第7話 ジプシー

 俺は、職員室の前を通過して生徒会室の前までくると、立ち止まった。  気分的に、眼鏡をかけなおす。  自分自身、いまは精神が不安定になっていることくらい、わかっている。  ほーりゅうとの先ほどの会話のせいだということも。  俺は、しばらくドアの前でたたずみ、まぶたを閉じて、じっと平常心が戻ってくるのを待った。  あのとき。  ほーりゅうが転入してきた次の日の屋上で、賭けのように、みずから話を振って口にだし、そして誰もが気づかず聞き流すことを祈っていた言葉だった。  実際、あの場では誰も気にとめなかったから、すっかり過去のことだと思っていたのに。  ほーりゅうは、俺の言葉をしっかりと覚えていた。  油断していたからだろうか、精神的にここまで動揺するのは久しぶりだ。  ほーりゅうにしてみれば、単なる無邪気な質問だったのだろうが。  やはり、あの女には警戒する必要がある。 ◇◇◇  俺は、ゆっくりと深呼吸をした。  思いきり息を吐く。  どうにかいつもの調子が戻った感じがしたため、生徒会室の扉をノックした。  かすかに「どうぞ」との声が聞こえて、俺は、その扉を開ける。  だが。  まだ俺の感覚は、本調子ではなかったらしい。  扉を開けると、なんと生徒会長がひとりで机に向かって、視線を手もとに向けていたのだ。  校内では、いま、もっともふたりきりで顔を合わせたくない相手だというのに。  普段なら読みとることができる他人の気配を、俺は感じることができなかったらしい。  仕方がない。 「――あの、文化祭のクラスの出し物の詳細の書類を、持ってきたのですが……」  ささやくように口にした俺へ、生徒会長は顔をあげずに、持っていた鉛筆で壁際近くの机のほうを指し示した。 「ご苦労。文化祭関係の書類は、そちらの机の上の箱に入れておいてくれ」  その言葉に、小さな声で返事をした俺は、できるだけ会長の注意をひかないように、控え目に動いて箱へと近寄った。  文化祭関係の書類は全部ここか。  だったら、ついでに後夜祭ライブ出場のための書類もだしておくか。  会長に背を向け、俺は、持ってきた書類を入れた。  そして、このまま気づかれずに部屋を退出したいところだったが。  ――残念なことに、突き刺すくらいに強い視線を、背中へ感じた。  会長が、俺だと気がついたのだろう。  校内である上に、ここ生徒会室は向こうのテリトリーだ。前回の事件のことを言及されるだろうが、俺は、徹底的にしらばっくれる覚悟を決める。あのとき、会長が屋上で俺たちの会話を立ち聞きした以外に証拠はない。  当事者となる会長の妹は、俺との約束を守ってくれたようで、事件に俺の存在はないはずだ。  もっとも、他人を疑うことなど知らなさそうな彼女は、俺のことを高校生だとは思っておらず、いまだに警察のなかの人間だと信じているだろう。   椅子から立ちあがる音がした。  だが、しらばっくれる予定の俺は、慌てて逃げるなんて動きができない。  そして、近づいてくる気配がしたかと思うと、後ろから右肩に手が乗り、引っぱられた。  振り返ると同時に両手で胸倉をつかまれ、俺はそのまま、背中から近くの壁へと叩きつけられる。 「痛っ!」  思っていた以上の力があり、思わず声が漏れた。  会長の鋭い視線が、顔をそむけている俺の頬に突き刺さる。 「貴様、――いったい何者だ?」 「何者って? ただの一年です」 「嘘をつくな!」  会長の、俺の胸もとをつかんでいる両手に力がこもる。 「本当に、先輩がなんのことを言っているのか、さっぱりわからないんですが……」  俺のとぼけた態度のせいで会長の怒りが頂点に達したのか、いきなり右の膝蹴りが俺の鳩尾に食いこんだ。とっさに腹筋をしめてガードするものの、この近距離で的確な急所をとらえられて、かなり効いた。  膝が崩れかけるところだが、壁に押しつけられている力が強くて許されない。  空手有段者相手に(しら)を切り通すのはきつそうだ。  この会長相手に一方的に痛めつけられても、声はあげたくないと思っているのは俺のプライドか、などと関係のないことを考えて意識をそらす。  そして、上段への攻撃にも備えて、俺は会長から目をそらさずに歯を食いしばった。  そのとき、ふいに生徒会室の扉が開いた。  入ろうとした生徒会員らしき女生徒が、状況をみて小さな悲鳴をあげる。  ハッと顔をあげた会長の力がゆるんだ。  その意識をそらせた一瞬の隙に、俺は、会長の腕から滑り落ちるように振り切ってのがれる。 「あ! 待て!」  慌てて叫んだ会長を背に、俺は、口もとを押さえて入り口で立ち尽くす女生徒の脇を、するりとすり抜けた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異能×バトル×その他色々

    ♡10,680

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・34話 ネイン

    2020年7月10日更新

    人々が社会生活を営む裏では、異能者が暗躍する世界があった。 世界各国の文化、歴史、思想の違いから様々な異能が生まれた。欧米、欧州では魔術が生まれ、中国では気の力を操り、アフリカ大陸、中東では神霊的存在から力を借りていた。 日本では能力者と呼ばれる異能の力を操る人々が暗躍した。時が経ち能力者の統率を目的として東京に所在する「東京本部能力所」を中心とし、四十二都道府県と特定の政令指定都市に能力所を配置した。能力所には能力者、研究員等が配置され、日本の裏社会で暗躍し続けた。 そして、二〇一二年四月十二日に発信された以下の報告から物語は始まる。 東京本部能力所 中枢部御中 二〇一一年四月十日、「神戸特区能力所」の管轄区域内にて、とある少年に能力の発現が確認されたが発見者である本条啓子は、交戦中で場が混乱していた為に少年の行方と所在が把握出来なかった件について進展があります。 昨日、発見者であった本条啓子が通学帰りに病院へ行った際、少年と再会し本日付けで一時保護する事が本能力所で決定致しました。頃合いを見て正式な能力者として迎え入れます。 急な連絡申し訳ありません。 追記:本人は了承済です。 -------------------------- 神戸特区能力所 所長 楠 瞬也 -------------------------- ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※カクヨムにて同時掲載中!

  • 剣と魔法と銃と科学と強いお姉さま

    ♡67,800

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・27話 王加王非

    2020年7月11日更新

    長い歴史を魔法と共に歩み、魔導士たちが権力を握るマハ=ヴィクトリア王国。そこでは魔物から抽出される燃料資源【幻油】の発見により、それまで軽視されていた科学の価値が見直され始めていた。蒸気機関が発達し、王国はさらなる発展を遂げる反面、疫病の流行や犯罪の増加、科学者と魔導士の対立など新たな問題も生まれた。 そんな時代で、新しい技術である『電気』の研究を行っていた科学者のリヨンはある時、陰謀によって女王暗殺の容疑をかけられる。リヨンは同じくその場に居合わせた幼き第三王子ヨハルを人質にその場から逃亡。真実を探るため、共に王国内を放浪する旅に出る。 頼れるものは自身の頭脳と、発明品であるガントレット型発電装置【ジェムズワット】。リヨンは濡れ衣を晴らし、真実を掴むため、霧と陰謀に包まれた王国を駆けめぐる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る