、より一層物語を楽しめるようになりますが、読まなくても充分楽しめます。