モノクソどうでもよい駄文

読了目安時間:5分

エピソード:12 / 60

モノクソどうでもよい、応援のあれこれ

 (´・ω・)「やあ、お客さん。また来てしまったんだね。  今回は応援レビューをいただくと言うとても嬉しい事があってね。  少し遅れたけれど更新しようと思ったんだ。  まあ、このお茶とお茶請けはサービスだから気楽に楽しんで行ってくれれると嬉しい」  ( ´ー`)っ旦  今回のお茶とお茶請け ココアとプレーンクッキー  (´・ω⚃)「何か暖まるものをくれ」  ( ´ー`)っ旦  (´д`|||)(が、眼帯キャラっス)  ( ´-ω-)(あやつ、やるのぅ)  (´・ω⚄)(妙に見られているな)  (´д`|||)(眼帯があるだけでキャラが立ってるっス)  ( ´-ω-)(眼帯の出目が変わっとるのぅ)  (´・ω・)「君達、いつまで続ける気なんだい?」  (´・ω⚅)「さてな、やっこさん達に聞いてくれ」  (´д`|||)(か、感付かれたっス!)  ( ´-ω-)「ど、どれ、一服でもするかのぅ」  (´д`|||)「マ、師匠(マスター)!」  (´・ω・)「逃げたね」  (´・ω囚)「逃げたな」  双六 人生さん、楽しい応援レビューをありがとうございました。  さて、寸劇はこれくらいにして。  今回は『応援』についてなんかどうかな?  お客さん達も知っての通り、ノベプラでは基本的には『コメント』『スタンプ』『ビビット』『応援レビュー』の4つに『応援ポイント』『ノベラポイント』の2つをつけて作品を応援する事が出来るよ。  他には公式ランキングの日間ランキング10位以下の作品がトップページにある『読者のおすすめ』に表示される『おすすめチケット』の使用と運営が推奨するTwitterを使った宣伝や読了ツイートがあるね。  最後に作品ジャンル『作品紹介』とリンク機能  ノベプラ独自ジャンルとも言える『作品紹介』はTwitterで紹介作品を募集したり、作品のコメント欄で募集したりする『募集型』や読んだ作品を掲載する『読書ログ型』の2種類があるね。  その2種類に『評価型』『レビュー型』『その他』があるよ。  募集系の作品紹介は作品の他薦を受付ている方もいるので『応援』するつもりで作者さんの許可を得て他薦応募しても良いかもね。  リンク機能はそのまま作品本文にリンクを貼れる機能で、基本的にはジャンル『作品紹介』に投稿されている作品や『ブログ』『エッセイ』とかで使われているね。  それと、応援に関して書かれたノベプラにおけるポイント・コメント・感想など――総じて『応援』についてまとめてみた!と言う作品もあるから気になるなら目を通すのも悪くないね。  基本的な応援はこんなところだけど、ジャンル『作品紹介』には1つ注意が必要でね。  まず、ノベプラのページ上部に『ランキング』『ショップ』『マイページ』『その他』とある内の『その他』を押してサブメニューを開き、そこにあるヘルプには作品ジャンルの説明や応援のガイドライン、以前掲載した自主企画のガイドラインなど様々な事が書かれているので1度は目を通して損はないよ。  そのヘルプにある『作者の方へ:作品・応援の管理』の項目にある『作品のジャンルについて』を開くと  作品紹介 『ノベルアップ+内の投稿作品を扱った作品紹介・評論です。  総合、短編小説、短編小説集、完結作品ランキングには掲載されません』  と、あるんだ。  たまに勘違いしている方もいるけど、ノベプラのジャンル『作品紹介』は()()()()()()稿()()()()()()を紹介するジャンルで、ノベプラに投稿された作品以外を紹介する場合はジャンル『エッセイ/評論/コラム』かジャンル『ブログ/活動報告』になるよ。  ジャンル『作品紹介』はジャンル違いの作品も多くあるので探す時は注意が必要だよ。  例えば『ノベプラに投稿している自作の設定紹介』  一見するとノベプラに投稿しているからジャンル違いではない様に見えるけど、ジャンル的には『ブログ/活動報告』になるんだ。  まあ、余計なお世話だろうけどね。  基本的な応援はこんなところだけど、基本的ではない『応援』もあるよね。  そう、FA(ファンアート)。  イラストを公開している作品も多数あるノベプラでは、FA(ファンアート)を公開している方もいるよ。  FA(ファンアート)は色々な送り方があるけど、ノベプラの場合は作品本文や応援レビューに画像が載せる事が出来るから別のサイトにアップロードする必要がないし、応援レビューに画像を載せれば一石二鳥だね。  (´д`|||)「FA、フリーエージェントっスね」  ( ´-ω-)「それは野球じゃろ」  ( ´ー`)っ金属バット  (´・ω・)「またボールになるのかい?」  (´д`|||)「ケツバットは勘弁っス!」    …… おいといて  さっきヘルプの事を言ったけど『各種ガイドライン・利用規約』の項目に『二次創作の投稿に関するガイドライン』ってあるよね。  ここに『投稿を受け付けている原作』の一覧があるんだけど。  (´д`|||)「今流行りの作品の二次創作で鬼殺の……」  ( ´ー`)っ冷凍肉  (´・ω・)っビール瓶  ( ´-ω-)っ光セイバー  (´・ω□)「それ以上は命に関わるぞ」  (´д`|||)「ウッス」  (´・ω・)「だいたい『投稿を受け付けている原作』の一覧にないよね」  ( ´-ω-)「ジャンプ系はないのぅ」  (´д`|||)「プロットコンがあったからてっきりっス」  ( ´-ω-)「だいたい名前からしてアウトじゃろ」  (´・ω・)「『投稿を受け付けている原作』一覧にない作品は基本的にはダメだしね」  ( ´-ω-)「それっぽい別物をこっそり投稿ならグレーじゃのぅ」  (´д`|||)「規約違反はまずいっスね」  気を取り直して  この『投稿を受け付けている原作』一覧を良く見ると  ノベルアップ+公式キャラクター  ノベルアップ+投稿作品の二次創作  と、あるんだ。  つまり、作者さんの許可さえあれば『二次創作』作品、FN(ファンノベル)も投稿可能なんだ。  (´д`|||)「FN、ベルギーにある会社っスね」  ( ´ー`)っライフル (´д`|||)「ま、待つっス!」  ( ´-ω-)「ファンが書いた小説でFNじゃ」  (´・ω・)「本当に懲りないね、キミ」  (´д`|||)「エアガンだと分かっていても怖えぇっスね」  (´・ω・)「保護メガネをしてない方に銃口を向けるのは絶対にダメだけどね」  ( ´-ω-)「マナーじゃな」  ( ´ー`)っ保護メガネ (´д`|||)「遠慮するっス」  まあ、ファンノベルとは余り呼ばないみたいだけどね。  今回も長々と駄文に付き合ってくれてありがとう。    では  無理せず気楽に楽しい創作を   

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • TKG

    マサル

    ♡500pt 2021年1月21日 17時44分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    楽しい時間をありがとう!

    マサル

    2021年1月21日 17時44分

    TKG
  • タイムトラベラー

    野上

    2021年1月21日 18時06分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがたき幸せ

    野上

    2021年1月21日 18時06分

    タイムトラベラー
  • ひよこキング

    今晩葉ミチル

    ♡300pt 2021年3月14日 20時31分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    わんだふるッ!

    今晩葉ミチル

    2021年3月14日 20時31分

    ひよこキング
  • タイムトラベラー

    野上

    2021年3月14日 20時49分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援ありがとうございます

    野上

    2021年3月14日 20時49分

    タイムトラベラー
  • メタルひよこ

    高石すず音

    ♡300pt 2021年1月19日 23時50分

    この季節はココアが沁みますね。作品紹介ジャンルの詳細、知りませんでした💦 わかりやすくて楽しい説明をありがとうございます🙌 バーテンさんのお仕置きは、相当おそロシアなのでしょうね:( ;´꒳`;): 改めまして、レビューおめでとうございます🎉

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    高石すず音

    2021年1月19日 23時50分

    メタルひよこ
  • タイムトラベラー

    野上

    2021年1月20日 7時56分

    コメントとポイントをありがとうございます。寒い日が続き、温かい物が恋しくなりますね。お役に立てた様で何よりです(^_^) かなかな厳しい方ですね謎のバーテンさんは(^_^;) 面白いですよ双六人生さんのレビュー( ´ー`)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    野上

    2021年1月20日 7時56分

    タイムトラベラー
  • 邪気眼ぱいせん(締め切り前ver)

    ところてん祐一

    ♡200pt 2021年2月13日 14時46分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    ところてん祐一

    2021年2月13日 14時46分

    邪気眼ぱいせん(締め切り前ver)
  • タイムトラベラー

    野上

    2021年2月13日 14時50分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがたき幸せ

    野上

    2021年2月13日 14時50分

    タイムトラベラー
  • 邪気眼ぱいせん(締め切り前ver)

    ソメヂメス

    ♡200pt 2021年1月21日 6時20分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いいね

    ソメヂメス

    2021年1月21日 6時20分

    邪気眼ぱいせん(締め切り前ver)
  • タイムトラベラー

    野上

    2021年1月21日 6時22分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    御礼申し上げます

    野上

    2021年1月21日 6時22分

    タイムトラベラー

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    2,002,171

    4,821


    2022年9月25日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2022.8.17 ドズミール様(https://www.pixiv.net/users/12972349)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:35時間1分

    この作品を読む

  • プロレスリング・ショー ワン・ナイト・スタンド

    プロレスを題材にしたオムニバス作品です

    74,400

    805


    2020年2月19日更新

    Please DO NOT Try this at home! プロレスを知らない、興味の無いという貴方にこそ読んでほしい! 男達の血と汗と涙が沁み込んだ白いリングの光と闇。 栄光と挫折。賞賛と罵倒。オムニバス形式で贈るプロレスリングの世界! RIP Animal Warrior 1960/9/12-2020/9/22 RIP Razer ramon 1958/10/20-2022/3/14 RIP アントニオ猪木 1943/2/20 - 2022/10/1

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む