第5話 京一郎

「あのさ、いままでジプシーに確かめようと思って、訊けなかったことがあるんだけれど? いま訊いてもいいかなぁ」  ほーりゅうのその言葉に、俺は少なからず驚いた。  この女に、いままで訊くに訊けなかったなどという、そんな慎ましい気持ちがあったとは。なんでも気になったことは考えもなく口にだし、さっさと行動する女だと思っていたのだが。  彼女のその言葉は、ジプシーにとっても心外だったらしい。  思わず俺たちは、全員で注目して、ほーりゅうの次の言葉を待つ。  彼女はおもむろに、口を開いた。 「ねえ。以前にジプシーが言っていた、わたしと同じ超能力を持つ知り合いって、誰?」  ――ほーりゅう。こいつは遠慮をしていたんじゃない。  この話題を、絶対いまのいままで忘れていたんだ。  彼女のすこぶる無邪気な表情から、俺はそう確信した。  そして、視線を向けられたジプシーのほうへ振り返ってみると……。  奴は、露骨に嫌な顔をしていた。  普段から表面上の浅い付き合いの表情しか浮かべない奴を見慣れている俺は、ここまではっきりと感情を顔にだしているところを、あまり見たことがない。そのために俺は、この話題をそらすタイミングを、うっかりと逃してしまった。  同時に、思ったことをそのまま素直に言葉として出せるほーりゅうが、ちょっとだけ羨ましく思った。  あくまでもちょっとだけだ。  相手が話したがらないとわかっていることを、俺は無理やり訊けねぇよ。  ほーりゅうの放ったこの質問に、なにか考えがあるのか、普段はさえぎるであろう夢乃も口をはさまない。そのためか、ジプシーは、さすがに自分がなにか口にしなければ、この状況が終らないと感じたらしい。  そして、適当にごまかしても、ほーりゅうという女は自分が納得するまで繰り返し聞いてくるであろう性格だということも、これまでの経験でなんとなくわかる。  ジプシーは嫌そうな顔をしたまま、どうにも気がすすまないという感じで口を開いた。 「一度だけしか会っていない。――我龍(がりゅう)という名の男だ」 「どんな超能力を持ってる人?」  ジプシーはすぐに返事をしない。その顔は、不機嫌だというよりも苦痛に耐えるかのような表情にさえ見える。それでも、しばらく言葉を探すように、彼は眉をひそめて瞳を閉じた。  傍から見ていると、この状況における奴の心の動きがよくわかる。いかに少ない言葉や説明で、このほーりゅうを納得させることができるかを考えているのだろう。  それだけ、我龍って男のことを口にしたくないってことか。 「――あれは、サイコキネシスか。日本語でいうところの念力だな。能力の制御ができないおまえと違って、時間の溜めもなく正確でパワーもあった……」  そう口にしたあと、ジプシーの表情が、ふっと、いつもの無表情に戻った。 「ああ、そうか。なるほど……。前に、ほーりゅうの力を見たとき、どこかで体験した感覚だと記憶していたのは、奴の能力と種類が同じだったからか……」  それを聞いたほーりゅうが、思いついたように勢いこんで言った。 「能力もだけれど、わたしと名前も似てるよね? 龍つながり! なにか親戚関係とかもありそうかな?」 「奴は下の名前だ。おまえは苗字だろ。――たしか母親違いで兄がいたはずだが、いまの奴の親戚関係に十代の女はいない。あと、奴の背中には龍の刺青(いれずみ)があると聞いたくらいだ」  淡々と無感情に応えるジプシーの様子を横目に、俺は、心のなかで考える。  おそらく、ファッション的なタトゥーではなく刑罰の入れ墨でもない、龍の彫り物だろう。ってことは、一般市民は、そうそう入れないものだ。  妥当な線で暴力団関係者かと思ったが、俺は口にしない。  もういいだろうという感じで、話を切りあげようとしたジプシーの気配に、だが、ほーりゅうはさらに一歩踏みこんだ。 「ジプシーと我龍、どんな関係なの?」  俺は、ジプシーの無表情の瞳のなかに、憎しみの炎の揺らめきを見た。  それは、どんなにポーカーフェイスで隠しても、隠しきれない憎悪の色だ。 「――それは、おまえには関係のないことだ。話す必要はない。――生徒会室に文化祭の書類を提出してくる」  取りつく島もなく、ジプシーは身をひるがえす。  そして、足早に扉のほうへ向かうと、屋上から姿を消した。  そんなジプシーのあとを、ほーりゅうが追いかけようとしたとき。いままで黙って成り行きを見ていた夢乃が予告もなく、ほーりゅうの襟首を、むずっと後ろからつかんだ。 「夢乃、なにすんのよ!」  絞まる首を押さえたほーりゅうが、振り返って文句を口にする。だが、夢乃は無言のまま、ほーりゅうと俺へ向かって、その場に座るようにと合図をした。  その普段と違う様子に気づいたのか、ほーりゅうは不服そうにしながらも、促されるままにその場でしゃがみこむ。 「ほーりゅう、本当はわたしが話すべきではないことなんだろうけれども。この調子なら、いつかはあなた、ジプシーの地雷を踏んじゃうわ。だから、わたしの知っていることを先に話しておこうと思うの。それは、まだ京一郎にも言ったことがないんだけれども」  そう口にしながら、夢乃が俺のほうへ視線を向ける。  あのジプシーの顔をみたら、すでに先ほどの会話で充分奴の地雷を踏んでいそうなのだが。いまの夢乃の言い方は、ほかにも地雷があるということか。  それなら、聞けるときに聞いておくべきだろう。回避のために先手を打てる場合もある。 「俺は、いままであえて訊かなかったから奴の過去は知らねぇが、その過去が、いまの奴を作ってんだろう? 言葉で奴の過去を聞いたところで、現在の奴がなにかしら変わるわけじゃない。だから、俺と奴とのいまの関係も変わらねぇよ」  夢乃が心配していることは、俺と奴との関係が崩れることだ。その関係は、話を聞いただけでは揺るがないと伝えておくべきだろうと考えて、念を押すように断言する。  うなずいた夢乃は、どこから話そうかと、しばらく考える表情を浮かべた。  その様子からほーりゅうも、ジプシーのあとを追いかけることはすっかり忘れて、夢乃の話を聞く気になったようだ。 「もうジプシーには、いろいろ聞かないでね」  そう、ほーりゅうに釘を刺してから、夢乃は話しだした。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第二回ノベプラ大賞一次通過しました

    ♡1,448,600

    〇25,865

    異世界ファンタジー・連載中・114話 Imaha486

    2020年5月30日更新

    - Illustrator かぼちゃ 「シーフと一緒に世界を救ったってのは、コンプライアンス的に色々とマズいんだ」 そんな意味の分からない理由で勇者パーティを追い出されたシーフのカナタだったが、故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿や食事代は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 それは、かつて誰にも知られる事無く悲劇の結末を迎えた者達を全員救い、この世界が平和を迎える「真のエンディング」へと辿り着くこと!

  • ウルトラジャンプのコンテスト応募用です。

    ♡21,000

    〇2,060

    異世界ファンタジー・完結済・5話 灯甲 妃利

    2020年5月31日更新

    タイトル:植民地化で世界を騙せ!~スパイとスパイとスパイも欺く情報戦争~ 弱小国家の王となった主人公と幼馴染の帝国女王が協力し合い、世界を欺き敵国のスパイも利用して、 戦争が起きない『平和』の実現のために列強諸国を叩き潰して覇権の掌握を目指す物語―― ※ウルトラジャンププロットコンテスト応募用です。 ◆◆◆ ウルトラジャンプの漫画原作プロットコンテストには、 他に『勇者と魔王の異世界SNS戦争』 『地味サキュバスをトップにするまで!』 『セクシー女優ですが、異世界でインストラクター始めました!』 『イフ・リロードの召喚勇者』 『コロニスト』-あの子が元の世界に帰れる日まで- という作品も応募しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 策謀渦巻く南方の大陸に乱が起きます

    ♡29,220

    〇300

    SF・完結済・62話 橋本 直

    2020年6月4日更新

    遼州司法局も法術特捜の発足とともに実働部隊、機動隊、法術特捜の三部体制が確立することとなった。 それまで東和陸軍教導隊を兼務していた小さな隊長、クバルカ・ラン中佐が実働部隊副隊長として本異動になることが決まった。 彼女の本拠地である東和陸軍教導隊を訪ねた神前誠に法術兵器の実験に任務が課せられた。それは広域にわたり兵士の意識を奪ってしまうという新しい発想の非破壊兵器だった。 実験は成功するがチャージの時間等、運用の難しい兵器と判明する。 一方実働部隊部隊長嵯峨惟基は自分が領邦領主を務めている貴族制国家胡州へとんだ。そこでは彼の両方を西園寺かなめの妹、西園寺かえでに継がせることに関する会議が行われる予定だった。 一方、南の『魔窟』と呼ばれる大陸ベルルカンの大国、バルキスタンにて総選挙が予定されており、実働部隊も第三小隊を派遣していた。だが選挙に不満を持つ政府軍、反政府軍の駆け引きが続いていた。 嵯峨は万が一の両軍衝突の際アメリカの介入を要請しようとする兄である西園寺義基のシンパである胡州軍部穏健派を牽制しつつ貴族の群れる会議へと向かった。 そしてそんな中、バルキスタンで反政府軍がロボット兵器を手に入れ政府軍との全面衝突が発生する。 誠は試験が済んだばかりの非破壊兵器を手に戦線の拡大を防ぐべく出撃するのだった。

  • ある開拓惑星の開拓史

    ♡7,800

    〇100

    SF・連載中・34話 舞夢宜人

    2020年6月4日更新

    ある開拓惑星の開拓史。 まだ恒星間を跳躍して行き来できなかった時代に、来るべき恒星の時代の橋頭保を築くため、無人の恒星間播種船がテラフォーミングのために派遣されていった。環境調査のモルモットとして先行して派遣された開拓者の物語。

    タグ: