第4話 ジプシー

 文化祭では、積極的な女子たちの希望が通り、クラスで舞台をすることが決まっている。  そして、今年の文化祭テーマが「おとぎの国」というお題をうけて、今日のこのホームルームで、なぜか『ロミオとジュリエット』をやるとも決まった。  だが。 「――皆さん、冗談を言っていませんか?」  クラス委員長という立場でホームルームの進行をしていた俺の言葉に、クラスのほとんどの女子が瞳を爛々と輝かしつつ、ふるふると顔を横へ振った。  そして、ひとりの女生徒が立ちあがり、おそらくクラスの女子の意見を代表する。 「このクラスには演劇部員もいないし、わたしたちクラス全員が演劇に関して素人なので、シリアスなんてできないと思うんです。だからお笑い路線で、と」 「――で、なぜ、ぼくですか?」  俺のこの質問に、今度は誰の返事もない。  クラスの副委員長となる夢乃は、黒板の前で、チョークを片手に心配そうな表情を浮かべている。  ほーりゅうと京一郎は、面白がっている顔で、この成り行きを眺めているだけだ。  俺は重ねて言った。 「ぼくは、この配役の投票結果はクラスの女子に対して失礼だと思うんですが。ロミオ役の城之内(じょうのうち)くんはいいとして、なんでジュリエットが、ぼくなんですか?」  先ほどとは別の女生徒が、座ったまま口を開く。 「わたしたち、たしかに票は入れましたが、ジュリエット役に委員長の江沼(えぬま)くんを推薦したのは、城之内くんですし……」  ――野郎、あとで呼び出しだ。  そう胸の中で毒づきながら、俺は黒板の前から京一郎を睨みつける。  すると、彼は怯むことなくニヤニヤとした笑いを浮かべた。 「文化祭の舞台なんざ、ただのお遊びじゃねぇか。そんなに目くじらを立てるほどのことじゃねぇだろ? 委員長さんよ」  まったく、京一郎はなにを考えているんだ。  俺が極力、人前にでたくないことを知っているくせに。  第一、実際に女装なんてものをやらされる俺の身にもなってみろ。 「委員長の整った顔立ちや俺たちの仲の良さは、周知の事実じゃねぇか。おまえがジュリエットをやるから、俺もロミオをやってやるって。公平な投票結果だろう。ほら決定! 次、別の係や担当を決めていけよ」  たしかに、公平な投票による多数決は多数決。  違反でもしていなければ、このまま決定すべきだ。  ――俺だけ、マジで女装かよ。 ◇◇◇  放課後、俺は京一郎と夢乃、ほーりゅうとともに屋上へとやってきた。当然、今日のホームルームの件でだ。そして、俺が言いたいことは、京一郎もわかっているらしい。 「でもよ、以前『周囲の状況が激変するときは、その状況に同化しつつ、自分を裏切らない仲間をそばに置く』って、おまえが俺に言ったんだよな」 「そりゃ、言ったことがあるが」  先手を打つように、京一郎が口火を切った。  しかも、こっちが忘れているような変なことをよく覚えていやがる。 「文化祭ってのは、充分非日常的なものじゃねぇ?」 「学生にとっては、ただの学校行事だ」 「だが、ロミオとジュリエットなら、文化祭がおわるまで一緒に行動をともにしていても、全然おかしくねぇだろう?」 「友人なら、劇をしなくても一緒に行動しておかしくないと思うが」  結局、京一郎は面白がっているだけじゃないか。  俺は、ため息をついた。  すると、ふいに真面目な表情になった京一郎が、声のトーンを落とす。 「それはまあ、建前なんだが」 「あ? 建前?」  訝しげに眉根を寄せてみた俺へ向かって、京一郎は静かに言葉を続ける。 「俺としちゃあ、もう少しおまえに高校生としての気分を味わってもらいたいってのもあるんだ。――おまえだって年相応に文化祭、楽しんでもいいと思うぞ」  俺のことを考えてくれていた京一郎の気持ちだと理解した俺は、息を呑む。そして、そういう風に持っていかれると、こちらとしては非常に断りにくくなってしまう。  仕方なく、いかにも渋々といった苦渋の面持ちで、俺はかすかにうなずいた。  その瞬間。 「ってことで、ジプシーの女装姿、決定!」  京一郎は、黙って成り行きを見守っていたほーりゅうのほうへ振り向くと、そのときを待っていたかのような彼女と、片手をあげてハイタッチをする。  ――この野郎。  最初から言いくるめようと企んでいたな。  そうは思っても、先ほどの京一郎の言葉に含まれる感情が、俺にはまったくの嘘だとも言えず、うやむやのままに引き受けることになってしまった。  そして。  俺と京一郎との様子に、この話題がまとまったようだと感じたらしいほーりゅうが、急に俺へと大きな瞳を向けると、口を開いた。 「あのさ、いままでジプシーに確かめようと思って、訊けなかったことがあるんだけれど? いま訊いてもいいかなぁ」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 剣と魔法と銃と科学と強いお姉さま

    ♡14,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・11話 王加王非

    2020年6月5日更新

    長い歴史を魔法と共に歩み、魔導士たちが権力を握るマハ=ヴィクトリア王国。そこでは魔物から抽出される燃料資源【幻油】の発見により、それまで軽視されていた科学の価値が見直され始めていた。蒸気機関が発達し、王国はさらなる発展を遂げる反面、疫病の流行や犯罪の増加、科学者と魔導士の対立など新たな問題も生まれた。 新時代の技術である『電気』の研究を行っていた科学者のリヨンはある時、陰謀によって女王暗殺の容疑をかけられる。リヨンは同じくその場に居合わせた幼き第三王子ヨハルを人質にその場から逃亡。真実を探るため、共に王国内を放浪する旅に出る。 頼れるものは自身の頭脳と、発明品であるガントレット型発電装置【ジェムズワット】。リヨンは濡れ衣を晴らし、真実を掴むため、霧と陰謀に包まれた王国を駆けめぐる。

  • 魔女とロボが個性的な国を巡る、旅の物語。

    ♡8,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話 レンga

    2020年6月6日更新

    ◆◆◆◆◆ つばの広い魔女帽を被り、小さな魔女、ルカは旅をする。 ホウキにちょっと生意気な、それでも美しいロボットのクラリスを乗っけて。 これは、魔女のルカとロボのクラリスの、人との出会いと、そして別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 海洋SF

    ♡1,400

    〇0

    SF・連載中・37話 夜神颯也

    2020年6月7日更新

    現実は残酷で酷い。 だからこそ我々は変えていかなければいけない。 命の痛みを知らなければいけない。 戦わなければいけない。

  • 姫様は奴隷となり、初仕事は夜の勤め?

    ♡3,500

    〇0

    SF・連載中・17話 雲本海月

    2020年6月6日更新

    地球国王の妹である私、杏(あんず)は、十歳の頃で国の宰相として、国王である兄さん金吾(かねご)に任命された。 でも三年前、兄さんは小さなキノコ雲と共に、体が微塵も残さずに消えた。 そして私は奴隷になった。 「最初の仕事は夜の勤めでございます。どうかお心構えを。」 国王は、地球王国の最高権力者である。 ――『地球憲法』 第一章 第一条 地球公民たる要件は、国家から与えられた星の形の身分証を輪に付けること。その輪の材質は星と同じするべきで、体のどこかに付けるのは自由。 公民の財産の保有量によって段を定め、星の材質は鉄、アルミ、銅とする。 同一段で、1~3の星の数で級を示す。 ――『地球憲法』 第三章 第十条 銀及びそれ以上の価値がある金属を所有することは禁じされる。 ――『地球憲法』 第三章 第十一条 奴隷の存在は、地球にある全ての場所には許されない。たとえ公民権を含め全部の権利が奪われたとしても、その身の自由だけは不可侵の権利であり続ける。 ――『地球憲法』 第三章 第十二条 ……全部は、無意味な文字しかない。 そして、顔を含めて全身が黒に包まれているご主人様との出会いで、この憲法の管理範囲外の世界に入った。 更に、その黒い服は全部核爆発で吹き飛ばされた日は、もっと大きな運命の歯車が回り始めたような予感が来た…… これは、私と「お兄ちゃん」、そして他の奴隷達の物語。 「全ては、『杏花(あんずはな)』が咲けるように。」 *第零章全体はプロローグみたいなもので、ある意味第一章(ヒーローの登場)から少し面白くなるかも。(ギャグも結構出始める) *純愛ものです。ヒロイン全員処女で、どうかご安心ください。 *作者は日本人ではありません。自然ではない言い回しで、変な日本語が良く出る場合はあります。どんどん指摘してくれたら嬉しいです。 2020/05/21 昨日は嵐山紙切様(@ノベルアップ+)、アクリル板様(@カクヨム)から、0-0話から0-2話までの誤字報告を貰いました!凄く詳しいです!感動しました!とても参考になりました!ありがとうございました!