ギルドマスターをやっていた整備士だが、ギルドを追放されてしまったので、また一から作ろうと思う。

読了目安時間:5分

第35話 ジャンボカニ祭り

 『ダイオウガニ』というのは、大きなカニの魔物だ。  大きな、といっても、ダイオウガニのそれは他の魔物の比ではない。  体積で言えば、竜種など一部の巨大種を除くと最大級の部類に入り、その大きさは行商人の馬車をも軽く上回る。  左右で大きさの違うハサミを持ち、特に大きな右側は、それこそ馬よりも大きい。  その一撃を食らえば、鋼鉄製でもない限り、家や船などひとたまりもないだろう。  また見た目にたがわず甲羅も堅牢であり、まともは刃物は通らず、例にもれず魔法にも強い。  大きさの割には動きも素早く、攻守兼ね備えた強力な魔物と言える。  通常、このような魔物が人里近くに出れば、それはもう大騒ぎになることだろう。  しかし、このダイオウガニには特殊な習性があり、危険性は低いとされている。 「……つまり、あいつらは砂浜からは出てこない……ってこと?」  浅瀬にひしめく十数匹のダイオウガニを横目に見ながら、リーシャはやや引きつった顔でそう聞いた。  ああ、と頷いて返す。 「ダイオウガニはもともと水生の魔物でな。成体になると定期的に浅瀬に上がってくるんだが、乾燥すると関節が脆くなる性質があって、水場を離れようとしないんだ。たとえ攻撃したとしても、こっちが陸地にいるかぎりはほとんど追ってこない。」  つまり、近づかない限りは全く問題はないし、何かあったとしても、水場を離れるだけで逃げ切ることができというわけである。  この特徴から、ギルド協会も『警戒不要』とみなしており、魔石の買い取りを行っていない。  そのため、ダイオウガニの存在を知らない冒険者も多いのだ。 「なるほどね……だからこんな大きな魔物がいても、みんな平然としてるのね。」  普通に生活している人々を見回して、リーシャは溜息をついた。  近隣の住民にとっては、この時期の見慣れた光景なのだろう。  それを聞いてから、今度はエトが、おずおずと片手を挙げた。 「ええと……襲われる心配がないのは、分かりましたけど……。それじゃ、クエストの依頼も出されないんじゃないですか?」  その疑問も正しい。  事実、ダイオウガニの討伐がクエストで発行されたという記録はないし、仮にされていたとしても、今からの受注は難しい。  当然冒険者としては、収益の望めない戦闘は避けるべきだ。  ただし、ことダイオウガニに限っては、特殊な収益方法がある。 「そうだ。今回はクエストではないし、そもそも討伐もしない。あの大きなハサミを切り落とすのが、今回の目的なんだ。」  三人は一度顔を見合わせて、一斉にダイオウガニの方を見た。 「あのカニの、ハサミを……?」 「切り落とす……のだ?」 「すると……つまり……どうなるのよ?」  そうして再びロルフの方へ向き直る。  三人の動きが揃っているので、なんとなく面白い。笑いそうになるのを咳払いでこらえながら、続きを伝える。 「ダイオウガニはハサミを失うと、必ず海に逃げ戻る習性があるんだ。残ったハサミはこの港町で買い取ってもらえるから、そこそこいい資金稼ぎにもなる。ちなみに失ったハサミは、脱皮するとまた生えてくるらしいぞ。」  こういった雑学は、知り合いの生物学者が、隙あらば語っていた内容だ。  当時は半ば無視していたが、いやはや、何が役に立つかは分からないな。  その説明を聞いて、スゥは目を輝かせた。 「おおー! すごいのだ、無限にお金稼ぎできるのだー!」 「え、うーん……そうなるのかな……?!」 「はは。もしうまく切り落とせるなら、夢じゃないな。」  あえて笑って返すが、もちろん、ことはそう簡単ではない。  エトとリーシャの連携は完璧に近いが、二人だけでは火力不足。スゥを迎えた三人パーティーとして、どれだけの連携ができるかが肝になってくる。  戦斧は大剣よりも刃渡りが短く、ピンポイントを狙う『刺す』動作もできない。予備動作の大きな振りかぶりの動きから、軌道修正の難しい振り下ろしの動きを経由して狙った位置に攻撃を当てるには、仲間との息の合った連携が必須だ。  その分、決まった際の破壊力は、他のあらゆる近接武器を凌駕する。  完璧にものにできれば、Aランクにも手がかかる『武器』になるだろう。 「大体分かったわ。慣れないパーティーでぶっつけ本番する前に、失敗しても問題なくて、逃げるのが簡単な相手で練習するぞ、ってことね。」  さすがはリーシャ、理解が早くて何よりだ。  その通りと答えると、エトもスゥもようやく納得したようだった。  三人を改めて見回し、軽く手を叩いて、集中を促す。 「いいか、今回重要なのは連携だ。さっきも言ったように、ダイオウガニは乾燥すると関節が脆くなる。まずエトが右手の攻撃を誘い、伸びきったところで関節にリーシャの炎魔法を当てて、そこをすかさずスゥが切り落とすんだ。」  エトとリーシャの顔に、緊張の色が見える。  言う分には簡単だが、役割、順番、タイミング――どれを間違っても成功しない、かなり難易度の高い連携だ。  それをあの巨大な魔物に対して行おうというのだから、緊張するのも無理はない。  ……だが、当の一番重要な役割を担うスゥは、様子が違うようだった。 「おおー! 面白そうなのだ! やってやるのだーっ!!」  そういって拳を突き上げるスゥは、見るからに楽しそうだった。  パーティーに加わる側であり、連携に一番不安を感じるはずの彼女がそう思えるのは、二人への信頼が既にあるからだろう。  それはパーティーにおいて、もしかすると、最も重要なものかもしれない。  少なくともこの三人は、それを既に持っているのだ。 「そうね、やってやろうじゃない!」 「うん、みんなで頑張ろっ!」  その様子をみて、二人もすぐに笑顔を取り戻したようだ。  三人はお互いに手を取り合って、強く頷き合った。  そしてスゥは、そのテンションのままに、空へと叫んだ。 「よーし、ジャンボカニ祭りの開催なのだーっ!!」  ジャンボカニ祭りが、始まる。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    109,200

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

  • 憂鬱チルアウト

    くたびれた社会性のクールダウン逃避行

    9,100

    0


    2021年6月18日更新

    詩というものに初挑戦してみました。誰かの心に何か残せたら嬉しいです。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 君と旅をするために

    いつか、すべての「大切」をこの手に掬う

    7,600

    175


    2021年6月14日更新

    「お前は、魔力を暴走させるだけの危険物だ」 赤い髪を持って生まれた子供は“忌み子”と呼ばれ、 魔力を上手く操れない危険な存在として 人々に忌避されていました。 その忌み子でありながら、 魔法が大好きで、魔法使いとして生きる少女 リル。 彼女は、剣士の少年 フレッドとともに旅をしています。 楽しいことにも、危険なことにも出会う中で、 次第に明らかになっていく旅の目的。 そして、リルの抱える秘密とは―――― これは、とある小さな魔法使いの、後悔をたどる物語。 ◇◇◇ ※小説家になろう様、カクヨム様、アルファポリス様、エブリスタ様にも掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間3分

    この作品を読む

  • 孤高にして最強の剣士、保護した記憶喪失の少女に懐かれる

    孤高の戦士は、一人の少女と出会い……

    43,950

    112


    2021年6月18日更新

    最強の勇者が魔王に敗れて十年。 人々は『戦士』と『魔導士』、二種類の役職に分かれてそれぞれ協力しながら魔物と戦い、街を守っていた。 そんな中、独りで圧倒的な戦果を挙げる特級戦士、ヴィルハルト。『凶戦士』と恐れられる彼は、本来立ち入り禁止の場所で記憶の無い少女、エレインを見つける。様々な事情から彼女を保護することにしたヴィルハルトは、思いの外エレインに懐かれ、騒がしい日々が始まる。 更に、彼を追いかけてきた同郷の幼馴染の男女、アリナとロイドに再会し、独りで魔物を狩り続けていた彼の生活は変化を余儀なくされる。 しかしそれは、自身を『半分魔物の人間』に改造した魔王への復讐に塗りつぶされていた彼に、生来の優しさを少しずつ取り戻させていく。 これは、半人半魔の最強戦士と記憶喪失の天才魔法少女が、災厄を討ち世界に光をもたらすまでの物語。 (この作品は、『小説家になろう』でも投稿しています)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間48分

    この作品を読む