現代/その他ファンタジー 長編 連載中

召喚士が陰キャで何が悪い【Web版】

作者からの一言コメント

【三巻発売】採取金策最底辺から成り上がる

読了目安時間:34時間39分

総エピソード数:293話

召喚士が陰キャで何が悪い【Web版】の表紙

こちらはWeb版になります(*´ω`*) 📕書籍版一巻・二巻・三巻大好評発売中! ▼あらすじ​─────── 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりにファンタジーRPGのような異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇する。これがすべてのはじまりであることを、透はまだ知らなかった。 ​───────​───── 現実とゲームのような異世界を行き来するファンタジーです。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になっております! 無断転載はかたくお断り致します。 カクヨムでも投稿はじめました。

総エピソード数:293話

総エピソード数:293話

作品情報

作品名 召喚士が陰キャで何が悪い【Web版】
作者名 かみや
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 男主人公 HJ大賞2020後期 学園 ゲームベース アクション/バトル コメディ シリアス 恋愛 ラブコメ 底辺スタート 成り上がり 異世界 召喚 ハーレム要素あり 群像劇
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月30日 12時20分
最終投稿日 2022年12月23日 23時33分
完結日 -
文字数 1,039,694文字
読了目安時間 34時間39分
総エピソード数 293話
ブックマーク登録 814件
コメント 1,807件
スタンプ 5,157件
ビビッと 1,390件
応援ポイント 11,314,808pt
ノベラポイント 49,154pt
応援レビュー 13件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 七月に、五月とわたしと

    わたしを変えた(かもしれない)夏の冒険

    100

    0


    2023年1月25日更新

    高校一年生の浦沢遠子は、気がつくと見知らぬ部屋で目覚めた。そして彼女を危機が襲う。彼女は無事に家に帰れるのか。

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む

  • 凍京怪夷事変

    ー小雨が降る日、男は運命の出逢いをする

    111,400

    50


    2023年1月28日更新

    これは、軍都・東京の闇に潜む旧時代の異形を巡る、ある軍人達の戦いの記録である。 私達が知る歴史とは異なる道を歩んだ大正36年。 軍都・東京とその周辺を未曾有の大震災が襲う。 後の世に「関東大震災」と呼ばれることとなるこの大災害の最中、東京の中心に封じられていたある厄災が解き放たれる。 それは、60年前の幕末。世界を混沌と混乱に追い込んみ、英雄達によって討伐された旧時代の異形の復活だった。 「怪夷《かいい》」と称される旧時代の異形の討伐を時の日ノ本共和国大統領より仰せつかったのは、陸軍少佐・九頭竜真澄。彼はかつて聖なる剣を手に怪夷から世界を救った英雄の息子だった。 大統領直属特殊怪夷討伐小隊、通称「特夷隊」の隊長となった真澄は同じ英雄の子息や縁者達を部下に指名し、軍都・東京に放たれた怪夷討伐の日々へその身を投じる。 特夷隊の発足から5年後の大正41年。 小雨が降る雨の季節に真澄は、銀髪の美少年と出逢う。 南天と名乗る少年との出逢いが、真澄と特夷隊達の運命を動かしていく。 英雄の息子と呼ばれた男は自らの背に伸し掛かる重圧を払う為に、剣を取る。 全ての因縁に決着をつける為に…。 旧時代の異形「怪夷」討伐を担う者達の大正浪漫活劇、ここに開幕ー! 本編更新日時:毎週土曜日。20時頃。 本編後の後書きにて、次回予告劇場『聖剣あにまる劇場』を掲載。 各章終幕後の火曜日に『凍京怪夷事変』をより楽しめるコーナー『凍京小話』を掲載。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間36分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る