詩/短歌 短編集 連載中

とりとめのない詩集

作者からの一言コメント

情景と空気感の詩集です。

詩作集です。音楽などから着想を得つつ、とりとめなく作っています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 とりとめのない詩集
作者名 円@小説
ジャンル 詩/短歌
タグ 詩集
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月8日 15時00分
最終投稿日 2020年11月9日 17時00分
完結日 -
文字数 1,050文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 皇女とその仲間達の物語

    ♡10,700

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・6話・18,122字 小説擬き家

    2021年3月6日更新

    人間とエルフの混血であるハーフエルフと様々な種族が暮らす世界。 皇女レンディアヌと彼女の仲間達は様々な困難を経験しながら成長し、帝国を導いていく。

  • おね魔人とショタ神官のハッピーなお話です

    ♡8,500

    〇100

    異世界ファンタジー・完結済・42話・120,790字 深海さばらん

    2021年2月27日更新

    ◯どんな話? 疑似デスループで強くなった最下級神官プリシラ(♂)が、色んなお姉さんとあれやこれやしつつ成長するお話です。 ○あらすじ パメラは魔王四天王が一柱を務める最高位の魔人であり、非常に享楽的な性格だった。 絶大な魔力を持つ彼女が自らの欲求を満たさんと全力で突っ走るとき、巻き起こすトラブルの風は竜巻となり、周囲の魔人をこれでもかと翻弄した。 その後、”光”と”闇”との戦が始まると、彼女は大軍を率いる立場になったが――彼女の性格は変わらなかった。軍団の将でありながら自ら突撃しては敵を蹴散らし、引き裂き、返り血まみれのまま狂ったように笑う。 戦が始まってから数年もすると、彼女は両陣営から恐れられる存在となっていた。 ――というわけで、 『うっそでしょ!?』 ”光”と”闇”とが激突する最終決戦の時、魔王四天王が一柱、”邪悪なる闇”パメラは背後から討たれた。 ・ ・ それから百年後。彼女は復活を果たし、ヒトのものとなった大地を空から見下ろしていた。 復活したばかりで魔力は充分ではない。そして、追われる身でもあるのだから早急に魔力を補充しなくてはならない。 (……?) と――パメラは見下ろした先に小柄なヒトを発見した。黒髪黒目。法衣の上から胸当てをつけた男性である。 (魔力補充のチャンス!) ほくそ笑んだ魔人は獲物に向かって急降下を始めた。右足を突き出し――叫ぶ。 「もらった!」 『え!? ちょっと!?』 妙に甲高い悲鳴の後、魔人の一撃がヒトの大地にめり込んだ。 - - 〇ご注意 ※主人公はややマザコンです。 ※ハーレム系です。 〇その他 ※作中のイラストは全て Azu様( Pixiv ID 4620328 ) に描いて頂いたものです。 ※イラストは☆がついている部にだけあります。 ※アルファポリス、小説家になろう(あいうえお順、敬称略)でも掲載させていただいておりますが、ラストが異なります。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る