異世界ファンタジー 長編 連載中

文系ドラゴン、旅に出る~老竜と行く諸国漫遊詩歌の旅~

作者からの一言コメント

数百年引きこもってましたが、旅に出ます。

スヴェドボリ山の洞窟に三百年余り引きこもっていた老竜・オーケビョルン。 文筆家としての自作を世に送り出すためと、食料を調達するための外出以外はずっと洞窟の中で過ごして、石板に爪で文字を彫っているインドア派ドラゴンだ。 ある日、完全なスランプに陥ってしまったオーケビョルンは、数少ない友人であり自作を持ち込む相手であるマルクスに知恵を借りに行く。 そこでマルクスから提案されたのは「諸国を渡り歩き、インスピレーションを得てはどうだろう」ということだ。 しかし彼は根っからの引きこもり。スヴェドボリ山の周辺から出たことすらない。 怖気づく彼の尻を、彼に同行することを決めたマルクスに叩かれながら、オーケビョルンは慣れ親しんだ洞窟から飛び出した。 とりあえずは山の聳えるバーリ公国の中を、引いては大陸中の様々な国を渡って、自作を書き留めて残すのだ。 今、八百歳を超える文系ドラゴンの、気ままな旅が始まる。 ※さくも様(@sakumo_mizuiro)主催の「プロローグ祭」参加作品です。 https://twitter.com/sakumo_mizuiro/status/1166901080577363969 ※表紙イラストはごんのすけ様(@LeoLeo0630)に描いていただきました。ありがとうございます! ※カクヨム、アルファポリス、エブリスタでも並行して連載しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054891419424 https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/308307794 https://estar.jp/novels/25635916

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 文系ドラゴン、旅に出る~老竜と行く諸国漫遊詩歌の旅~
作者名 八百十三
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ プロローグ祭 ほのぼの 人外 西洋風 ファンタジー ドラゴン 文系 文筆家
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月27日 17時41分
最終投稿日 2020年10月10日 18時41分
文字数 43,673文字
ブックマーク登録 16件
コメント 4件
スタンプ 38件
ビビッと 0件
応援ポイント 55,200pt
ノベラポイント 130pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 家族になると誓ったから

    ♡4,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・39話・81,030字 一ツ木

    2020年10月31日更新

    創作者が集う街、アポロ・ポートで暮らす凸凹作家コンビ、アルバートとアルフレッドの初々しい愛と冒険、時々シリアスな日常を描いています。 というか わりとずっとイチャイチャしてます! すいません! 第1章は完結! 第2章を現在連載中です! 表紙絵はリウ様(@riu_0502)が描いてくださいました!ぜひTwitterでフォローを! ※カクヨム、アルファポリス等でも掲載しております

  • メイドさんがビキニアーマーで闘います。

    ♡107,010

    〇38

    異世界ファンタジー・完結済・40話・98,877字 咲蘭

    2020年10月31日更新

    毎年ユッカ連合公国内で開催される闘技大会が今年も予選からはじまった! 今年はスポンサーの意向でビキニアーマー着用が義務化され、カルゾ公国の名物武闘派メイドたちは大パニック! 嫌々、変態メイドの手作りビキニアーマーを着せられ、大会に参戦したメイド軍団の運命はいかに……? ※表紙はますこさんにいただきました。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 初投稿です。不定期更新になるとは思います

    ♡150,100

    〇172

    異世界ファンタジー・連載中・157話・205,040字 burazu

    2020年10月30日更新

    今回、初投稿になります。魔法戦士ギンは持ち前の魔法剣の腕を生かして、ギルドにて魔物討伐や犯罪者・ならず者捕縛の仕事を請け負う稼業をしていましたが、大きな事件に遭遇し、世界を飲み込む戦いに巻き込まれていきます。ちなみに主人公は転生も転移もしていないその世界生まれの主人公なのでよろしくお願いします。 ※この作品はアルファポリスさん、エブリスタさんでも公開しています

  • 硬派で王道なファンタジーを目指して

    ♡71,023

    〇254

    異世界ファンタジー・連載中・72話・149,552字 火野遼平

    2020年10月31日更新

    他者を不幸にするという特異的な性質を持つ少年はある日、異世界へと召喚される。彼を召喚したのは魔王の少女であるエスカドール。彼女は少年に取引を持ち掛ける。 それは少年の特異的な力を消す代わりに、少年に混沌を極める人間と魔族とをつなぐ架け橋となってほしいというものだった。 少年はその取引に渋々応じ、アディンという名を与えられる。さらに魔王の従者として迎えられたアディンは魔王の眷属達に各々の技術を教わることになる。 そして、剣術・魔術・体術・精霊術・魔道具作成術などの修行を終え一年後、アディンは人間の住む街へと繰り出す。度重なる不幸な運命を身につけた力で打ち破るアディン。そんな彼には世界の運命を変える力があった。 これは災厄を招く存在として蔑まれてきた少年が、世界最強の英雄へと到る物語。 小説家になろうにて同タイトルで連載しています。 【追記】 2020年10月5日 ジャンル別6位 総合11位達成!