第29話 ほーりゅう

 目の前ではじけ飛ぶ、殺気のかたまり。  あまりの出来事に、声がでないわたしを右腕で固定したまま、ジプシーがささやいた。 「さっき一度、おまえは能力発動を抑えたせいで、いまの彼女の攻撃のタイミングには間に合わなかった。やはりおまえの超能力は発動するまで、数秒のタイムラグがあるな」  そして、考えをまとめるようにつぶやく。 「朝の彼女の視線での術には防御結界が有効だったし、音にはそれ以上の音で掻き消せる。今回のPKも充分結界で防げた。畑違いだが、彼女の五感を使っての術は、おそらく俺の陰陽術で、ほぼ対抗できるってことだ」  ――いまのジプシーの言葉の含みに、勘の悪いわたしでも気がついた。 「まさか、試した? 防ぎ切れるかどうかわからないのに、わたしを盾にして試した?」 「いや、そんなことはない」 「ちょっと! わざとらしくわたしから視線を外しての棒読み、しないでくれる?」 「ほら、ほーりゅう、前。第二弾がくるぞ」  ジプシーの言葉に、あわてて前方を向く。  すると、なにやら先ほど以上の威圧的な気を感じた。 「なんだか、この感じ、さっきの攻撃の数倍は威力がありそうだな」 「そんな! もうやだよぅ」 「おい、貴様らは本当に、バカップルだな」  急に横から聞こえた声に、わたしはドキリとする。  声のほうを見ると、なんと、階段を数段おりたところから見物をしていたらしい生徒会長が楽しそうにこちらを眺めていた。 「江沼、貴様はわかってやっているのだろう? わざと貴様らのバカップルぶりを見せつけることで、あちらの彼女を挑発して逆上させ、攻撃力をあげているつもりだろう?」  え?  わざと?  わたしはジプシーの顔を仰ぎ見ると、彼は満面の笑みを浮かべて、にっこりと微笑み返してきた。  この男、こんな顔もできるんだぁ……。  なんて見惚れてはいけない。この笑顔は前に散々騙されたフェイクだ。  ってことは、本当に会長の言う通り、わざとなんだ! 「ほーりゅう、次も能力をだせなかったら、発動するまでこの状態で練習」  思った通り、すっと無表情に戻ったジプシーに告げられ、わたしは顔面蒼白になる。 「ほら、前見て集中。次は、おまえの能力が発動するぎりぎりまで防御しない」  この男の性格の悪さを考えると、たぶんジプシーは本気だ。  練習は続くし、本当に防御もしてくれないかも。  ひぇ~ん。  わたしは仕方なく、自分自身の超能力を発動するための気持ちを作る。  でも、集中するったって、どうすればいいんだろう? 昔から制御不能な超能力だし。急に使う練習って言われても。  いま、向かい合っている彼女から、敵意むきだしの殺気を浴びていることを思ってみる。きっかけはそれしかないものね。  わたしは、ジプシーから以前、能力発動の媒体かもって聞いた石が埋めこまれたロザリオを服の上から握りしめ、彼女の殺気を探る。  集中。  集中。  ――お? なんかいい感じかも。  内側の身体の奥が、さざ波がたつように、ざわめく。  徐々に総毛立つ気配がしてきた。  いつもの能力発動の前兆と似ている。  ロザリオの石も、わたしに反応して熱を持ってきたかも。  このままいけば、超能力発動できそうな予感。 「OK。そのままの状態でしばらくキープしろ。この状態からなら、力をためるタイムロスなしで攻撃できる」  わたしの様子から、状況がわかったのだろう。  後ろからわたしを抱きしめている両腕の力は抜かずに、耳もとでジプシーがささやいてきた。  ――いや。  なんか、それはむずかしいかも。横ばいキープじゃなくて、どんどん力の気配が大きくなっている。  もう少しで、やめろって言われても急に止まらないくらいに、身体の内側の力が膨れあがってきているような。  やばい。  暴発、暴走しそうな気配。  つまり、発動できるようになっても、結局はいままでと同じで、力の制御ができないってことじゃん。  ジプシーどうしましょう。  マジやばいです。  そう思ったとき、ジプシーがささやいた。 「能力発動までの感覚は覚えたか? その感じを忘れないようにして、力を抜いて能力を抑えてみろ」 「無理。もう出そう」 「止めろ」 「止まんない」 「止めろ」 「止まんないって」  どのあたりが生徒会長のツボに入っているのか、階段の陰で必死に声をたてないようにして大笑いしている姿が、目の端に映る。わたしたちのバカップルなやりとりが伝わってしまったのか、前方にいる彼女の殺気が、一気に高まる。  そして、彼女のPKが先ほどの数倍の威力となって、こっちに放たれた気配がした。  来る! 「わたしもやる!」 「駄目だ。抑えろ。今回も俺が防御する」 「だから、止まらないんだって!」  そうわたしが言ったとたん、急にジプシーは、後ろからわたしを抱きしめていた両腕をはずした。同時にわたしは、そのせいではない別の理由で、両足から力が一気に抜けて崩れ落ち、床に膝がつく。慌てて前に倒れこまないように、わたしは両手も床について身体を支えた。  自分自身になにが起こったのかわからなくて、唖然としたわたしは思考停止する。  とたんに集中も途切れ、周囲から能力発動の気配が掻き消えた。  両腕が自由になったジプシーは、左手に武器を持ったまま真言をつぶやくと同時に、両手でいくつかの形をすばやく作る。そして、先ほどより数倍の威力のありそうな彼女の力を、今度は四方に砕き飛ばすのではなく、武器を握った左手を斜めに振り下ろして跳ね返した。  おそらく、能力者同士の闘いがはじめての彼女と違って、場数を踏んで闘い慣れているジプシーだからこそできる、絶妙のタイミング。  一直線に彼女のほうへ力が跳ね返ったらしく、その直後に、彼女の気配が消えた。 「彼女、逃げたな」  しばらく、そのまま様子をうかがっていたジプシーが、緊張をといた。  それを見計らって、わたしは叫ぶ。 「ひどい! あの場面で、後ろから膝カックンはないじゃん!」  そう。  ジプシーは膝で、わたしの膝の後ろを押したんだ。 「一気に拍子抜けしただろ。問題ない」  相変わらずの無表情で、ジプシーは返事をする。  この男!  後ろから羽交い絞めプラス膝カックン。  女の子に対して、そんな恥ずかしいこと、普通はしないでしょ!  あまりの出来事に立ちあがれないわたしへ向かって、ジプシーは、追い打ちをかけるように告げた。 「いまの感覚、忘れるな」 「膝カックンで、全部頭から飛んじゃったわよ!」 「――もう一度、同じ目に遭わせてやろうか」 「覚えました。遠慮します」  階段の下から、会長の、呼吸困難直前のような息絶え絶えの、楽しげな笑い声が響いた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • かえるさん

    Neo

    ♡100pt 〇100pt 2020年5月31日 20時43分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    Neo

    2020年5月31日 20時43分

    かえるさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年6月1日 16時46分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「ありがとですよ!」氷川Ver.ノベラ

    くにざゎゆぅ

    2020年6月1日 16時46分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • 男盗賊

    みさご

    ♡100pt 〇50pt 2020年6月30日 0時37分

    ジプシーはスパルタですね^^; でもまあ、実際に危険な目にあったし、ほーりゅうもそろそろ特訓しないとダメかな(゚∀゚)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みさご

    2020年6月30日 0時37分

    男盗賊
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年6月30日 18時25分

    勉強でもなんでも、能天気なほーりゅうはスパルタじゃないと、身につかないんじゃないかな…(・∀・)  楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆ コメントありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年6月30日 18時25分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • あんでっどさん

    一ノ神(かずのしん)

    ♡100pt 〇50pt 2019年7月20日 21時51分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    えんどろ~!ローナ

    一ノ神(かずのしん)

    2019年7月20日 21時51分

    あんでっどさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年7月20日 22時42分

    ノベラポイントまで、ありがとうございますぅ☆ めっちゃ嬉しいですぅ(/ω\)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2019年7月20日 22時42分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • エルフアーチャー

    緋雁✿ひかり

    〇16pt 2019年10月8日 3時47分

    「性格の悪さで、お釣りがくるよ」… この子は毎度、余計な一言をw 『運動場』で体育館(アリーナ)を思い浮かべてたんだけど、地面をえぐり~って読んで、外か!って気付いた。 確かに今は運動場って言うもんね。私の頃はグラウンドが一般的だったので。 それとも地域差? 言葉は難しい(×o×

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    緋雁✿ひかり

    2019年10月8日 3時47分

    エルフアーチャー
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年10月8日 12時43分

    ほーりゅうは自由奔放な子ですねw バカな子ほどかわいい(・∀・) あれ、運動場って地域性があるのかな? 近所の小学校でも運動場って言い方だった気がするけれど。ちょっと検索してみます。コメントありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2019年10月8日 12時43分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • メイド

    りんご屋さん

    〇10pt 2020年4月8日 14時10分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あらーっ

    りんご屋さん

    2020年4月8日 14時10分

    メイド
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年4月8日 17時50分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あら~~~っ!

    くにざゎゆぅ

    2020年4月8日 17時50分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年7月10日更新

    バトルドール・ガールズ、通称BDG―――― バトルドールと呼ばれる、身長15cmの小さな美少女型ロボット。ドールの相棒であるマスターと共に様々な武装やAIカスタマイズによってドールを戦わせる、最新のeスポーツだ! 高校一年生となったばかりの主人公・神代吹雪(かみしろふぶき)。彼女はツンデレなドール・叢雲を偶然にも起動させた事でBDG部へと所属することになる。同じクラスで隣の席の葛城美空(かつらぎみく)と先輩でもある部長、愛宕真理(あたごまり)に教えてもらいながらバトルドール・ガールズの魅力を知り、そしてメキメキと実力をつけていく吹雪と叢雲。 しかし、突如浮上する学校の廃校案。昨今のオンラインスクールの台頭と、大規模な市町村合併によって全国の学校で統廃合が検討されているというのだ。母校を存続させるには知名度と入学希望者を増やすしかない。吹雪らは自分たちの部活動、つまりBDGの公式大会で勝ち続けることで廃校を回避することに決める。 個性的なマスター、特徴的なドールが彼女たちの前に立ちふさがる。目指すは東日本大会優勝! そこへ現れる最強のライバル。果たして吹雪と叢雲たちは強敵に勝てるのだろうか? 廃校を撤回させることができるのだろうか? 吹雪「大丈夫! なんてったって、私の叢雲が一番かわいくて強いんだから!」 叢雲「ふん、私の活躍をそこで見ていなさいな」 これはいつも前向きな普通の女の子と、プライドは高いけど仲間思いなドールが、ちょっぴり頑張るお話。 ※タイトルロゴはずおさんから頂きました。ありがとうございます!

  • 愛と呪いの、ハイでダークなファンタジィ!

    ♡226,300

    〇3,870

    異世界ファンタジー・連載中・88話 堅洲

    2020年7月10日更新

    【ノベプラさんで日間総合1位、ジャンル別(異世界ファンタジー)日間1位になりました!】 ※テンプレは一切なし!ヒロインたくさん、バトルかっこいい、ジ〇リもびっくりのスペクタクルシーン、伝説的武器に神話的展開、女の子良い匂い、海外ドラマにも負けない作り込まれた世界!非常にタフな主人公は大人で格好よく、安心して読めるので女性読者の多い物語です。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 たくさんのヒロイン『眠り女』たちの物語を、最後の眠り人とともに旅をしながら追っていくうちに、やがて全ては壮大な始まりと終わりに帰結していく予定です。 ヒロイン多めですが、少し大人っぽい女性が多いです。 ※この物語はシェアワールド用に世界観を本格的に練っています。 ※長期的な商業としての本格ファンタジー小説をお探しの方は是非じっくり読んでみてください。 ※なろう、カクヨムなどにも投稿しています(他所は撤収の可能性あり)。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る