エッセイ/評論/コラム 短編集 連載中

続・百人一評 ~ネット小説切捨御免~

作者からの一言コメント

一時休止しています。許せよ

前回謎の盛況を博した「百人一評」を定期的に書いていこうと思いたち、再び酔客が立ち上がる。 評の名の通り、読んだ作品を片っ端から切り捨てる文芸批評です。もっとも、峰打ちにはしてあります。 流石に前回のように一日3作も5作も挙げることはしません。ちょっとじっくりとやっていこうと思います。 妄言・戯言ご容赦。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 続・百人一評 ~ネット小説切捨御免~
作者名 夜霧醒客
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 批評 評論 文学 文芸 百人一評 小説
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月2日 19時00分
最終投稿日 2020年10月10日 19時41分
文字数 39,973文字
ブックマーク登録 26件
コメント 14件
スタンプ 25件
ビビッと 0件
応援ポイント 59,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なんちゃって伝統芸能の世界へようこそ!

    ♡3,100

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・7話・25,487字 kiri

    2020年10月22日更新

    風姿花伝(ふうしかでん) 道(みち)をたしなみ、芸を重んずるに私(わたくし)なくば、などかその徳を得ざらん ことさら、この芸、その風(ふう)を継ぐといへども、自力より出づる振舞あれば語(かたる)にも及びがたし その風を得て、心より心に伝(つたう)る花なれば風姿花伝と名付く がんばってお稽古して、感動させたるやで! ふわっとそんな雰囲気のことを、世阿弥さんが高尚な感じで書かれてますが、ガッツリ崩していく所存 舞台のハシゴをする感じでお楽しみいただけると嬉しいです。 ※ざっくりですが、↓こんな感じかなって思っていただけると良いかと思います。 浄瑠璃 太夫が三味線伴奏で語るもの 語りのちょー巧い人で竹本義太夫って人がいまして→義太夫節爆誕 ↓ +人形 文楽 人形浄瑠璃 人形劇 ↓ -人形+人間 歌舞伎 舞踊、音楽、科白劇の総合演劇 この中でも義太夫狂言と言われるのは文楽作品を歌舞伎に移植したもの 能 謡いと囃子に乗せて舞踊的な動きで物語が進む 象徴劇 狂言 対話を中心にした科白劇 言葉やしぐさで表現する 喜劇 能と狂言はセット販売 ひとつの舞台で交互に演じられる

  • その絶望に、引き鉄を。【縦組み推奨】

    ♡350,275

    〇4,010

    SF・連載中・207話・795,463字 中村尚裕

    2020年9月26日更新

    【予告編】 賞金稼ぎジャック・マーフィ。「目標は?」 電脳空間を渡る擬似人格“キャス”。『いま現れたわ』 植民惑星の片隅、いつもの狩りのはずだった――だが。 彼らが触れた透明なデータ・クリスタル――その時。 背を向けてきたジャックの過去、その絶望が牙を剥く。 猟兵と化したジャックの復讐――その銃口が向く先は。 電脳の深淵で垣間見るクリスタルの秘密――その真意は。 未来型ガン・アクション、撃発! 表紙は 美風慶伍 様よりいただきました。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る