第43話 ほーりゅう

 校舎の三階から、窓ガラスを突き破って、わたしの身体は飛びだしてしまった。  変な体勢のまま地面に叩きつけられることを覚悟して、ぎゅっと目をつぶる。  急激に重力が、身体にかかった。  ――そのはずが。  ふいに全身から、重さの感覚が消えた。  おそるおそる、わたしは眼を開く。  すると、すべてが止まっていた。  わたし、空中で止まって、浮いちゃってるよ?  いつもの、いままでのわたしの自己防衛の超能力に、こんな力はなかったはずだ。  そして、すぐに気がついた。  身体を包む、以前にも触れたことのある、この力の雰囲気に覚えがある。  思わずわたしは、つぶやいた。 「――我龍?」  すると、それに応えるように、直接頭のなかへ声が響いた。 『逃げる? それとも戻る? こちらとしては脱出を勧める。きみは、奴のいざこざに巻きこまれただけなんだろう? きみが身体を張って、奴の揉めごとに付き合う必要はない。逃げる気があるなら、俺が奴の結界を破って助けてやる』 「戻る!」  わたしは、我龍のテレパシーを最後まで聞かずに叫んだ。 「ジプシーも夢乃も京一郎も上にいる。みんな、闘っているんだもん! ジプシーはわたしをかばって大怪我をしたのよ。今度は、戻ってわたしがジプシーを助ける! それに、麗香さんもわたしが助ける。闘いで彼女に勝って、彼女を助けるんだ!」  すると、一瞬の間があいて、我龍が面白そうに返してきた。 『彼女も助ける、か。いいだろう。なら、上に連れていくだけで手助けはしない。これ以上の俺の力の干渉は、せっかく張った奴の命懸けの結界を破壊することになる』  ――そうか。  さっき、ジプシーの結界に触れた人って、我龍だったんだ!  なぜ我龍がこの闘いを知ってここに現れたのかはわからない。おそらく、わたしが我龍の気配を感じられたように、彼も力の気配を感じて、ここへ見にきたのだろう。  けれど、いま、わたしのなかで、内側から湧きでてくる力を感じる。同じ能力者の我龍の力を、直接わたしが触れているからだろうか。  いまなら、彼女の殺気を原動力にしなくても、自分の奥底で湧きあがる感情で、最大の力を発揮して攻撃できる自信がある。  わたしは空気に押しあげられるように窓際へ寄り、割れたガラスに気をつけながら、三階の窓枠に片足をかける。両手で身体を支えるように横の窓枠をつかんだとき、身体を包んでいた空気が変わって重力が戻った。  きっと、我龍のサポートが消えたんだ。  そして、わたしは校舎内の現状へと目を向けた。  廊下のずっと向こうで、炎は揺らめき煙があがっている。窓を開け放して消火を続ける京一郎と夢乃の姿が、炎の向こう側に見えた。  煙は増えているけれど、さっきに比べて火が小さくなっている感じがするから、京一郎たちに任せて大丈夫だよね。  そして目の前には、うつ伏せで倒れている血だらけのジプシー。その傍らにかがんで、まさに彼へ手を伸ばそうとしている麗香さん。  いま、麗香さんは、どういうつもりでいるかわからないけれども、これ以上ジプシーを傷つけられてたまるものか。  わたしは、窓枠の上で仁王立ちになると、息を大きく吸って叫んだ。 「ジプシー! まだ意識があるよね? 攻撃最大でいくから! あんたの力と根性、信じているから!」  そして、驚きの表情でわたしを振り仰いだ彼女に、ためにためていた力を全力でぶつけるべく、わたしは両手を頭上へ振りあげた。  わたしは、だせる力を最大限に引きだして攻撃を仕掛けるため、両手を上にあげたまま狙いを定める。我龍の加護を受けて、みなぎる力が冴えわたっているのがわかる。普段は方向なんか定まらない超能力だけれど。  たぶん彼女をはずさない。  わたしの本気が伝わったのか、慌てたように麗香さんもわたしへ向き直り、両手を左右横に広げた。  でも、いまのやる気満々のわたしに対して迫力負けしているうえに、自らがジプシーを傷つけたことに動揺しているためだろうか。  なかなか彼女の両手のひらの上に、力が集まらないのがわかる。  そのとき。  まったく注意を払っていないであろう彼女の足もとに、梵字を配した巨大な陣が薄っすらと浮かびあがった。その陣の中心は、傷だらけで床に伏したままのジプシーだ。  ――ジプシー、わたしの声が聞こえたんだ。  大丈夫、まだ彼は意識を失っていない。  彼女の防御を、この状態でもしてくれている。  わたしは、いまの自分の力の大きさを知らない。  けれど、彼女の力を出し切らせてのオーバーヒートが目的だから、最大で攻撃するよ。  だから、彼女が傷つかないように、絶対にジプシーが護ってくれるって信じている。 「いっけぇー!!」  わたしは麗香さんへ向かって、思いきり手を振りおろした。  不安定なまま必死で反撃をしてきた麗香さんの力を、わたしの力は丸ごと飲みこんで、彼女へと向かっていく。そして麗香さんにぶつかる寸前、彼女の目の前に一瞬で五芒星が浮かびあがり、わたしの力がその中心を通って、彼女を吹っ飛ばした。廊下と教室のあいだの壁に、麗香さんは背中から全身をぶつける。  その壁までにも浮きあがっていた別の陣が、彼女が座りこむように廊下の上へ崩れ落ちるときに、一緒に沈むように消えていくのが見えた。  ――これって、ジプシーの防御結界が間に合っていたってこと、だよね?  わたしはひとり、動かなくなった麗香さんを見つめて、その場に立ち尽くした。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異能×バトル×その他色々

    ♡7,380

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・30話 ネイン

    2020年7月6日更新

    人々が社会生活を営む裏では、異能者が暗躍する世界があった。 世界各国の文化、歴史、思想の違いから様々な異能が生まれた。欧米、欧州では魔術が生まれ、中国では気の力を操り、アフリカ大陸、中東では神霊的存在から力を借りていた。 日本では能力者と呼ばれる異能の力を操る人々が暗躍した。時が経ち能力者の統率を目的として東京に所在する「東京本部能力所」を中心とし、四十二都道府県と特定の政令指定都市に能力所を配置した。能力所には能力者、研究員等が配置され、日本の裏社会で暗躍し続けた。 そして、二〇一二年四月十二日に発信された以下の報告から物語は始まる。 東京本部能力所 中枢部御中 二〇一一年四月十日、「神戸特区能力所」の管轄区域内にて、とある少年に能力の発現が確認されたが発見者である本条啓子は、交戦中で場が混乱していた為に少年の行方と所在が把握出来なかった件について進展があります。 昨日、発見者であった本条啓子が通学帰りに病院へ行った際、少年と再会し本日付けで一時保護する事が本能力所で決定致しました。頃合いを見て正式な能力者として迎え入れます。 急な連絡申し訳ありません。 追記:本人は了承済です。 -------------------------- 神戸特区能力所 所長 楠 瞬也 -------------------------- ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※カクヨムにて同時掲載中!

  • 二人は目指す、世界の果てを

    ♡26,900

    〇0

    SF・連載中・7話 恋犬

    2020年7月5日更新

    そう遠くない未来。 世界は戦争によって滅びた。 空は常に雲に覆われ、海は干上がり、地上には動植物の姿もない。 動くものといえば、エラーを起こした戦闘用ロボットばかり。 世界は終末を迎えていた。 それはそれとして。 その世界を、バイクで旅する二人組がいた。 ロボット兵士、ゾルタン。 最後の人類、シーカ。 二人は旅をする。 世界の果てへと至る道、ビヨンド・ザ・ホライゾンを探して。 不定期連載。2~4日おきに更新。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • SFの力を借りたからこそ書けました。

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・1話 シネラマ

    2020年7月7日更新

    【あらすじ】 過去に負った痛みと苦しみをいまも抱える、ある孤独な女性の前に、不可思議な来訪者が現われる。人けのない夜のコインランドリーを舞台に、両者の奇妙な対話が始まった。その邂逅によって、女性の心に変化が訪れるが……。 【説明】 性暴力被害についてのSF風味の対話劇です。絶望からの再生の兆しをテーマにしました。作品中、直接の性描写や暴力描写、犯罪描写はございませんが、性や性暴力被害に関する台詞が複数回登場することをあらかじめご留意ください。

  • キョンシー×超能力バトル!

    ♡19,500

    〇0

    SF・連載中・93話 満月小僧

    2020年7月7日更新

    これはある意味での『人外転生』である。 人類は『キョンシー』と『超能力(PSI)』を手にいれた。 『人類最強』清金 京香(きよかね きょうか)は、相棒のキョンシー、霊幻(れいげん)と共に日夜『超能力バトル』を繰り広げる。 そんなある時、京香達の前に姉妹の野良キョンシーが現れた。彼女達の出現により、京香達の戦いに苛烈さが増していく。 ざっくりとした世界観説明 ① 死体をキョンシーとして蘇らせる技術が発明され、世界中に普及しています。 ② 稀にキョンシーは超能力(PSI)を発現して、火や水や電気や風を操ります。 ③ 労働力としてキョンシーが世界に普及しています。 ④ キョンシー用の素体を生産する地域が世界各地にあります。 ⑤ 素体生産地域では、住民達を誘拐したり、脳や内臓を抜き去ったりする密猟者がいつも現れます。 ⑥ そんなキョンシーに関わる犯罪を取り締まる仕事をしているのが主人公達です。 ※現在、タイトル模索中! ※第一部完結済みです。 ※第二部開始しました。 ※小説家になろうとエブリスタでも同作品を投稿しています。