現代/その他ファンタジー 長編 連載中

召喚士が陰キャで何が悪い

作者からの一言コメント

底辺が異世界で成り上がり無双するまで

召喚士が陰キャで何が悪いの表紙

現実とゲームのような異世界を行き来するファンタジーです。 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりにファンタジーRPGのような異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を持つユニークスキルを得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇する。これがすべてのはじまりであることを、透はまだ知らなかった。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になっております! (※) 頑張る藤間くんの素敵な表紙は、 ひろまごさん(TwitterID:@hiro_mago)が描いてくれましたっ! 本当にありがとうございます(*´ω`*) (※) 本作はアルファポリスさまでも公開しております。 無断転載はかたくお断り致します。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 召喚士が陰キャで何が悪い
作者名 かみや
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 男主人公 HJ大賞2020後期 学園 ゲームベースファンタ アクション/バトル コメディ シリアス 恋愛 ラブコメ 底辺スタート 成り上がり 陰キャ 異世界 召喚 ハーレム要素あり
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月30日 12時20分
最終投稿日 2021年2月26日 18時32分
完結日 -
文字数 724,063文字
ブックマーク登録 335件
コメント 916件
スタンプ 2,254件
ビビッと 280件
応援ポイント 3,352,398pt
ノベラポイント 17,998pt
応援レビュー 10件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡573,210

    〇3,628

    SF・連載中・90話・520,664字 新星

    2021年2月28日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 魔術師な学芸員さんと素敵な時空の旅。

    ♡158,700

    〇5,200

    現代/その他ファンタジー・連載中・22話・103,230字 瀬戸晴海

    2021年2月27日更新

    帚木直人、大学三回生。何に対しても無関心だった彼が大学で見つけたのは、魔女と噂される女性。 その女性は私営博物館、目黒博物館の館長であり、魔術師だった。名を目黒ともこという。 ともこの元には、紅猪口、呪われた人形、謎の望遠鏡レンズといった不思議な品が届けられる。 ともこは時の魔術を使い、時間を遡ってその品を鑑定する魔術師だったのだ。 バイトとして博物館で働くことになった帚木もともこに付き添い、時間を遡るが、しかし、二人はそこで魔術具である時計を狙う謎の男に襲われることとなり――。 「あのね。物というものは、それを必要としている人の元へと自分から向かうものなの。どうしてあなたの元へ来たのか、私はそれを鑑定するわ」 人とモノと時間が、今、ともこの魔術により、再現される。 人とモノをつなぐ、ちょっと変わった博物館と学芸員とバイトの物語。 (表紙イラスト:如月簓様)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 大目に見てください

    ♡4,600

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・65,491字 さなか
  • 信頼の刃で魔法社会の闇を断ち斬る

    ♡13,700

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・17話・48,689字 みかん

    2021年3月2日更新

    「魔法が使えないゴミを育てる気はない! 早く出て行け!!」 世界最大の権力を誇る“魔術協会”が実施する魔術適正属性検査で、フェンリルは魔法が使えない事が明らかとなった。 5歳にして両親から奴隷として売られてしまい、10歳になるまで奴隷生活を送っていたが、飽きたという理由で血肉を求める凶暴な魔物が蔓延る外部へと棄てられてしまう。 「どうしよう」 フェンリルは新たな生活の場を求めて町や村を訪れたが、受け入れてくれるところはなかった。 意識が朦朧としながらも外部を彷徨い続けていると、雪が降り積もる山岳地帯の麓で一匹の傷ついた魔物を見つける。フェンリルはシャツで魔物の傷口を縛り、願い事を言い終える前に失血と疲労で失神してしまうがーー 「おっ、気が付いたのか」 「まだ無理して動いちゃだめよ?」 フェンリルは身寄りのない子供や傷ついた魔物を保護している施設で目を覚ました……。 目を覚ました場所は魔法協会と対立関係にある“革命軍”であること、雪山で助けた魔物が自分を助けてくれたことから、魔物と友好関係を築く事は不可能ではないと知り、フェンリルは突如として革命軍から姿を消した。 数年後……フェンリルは目的を果たし、無事革命軍へと帰還する。 その力と器を認められ、フェンリルは革命軍の総長から特別任務を受けることになり、幼い頃から絶大な信頼と好意を寄せていた、白髪のスピカと特別任務を果たすための旅を始める。 その先に全生命の滅亡を賭けた、大戦が待っているとも知らずに……。