異世界ファンタジー 短編 連載中

プリンセス・フィスト 〜サフィア姫のわくわく覇王ランド建国記〜

作者からの一言コメント

頭空っぽで読める系脱衣アクションです

読了目安時間:2時間4分

総エピソード数:21話

平和な小国・メリーベル王国の姫であるサフィアは毎日を勢いと力によってエンジョイしていた。 しかし、ある日突然妹のルビリスが魔王を自称し始め、悪魔の軍勢を召喚したりと豹変し、サフィアも幽閉されてしまう。 そこでめげる女ではないので無理矢理脱獄するものの、軍勢に対し1人では分が悪い。 そこで最近情勢が怪しくなりつつある周辺国を巻き込む事にしたサフィアはルビリスへのリベンジを固く、絶対に、間違いなく決意しながらも逃げ延びる。 これはサフィアが立ちはだかる敵をシバき倒しては脱がせて回り、覇王と呼ばれるまでの惨状を綴った物語である。

総エピソード数:21話

作品情報

作品名 プリンセス・フィスト 〜サフィア姫のわくわく覇王ランド建国記〜
作者名 J・スキンディ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界ファンタジー アクション/バトル ビキニアーマー大賞 女主人公 コメディ 西洋風
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月5日 0時22分
最終投稿日 2020年10月31日 19時05分
完結日 -
文字数 62,085文字
読了目安時間 2時間4分
総エピソード数 21話
ブックマーク登録 7件
コメント 4件
スタンプ 27件
ビビッと 0件
応援ポイント 13,800pt
ノベラポイント 40pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 災禍の獣と骸の竜

    全滅エンドから始まる成り上がり

    10,000

    500


    2023年2月6日更新

    空には竜が、地には精霊がいた時代。何処からか災禍の獣が現れ、世界は一変する。竜が滅び、精霊が滅び、生み出された魔獣で溢れた。 月日は流れ、魔獣の脅威は依然として凄まじいものの、他の生命も徐々に数を増してゆく。 魔獣に両親を殺され、養護院で育った少年は、魔術の資質を見出され王立学院へと入学を果たす。 間も無く実施された院外学習にて、不運にも魔獣に遭遇してしまう。 全ては此処から始まった。 いつか呪いが解けるその日まで、繰り返し繰り返し、この日この場所へと戻ってくる。 ==================== 【更新情報】 毎日投稿 15:00更新 1話4千文字前後。 完結保証。全87話。 第一部:序章~6章 第二部:7章~ 一人称視点、キャラ名無しの作品です。 ▼設定はこちら https://novelup.plus/story/221594512 ※『小説家になろう』『カクヨム』でも投稿しております

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間18分

    この作品を読む

  • ケネトの偽眼

    ご覧頂きありがとうございます

    0

    0


    2023年2月6日更新

    紀暦4131年。とある田舎町の丘陵で未盗掘の巨大な墓が発見された。 大量の副葬品と厳重に封印された棺、それでいて壁画といった装飾は皆無。約3500年前の遺跡と判明したが、同時代の史料に記載が存在せず、被葬者は歴史から抹消された人物ではと推測された。 後にNI0と命名されるその墓は、史料の乏しさ故に「空漠の時代」と呼ばれていたアルギオン大陸の古代史――最古の王朝とされるカイバール帝国から後継国家であるケネト帝国に覇権が移るまで――その混迷期を紐解いてゆく。 浮かび上がったのは、古代の混沌を戦い抜いた数多の人間の生き様と。 そして「隻眼の戦女」と呼ばれたとある少女の人生だった。 ――遠い昔、辺境の村に住む農夫カルは街からの帰り道で行き倒れの少女を拾う。 己の名をヤナと名乗った少女は、近くでは見ない珍しい風貌をしていた。浮世離れしたその少女のことを、いつしか村の人間も受け入れてゆく。 やがてヤナはカルの運命を、そして大陸の未来を大きく変えてゆくことになる。 これは、理不尽な運命に苦悶しながらも、己の理想のために戦った人々の物語。 約3500年前、古代の大陸で。 彼女は最期に夢を見た。 ※技術レベルは紀元前を想定しています。 ※政治、外交、戦争、陰謀のるつぼ。 ※魔法なし、スキルなし、斬られりゃ死にます。 ※基本的に祝日に投稿します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る