異世界ファンタジー 長編 連載中

傭兵が死すべき場所は 異世界神の慈愛の手のひらか それとも神に見放されし己が郷土か

作者からの一言コメント

英雄伝ではない。凡俗で、力無き傭兵の物語

ジキムート。それは傭兵の名前である。 傭兵とは金で雇われ、モンスターや人を殺す者の事だ。 金に汚く、陣営を行ったり来たり。 報酬に合わないと思えば、依頼を破棄して逃げる事もある。 彼も同じくまた、そう言った仕事を生業とする蛮人。 だが一つ、違う所があった。 それはこの傭兵は、異世界からやって来たという事。 彼の故郷世界は今も、神と戦い神を恐れて暮らしている。 マナも枯渇しそして何より、心底神を憎んでいた。 だがこの異世界、飛ばされてみればそこは……神が人を愛しそして、人も神を敬う世界。 そんな真逆の様な世界の中で彼は、生き残るための戦いを繰り広げ続ける。 故郷世界では神を恨んだ彼。だがこの世界では、自分の世界に還る為に、神の足にすがりに行くのだ。 その事に悔しさはないのか、って?ある訳が無い。利用できる物は利用する。それが生きるという事。 『リアルに生きる、生き残る』 死ぬという選択肢はない、誰かを欺いてさあ……切り抜けろっ! 剣戟と魔法。そして人間味あふれる中世ダークファンタジー。 この話はホームページでも、公開されています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 傭兵が死すべき場所は 異世界神の慈愛の手のひらか それとも神に見放されし己が郷土か
作者名 猫板家
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ダークファンタジー 戦記 剣と魔法 傭兵 中世 西洋風 ハード 戦争 ダーク 神と人 中世に人権なぞ、ない 無双はない。できない ガチ中世。 暗黒時代。
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年11月16日 22時12分
最終投稿日 2020年1月24日 22時16分
文字数 304,025文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 3件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 長い間会ってない幼馴染は居ませんか?

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話・34,906字 あーみー

    2020年9月28日更新

    最近、私の幼馴染がとんでもない事になってきた―― 私の幼馴染“アイネ”は、“大罪人”の血を引くせいで皆から蔑まれ独りひっそり暮らしてきた。 そんな彼女が魔兵器学園で、風変りな新任教師と出会う。 この出会いをきっかけに、少しずつ自分の居場所を見つけていくアイネ。 優しくひたむきな彼女は、周りの人々やマモノまでをも惹きつけていき、やがて…… ――“魔王”と呼ばれその名を世界に轟かせるのだった! ……あの子いったいドコ目指してんのよ!? 『2つの異世界が共存する世界』で 『2人の少女』が織りなす 『友情と日時、それと冒険』の物語。

  • 貴方の望みは何ですか?

    ♡14,600

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・20話・54,612字 筆工房

    2020年9月28日更新

    三十年に一度訪れる大災厄、魔王の復活…… 強大な力に対抗するために、異世界から4人の勇者が召喚された。 勇者は力の代償に自己に関する一切の記憶を失う。 勇者達は自分が何者であったのか、思いを馳せながら魔王の討伐を目指す。 いつも通りのはずだった。 伝承より1人多い勇者の謎。 徐々に明らかになる勇者の過去と転生の秘密。 そして勇者は勇者を殺す方法を探し始める。 ※ スキルを磨くための試みとして、編集版を当サイト様で、時系列版を小説家になろう様で投稿しています。 ※タイトルロゴは草食動物様に作成いただきました。