ギルドマスターをやっていた整備士だが、ギルドを追放されてしまったので、また一から作ろうと思う。

読了目安時間:5分

第5話 【元ギルド】一方、その頃

「ハッハッハー!! 笑いが止まんねぇな!!」  『ルーンブレード』の現ギルドマスター、アドノスは、空になったジョッキをテーブルに叩きつけた。 「ホントにねぇ~。まさか倉庫の無駄な武器が、こーんなに高く売れるなんて!」 「状態が良かったから、ですって。あの整備士も、最後に役に立ちましたねぇ。」  メディナとローザも笑いながら、金貨の詰まった袋をつついた。  アドノスがその袋を掴み上げ、高く掲げる。 「いいや、あのバカはこれだけの金を、ずっと腐らせてたってことだ! 武器は一番いいのを残して、後は売却! そんな常識も知らねぇんだからな!!」  あまりの大声に酒場の客の視線が集まるが、そんなものに構いはしない。 「まぁそもそも、ギルドが武器を持ってるのが意味不明よねぇー。しかもあーんなにたくさん。」 「武器のコレクションが好きだったんでしょう? ギルドマスターだからって、趣味と仕事を混同しないでほしいわ。」  アドノスはにやりと笑い、袋から一つかみの金貨をテーブルの上に取り出した。  それを二つに分け、メディナとローザの前に置く。 「それは優秀な幹部達に、俺からのボーナスだ。取っときな。」 「えー! アドノス、最っ高!」 「素敵。こういう人にこそ、ギルドマスターになるべきよねぇ。」  メディナとローザの強い敬愛の視線を感じる。  あぁ、その通りだ。俺はギルドマスターになるべくして、ギルドマスターになったのだ。  思えば、ここまで長かった。  ひとつ前のギルドでは、ずっとBランクパーティー止まりだった。  俺の力だけが特出していて、他が全く追いつけていなかったからだ。  当然何度もギルドマスターにパーティーの交換を打診したが、そいつも頭が悪く、全く聞き入れようとしなかった。  そこで俺はそのギルドを捨て、このルーンブレードに移籍することにしたのだ。  するとどうだ?  今まで挑戦すらさせてもらえなかったAランクのクエストが、あっさりとクリアできるじゃないか!  やはり俺の力は、とっくの昔にAランクを超えていたのだ。俺は間違っていなかったのだ!  しかし、このギルドにも問題がないわけでは無かった。  それがギルドマスターのロルフだ。  奴は冒険者でもないくせに、俺たちの装備についてとやかく文句を付けてきた。  とはいえ、腹立たしいことではあるが、奴の用意する武器は意外と質が良かった。  利用できるものは利用すべきなので、俺は今までの装備を捨て、それらを使ってやっていた。  だが、ある日、とんでもないことが判明した。  奴はあろうことか、俺が愛用していた武器を、他の弱小冒険者にも貸し与えていたのだ。  もちろん俺は猛抗議をした。実力から考えれば、どう考えても俺の専用装備にすべきだからだ。  しかし、奴ときたら武器の相性だとか、クエストの特殊性だとか意味の分からない御託を並べて、話を聞こうとしなかった。  不審に思った俺は、信頼のおけるパーティーと共に、ヤツを監視した。  するとどうだ、ギルドの金を無駄な武器につぎ込むわ、クエストの開始と終了のたびに武器を回収して出動を遅らせるわ、意味の分からない理由でクエストの受注を却下するわ……ギルドを私物化して、好き勝手やっていることが分かった。  このままではこのギルドに未来はない。そう確信した俺は、このギルドを奴の手から取り返すことを決意したのだ。 「それにしても、署名を見た時のロルフの顔、傑作だったよねー!」 「えぇ、まさに絶望の表情。笑っちゃいますね、あんな――ニセモノの署名に。」  そう、ギルドの半数がロルフを追放したがっている、というのは、嘘だ。  特に弱小の奴らは、その腐った状況をありがたがっていたやつもいただろう。  ただ内心では、みんな整備士のギルドマスターなんぞ認めていたはずがない。  そういった意味で、俺は皆が言えなかったことを代弁したに過ぎない。 「まぁ、そのことをロルフが知ることはもう無い。ギルドメンバーには、もしロルフと会話でもしたら、ギルドとして制裁すると言ってあるからな。」 「ちゃんとアイツの悪事もバラしたしねー。ギルドマスターの権限を使って、私腹を肥しまくってました、って!」 「あのとき、メディナが泣き出したのは面白かったわ。」 「えへ、私ほら、演技派だから。」  このメディナとローザの二人は、こっちのギルドに来てからパーティーを組んだ。  二人とも俺が才能を見抜き、他の弱小パーティーから引き抜いたのだ。  最初は不審な目で見ていたこともあったが、Aランクのクエストを軽々とこなす様子に、すぐに尊敬の眼差しを向けてきた。  まぁ、二人とも俺の腕には及ばないが、その献身的な姿勢は評価に値する。  ついでに言うと、あくまでついでにだが、どちらもいい女だ。  まさに理想のパーティーというわけだ。 「でもさでもさ、実はアイツ、本当にギルドのためにやってたんだとしたら……どうする?」 「ぐぶっ……ちょっと、お酒飲んでるときに笑わせないでよ、吹き出すかと思ったじゃない。」  本当に、ギルドのためを思って?  ……もし、そうだとしたら――。 「無自覚でギルドを悪くするギルドマスターなんざ……カス以下だな。」  アドノスは、二人には聞こえないくらいの声で、ぼそりと呟いた。  この世界は、滅茶苦茶だ。  何の能力も持たないクズ共ばかりが上に居座り、本当に重要な能力者を押しつぶし、覆い隠している。  ズル賢い奴ばかりが成功し、真実の力は評価されない。  そうして得た安定の上でなお、ただただ全てを浪費する。  だが、お前らは思い知らなければならない。  本当の栄光には、本物でなければ届かないということに。  最後のロルフの顔を思い出す。  その顔は後悔と苦悩にまみれていた。  思わず笑みが漏れる。  正しい評価が下される瞬間というのは、いつだって痛快だ。 「俺の力を侮ったことを……ただひたすらに後悔しろ。ロルフ。」  アドノスは、酒のボトルを一気に飲み干した。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 真紅の果実と玉虫

    紅き果実が実る世界の異世界ファンタジー

    1,300

    0


    2021年6月25日更新

    ここはエデンの園。その夜、草むらに倒れていた子供がいた。 赤い瞳が綺麗な男の子。 私は彼に話をした、私の、この世界の"秘密"を。 それから約10年後、彼が帰ってきた。そこから音を立てて動き始めた歯車に振り回される日々。 これはそんな私達の日常と非日常が混じりあった物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • 光を失った魔女の追憶

    魔女と悪魔の奇妙な関係

    6,700

    0


    2021年6月25日更新

    今作は魔女と悪魔による魔法アクションバトルとなっております! 中世ヨーロッパで発生した魔女狩り。その発端とされた魔女アレシアは、同胞からの呪いにより光を奪われ、三百年以上結界の中で眠りについていた。ふと目が覚めて外を眺めると、遠くから三百年前に殺された恋人に瓜二つな少年がやってくる。 それから毎週末になるとやってくる少年の相手をする生活が二年続いたある日、結界が急に反応して少年は閉じ込められてしまう。 そこに魔女狩りで同胞を大勢失った魔女の族長キテラが現れ、三〇〇年ぶりの復讐を始めると宣言する。アレシアは、四皇の魔女と呼ばれる魔女狩りを生き延びた強力な魔女達を退けながら、結界から少年を逃がすための戦いに身を投じていく。 そもそもの魔女狩りの原因は本当にアレシアなのか? 真の敵の正体とその目的とは?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間32分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ドラばあと、みらくるスリー

    ほのぼの可愛い魔法バトルコメディ

    11,600

    90


    2021年6月25日更新

    これは、小型戦闘人形(ロボ)に転生してしまったゴッドドラゴンと、魔女っ子三つ子姉妹が、異世界の驚異から地球を守る、バトルでコメディな物語。 異世界の守護神、ゴッドドラゴンがその生涯を終え、人間への転生を試みた。 だが、それを利用しようとした悪意により転生に失敗。 なぜか地球に、小型戦闘人形(ロボ)として転生してしまった。 その地球では異世界からの侵略が始まっていた。 迎え撃つのは魔法少女みらくるスリー。 小型戦闘人形(ロボ)となったゴッドドラゴンは魔法少女と共に故郷である異世界からの驚異に立ち向かう! 魔法でロボでドラゴンなファンタジーバトルコメディ、是非、お楽しみ下さい。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • エレス冒険譚 ~竜騎士物語~

    転生ではない、王道系ファンタジーです

    184,800

    50


    2021年6月25日更新

    考古学者として旅していたカシムだが、誘拐された王女を偶然助けたことで、国王から「竜騎士」を目指すように命令される。 それは、この世界で最も恐ろしい十一柱の創世竜の元を巡らなければならない、「死刑宣告」と同義の命令だった。 この物語は、エレスという世界を舞台に繰り広げられる、カシムやその仲間たち、そして、さらに沢山の冒険者たちの物語である。 ※一応セルフレイティング入ってますが、それが主眼の話しではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:26時間10分

    この作品を読む