エッセイ/評論/コラム 短編 連載中

ティターンズとは何だったのか?

作者からの一言コメント

何が正しいのか、誰にもわからない。

ティターンズを語ります。歴史からモビルスーツまで幅広く

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ティターンズとは何だったのか?
作者名 ササキ ミナト
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ ガンダム ティターンズ Zガンダム ノベプラオンリー ロボット
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月25日 21時00分
最終投稿日 2020年8月14日 20時41分
文字数 8,307文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 8件
応援ポイント 2,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 双子の姉妹の秘密「ニョロリン」。

    ♡20,600

    〇320

    文芸/純文学・完結済・1話・3,260字 橘眞由

    2020年6月13日更新

    双子の姉妹、凛(リン)と澪(レイ)。二人が心を通わせるときにだけ姿を現す「ニョロリン」。他の誰にも見えない、凛と澪だけの秘密。特異な環境と関係で育んだ「ふたりだけの世界」観を、「ニョロリン」を通じて解き明かしていきます。少しファンタジー的な要素も含んだ短編(読み切り)です。 ※実話を元に脚色されています。

  • そして俺たちは、家族になる。

    ♡33,300

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・44話・192,934字 一式鍵

    2020年9月15日更新

    魔女狩りって、こんな辺境の地まで及んできたのか。 腰痛に効く温泉があると聞いて、わざわざこの田舎町にやってきた俺は――まぁ、過去のことはいいか――しがない腰痛のおっさんだ。剣は持ってるが、もうしばらく抜いてもいない。馬にも乗れないんだぜ……。なぜか? 腰痛だからさ。 ところが、だ。その温泉に入る前に、俺は「魔女狩り」に遭遇してしまう。まぁ、俺がよっこいしょっと頑張った結果、なんとかなるんだけど、いやぁ、危ない危ない(腰が) だがしかし、おかげさまで俺とその魔女とよばれた女は、真夜中に町から逃げ出す羽目に。ちなみにこの女ことタナさんは、「魔女を引退した」らしい。理由を訊けば「魔法は肩が凝る」からだそうで……。激しい腰痛持ちとしては、とても同情したいところだ。 そんなことが縁で何となく歩いていた俺は、タナさんに「カルヴィン伯爵に会いに行くよ!」とか言われてしまって驚愕とした。だって、カルヴィン伯爵領といえば、直近の「魔女狩り」発祥の地だぜ? 本当に俺たち、カルヴィン伯爵のところにいくのか? 行けるのか? 俺たちは旅も早々に、ハーフエルフ幼女や、ドラゴンの末裔の娘と旅路を共にすることになる。そしてだんだんと見えてくる真の悪の姿。暗躍する魔女たち、ちらつく教会の影、悪魔の哄笑。そんな険しい旅に、俺はついていけるのか。腰がすごく心配だ。とにかく腰だ。腰が不安だ。 ――剣を抜けない剣士(俺)と、魔法を使わない魔女(タナさん)の旅路は果たして……。 (※表紙イラストは「るいさん」) // ----version 2.0 ----

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る