第34話 ほーりゅう

「江沼! 顔を貸してもらうぞ!」  昼休みを告げるチャイムとともに、生徒会長が一年の教室のドアを勢いよく開いた。 「すみません。江沼くんは今日、お休みです」  申しわけなさそうな夢乃の言葉を聞いた会長は、驚いた顔をしたけれど。  すぐに、怒りあらわに叫んだ。 「親からの電話一本で、この私が納得するわけがなかろう! 絶対つかまえてやる! 今日の放課後、奴の家庭訪問だ!」  きびすを返し、足音荒く会長は、一年の教室からでていく。  ――あの様子じゃあ、会長は本当にジプシーの家まで行っちゃうだろうなあ。  そう思いながら、わたしはお弁当を持って、いつものお昼を食べている自習室へ向かう。  でも、たしかジプシーって、今日は午前中だけ休むって言っていなかったっけ?  そう考えつつ、向かう途中で一緒になった夢乃と京一郎と、自習室のドアを開けた。  そして、そこで腕を組んで考えこんでいるジプシーの姿を見つけた。  いつもの昼休みのメンバーが、全員そろって椅子に座ったのを確認したジプシーは、腕を組んだ姿勢のまま、おもむろに口を開いた。 「今日、高橋麗香を呼びだして、ケリをつけたいと思う」  さらに続けようとしたジプシーの言葉をさえぎって、わたしは声をだした。 「その前にジプシー、お昼ご飯を食べようよ。ジプシーもママさん手作りのお弁当、持ってきているんでしょ?」  急に、なんのことだと言わんばかりに、ジプシーはわたしの顔をじろりと見た。 「だから、食べながらでも話って、できるじゃん」 「いや。いまはいらない」 「そういって食べない気でしょ。あんた最近、食事量が減ってるもん」 「それは、いまは関係のない話だろ」 「でも、三食きちんと摂らないと身体に悪いって」 「俺が食事をしようがどうしようが、おまえには関係ないだろ」 「でも」  急にジプシーは、押し殺したような低い声で、静かにわたしへ告げた。 「ほーりゅう、今回の作戦は、おまえ中心に計画を立てた。おまえに頼った、おまえがメインの計画だ。だが、あまりしつこく言うと、メンバー自体から外すぞ」 「すみません。もうなにも言いません。メンバーに入れてください」  普段からいつも、こういう計画には、ないがしろで爪弾き気味のわたしだ。メインにしてもらえると聞くと、ちょっと立場が弱い。  夢乃のお母さん。  ジプシーにご飯を食べさせようかと頑張ったけれど、どうやら無理だったみたい……。  おとなしく黙りこんだわたしを見て、一息ついたジプシーは、小さな声でつぶやいた。 「あとで必ず食べるから、おまえは心配しなくていい」  そして、改めてジプシーは顔をあげると、話を再開した。 「今日の朝、俺は高橋麗香の家に行ってきた」  ――いきなり、敵のアジト襲撃ですか!  さすがに呆気にとられた全員の顔を見まわしながら、ジプシーは続けた。 「もちろん、彼女が学校へ向かうために、家をでたのを確認してからだ。彼女の母親に会ってきた。――母親は、彼女の能力に気がついてはいたが、いままで、どう対処していいのかわからなかった様子だな。母親の了解をとって、これからの計画に合意をしてもらった。というか、結果的には、彼女の母親に頼まれた形になったんだが」  ジプシーは、いったん言葉を区切ってから告げた。 「今回の計画の目的は、彼女の能力の消失だ。彼女の術自体を使えなくさせる。彼女との話し合いは、それからだ」  能力消失?  そんなこと、可能なんだろうか? ってことは、わたしの能力やジプシーの術も、使えなくなる可能性があるってこと?  そんなわたしの考えがわかったのか、ジプシーはわたしのほうを向いた。 「これから、ほーりゅうにもわかるように説明する。なんといっても今回は、ほーりゅうメインだからな。その代わり、正しい説明ではなく、おまえが理解できる言い方や表現に変えるから」  ジプシーの言葉に、わたしはこっくりとうなずく。 「――まず、彼女の能力は、彼女の母親と話をして俺の思った通りの能力だと確信した。俺の陰陽術でも、おまえの超能力とも違う能力だ。ただ、今回の要であるおまえの闘志を落とさないために、あえていま話さない」 「なんで、わたしの闘志ってものが関係するのよ」 「それは、計画の実践方法として理由がわかるから、あとで説明する。俺の陰陽術は、練習や修行という形で身につけたものだ。おまえの超能力は、生まれつきの遺伝子レベルの能力とみている。それらは基本的に少々のことでは、なくなることはない。だが、高橋麗香の母親の話では、彼女の能力は精神に担うところが大きく、感覚的なもので不安定、あやふやで不確定に身につけたものだった。だから、今回立てた計画で消滅させることができる。だが、間違いなく、おまえの超能力で対抗できるものだということだ。それは俺を信じろ」  まあ、こんな関係の話に詳しいであろうジプシーのいうことだから、本当にわたしの力で太刀打ちできるものなんだろうな。 「目的は理解したか」 「うん。彼女の能力消失」  わたしが計画の中心だから、わたしが理解したら、説明が先に進むわけね。 「次に方法だが、俺としては一日でケリをつけたい。そのために、彼女の母親に伝言を残してきて、今日の夜に彼女をこの学校へ呼びだした。また、これと思う方法ひとつのみで闘って、はずしたときが怖い。だから、実質的な方法とあわせて精神的なトラップの、合計四つの罠の同時進行で、彼女の能力を消滅させようと思う」  それを聞いたわたしは、急に不安になってきた。  四つの罠を、一度に仕掛けるなんて。  はたしてわたしに、そんな器用なことが、できるのだろうか?

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • かえるさん

    Neo

    ♡100pt 〇100pt 2020年6月5日 21時07分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    Neo

    2020年6月5日 21時07分

    かえるさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年6月6日 14時45分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    くにざゎゆぅ

    2020年6月6日 14時45分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • 男盗賊

    みさご

    ♡100pt 〇50pt 2020年7月6日 21時17分

    うーん。普段ならほーりゅうを心配するけど、今回はジプシーの単刀直入な方法が心配(; ・`д・´) それに能力を奪うだけで、恋愛問題の解決になるのだろうか^^;

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みさご

    2020年7月6日 21時17分

    男盗賊
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年7月7日 14時12分

    ジプシーは、彼女の能力をふさいだうえで、彼女とちゃんと話し合いをするつもりにしております。ただ、それがどのような方法でどのような結果になるのかは、お楽しみに☆ ですの♪(/ω\)  楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆ コメントありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年7月7日 14時12分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • かぼのべら

    KUZ

    ♡1,000pt 2019年10月4日 14時09分

    心配しなくても、ほーりゅうにデリケートな作戦は任せないと思うなあw クライマックス感、出てますね~🎵 面白ーい(*^^*)🎶

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    KUZ

    2019年10月4日 14時09分

    かぼのべら
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年10月5日 10時01分

    いよいよクライマックスに向けての打ち合わせ。ほーりゅうメインの作戦、うまくいくでしょうか? 策略家ジプシーの腕の見せ所です☆ コメントありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2019年10月5日 10時01分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • 土偶

    百舌巌

    ♡500pt 2020年1月17日 21時31分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    百舌巌

    2020年1月17日 21時31分

    土偶
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年1月18日 12時10分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「ありがとですよ!」氷川Ver.ノベラ

    くにざゎゆぅ

    2020年1月18日 12時10分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • アマビエペンギンさん

    Phantom Cat

    ♡500pt 2019年7月25日 21時52分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くっ!早く続きを書け!

    Phantom Cat

    2019年7月25日 21時52分

    アマビエペンギンさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年7月26日 9時40分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがてえありがてえ

    くにざゎゆぅ

    2019年7月26日 9時40分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【2日でpv300】勇者様を、討伐せよ!

    ♡10,900

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・7話 麗音

    2020年7月12日更新

    魔王エルメスが人類に宣戦布告して10年。 強大な魔王軍の力を前に、何万もの人が命を散らしていった。その現状を目の当たりにし、力も魔力も魔族に劣る人族を不憫に思ったのか、絶対神ローレライは人間に、魔物を倒すと上がる序列( ランク)という概念を与える。 教会の枢機卿から撤退命令を受けた、僧侶( プリースト)の俺は、最前線から八年ぶりに王都へと帰還する。教会暗部の、秘特階級( シークレットランカー)として。俺は、SSS級の極秘任務。魔王討伐の第一人者として、聖勇者の暗殺命令を受けることになる。 7/9 総合。日間9位 ジャンル別 日間4位

  • 力こそが正義。そのための異能力。

    ♡17,800

    〇300

    現代/その他ファンタジー・完結済・77話 智慧砂猫

    2020年7月12日更新

    異能。それは突如として人々の中に目覚め始めた。最初こそ数の少なかった異能者たちだが徐々に数は増え、彼らを脅威とした政府や異能を持たない人々は彼らを地下に隔離することを決めた。――それから数十年。地下は異能を用いた犯罪行為が横行し、徒党を組む者たちが現れる。しかしこれを止められず、政府が対応に追われる中で打ち出した策は、地下都市の更に地下に存在する施設に収容された最も危険とされる異能者〝百鬼 楓〟に頼ることだった。当然、百鬼は条件付きで仕事を請け負うが、自分の担当である男・佐々岡を始めとした政府側の人間が何か企んでいる、と密かに調べを進めながら地下都市を掌握していく。やがて彼女は自分さえも計画の一部であったことを知り――――。 ※『小説家になろう』様にも掲載されております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る