異世界ファンタジー 長編 連載中

悪役令嬢と外道執事

作者からの一言コメント

新しき挑戦

悪役令嬢と外道執事の表紙

 乙女ゲームの悪役令嬢に憑依してしまったイラストレーター志望の女性が、ゲームの悪役令嬢のように死なないために、行動を開始する。  レイン・スカイフォードとなった、女性は内政、魔法、剣、などなどを頑張った。しかし、どれも成果が出ずに、他の貴族からは出来損ないと陰口を言われるようになってしまった。  乙女ゲームの悪役令嬢より絶望的な展開に、レインは涙した。  そんな時に、新しい執事がやってくる。   「探したぞカスが」  それは絶望の悪役令嬢にとっての光だった。 ※表紙画像を追加してみました。『昆布茶の思っていること』に少しだけ表紙画像のことでお知らせをしています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 悪役令嬢と外道執事
作者名 昆布茶
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ギャグ コメディ シリアス アクション/バトル 女主人公 男主人公 悪役令嬢 西洋風 学園 ノベプラオンリー 転生/転移
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年3月1日 18時12分
最終投稿日 2021年3月24日 19時50分
完結日 -
文字数 31,405文字
ブックマーク登録 8件
コメント 12件
スタンプ 17件
ビビッと 7件
応援ポイント 17,500pt
ノベラポイント 250pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 届け、あなたへの想い

    三題噺短編コンテスト応募作です♪

    18,200

    50


    2021年3月31日更新

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    634,370

    3,638


    2021年4月11日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間48分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔王様のダンジョン運営ライフ

    魔王と魔王大好き研究者の百合ファンタジー

    29,150

    35


    2021年4月15日更新

    絶世の美女だった魔王様、数百年の封印から解放されるも魔力不足で幼女の姿に。 助けてくれた天才研究者の少女をパートナーに、魔王様はダンジョンを築いて魔力を集め、元の姿を取り戻そうと目指す。 魔王様はダンジョン運営をがんばる。人気のダンジョンになるため魔物の強さやアイテム報酬の設定を調整するも、魔石をドロップし過ぎて魔力が赤字になったり、レアアイテムを絞って炎上したり。 冒険者ギルドのマスターになったり、魔王を倒すパーティに参加して勇者扱いされたり。 運営がうまくいくにつれて頼もしい仲間も増えてくる。人口も増えて地上は大都市に。 でも、街を守ろうと魔力を使い過ぎてせっかく伸びた背が縮んでしまったり。 大人気ダンジョンの運営に奮闘する幼女魔王様の物語。

    読了目安時間:10時間21分

    この作品を読む

  • 無の君と限り有る僕と

    無の世界に有が現れたなら

    300

    0


    2021年4月15日更新

    少年、有(ユウ)は気が付くと何も無い空間に居た。 そこは無の世界だった。 ただただ広く、果てしなく、何も無いという空間があるだけだった。 世界に戸惑っているとその世界の主、神の力を持つゼロがユウを異物と判断し無に帰そうとする。 だが、ユウはそんなゼロに歩み寄り友達になろうとする。 無を愛するゼロと有を望む少年の物語。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む