第8話 ほーりゅう

 校内は、着々と文化祭の準備が進められている。  クラスで行うことになった舞台の『ロミオとジュリエット』も、主役のふたりを両方とも男子がすることになってはいるけれど。意外とお笑いだけにとどまらず、なかなか出来栄えがよい様子だ。  普段の生活からクラスメートに対しても演技しているようなふたりなんだから、演技がうまいのはあたりまえかなぁなんて、わたしは他人事のように眺めている。  もっとも、主役のひとりとなるジュリエット役のジプシーは、練習はするけれど、当日本番まで衣装を着ないと頑張っていた。  サイズの確認をしたいんだけれどなぁと文句を口にする女子を、かたくなに拒み、うまく逃げ回っている。  そこまで、逃げなくていいのになぁ。  傍観者のわたしは、楽しいんだけれどなぁ。  ジプシーは童顔だし、よく見たらなかなか整っているから、きっとドレスが似合うと思うんだけれどなぁ。  その幼い顔立ちのせいで、もしかしたら本当に女の子に見えるかもしれないなんて、口にだしたら怒られそうなことも考えちゃう。  そんなわたしは今回、夢乃と一緒に衣装係を担当している。  今度の文化祭では使わないからと、快く演劇部が貸してくれた衣装の微妙な寸法調整をしながら、ほつれを直していった。  すぐにわたしは不器用だとクラスの女子にバレちゃったけれど、それでもわたしは一生懸命ちくちくと針を動かしたりする。  いまのわたしには考えることがいっぱいあったので、放課後に残って、この黙々とする作業が、とてもありがたかった。  考えること。  ――もちろん、ジプシーのことだ。  わたしはあのとき、ジプシーの家族が事件に遭って殺されたと聞かされても、実際のところピンときていなかった。次の日、本人を目の前にしても、新聞の三面記事を読んでいる気分だけだった。  わたしにはありがたいことに、物心ついてから亡くなった親戚や知り合いがいない。だから当事者が味わうであろう、その悲しみはわからない。全然想像がつかない。  わたしは、想像できないことは考えない主義だ。だって、考えたって本当にわからないんだもの。  なので、深く考えることはやめにした。  その代わり、もうひとつのことを考える。  それは、我龍という人のことだ。  あれだけ嫌っていると聞かされたので、もうこれ以上はジプシーからは聞きだせない。  けれど、わたしと同じ超能力を持っているという人なのだ。  ジプシーと敵対しているなんて、怖い人なんだろうか?  なんといっても、名前と同様に、背中に龍の彫り物をしているという超能力者だ。同年代でも、もしかしたらものすごく厳つい人なのかもしれない。  なんて考えると、わたしの想像は尽きない。  わたしは生まれつき、超能力らしき力を持っている。でも、まったく制御ができない。  そんな制御不能なわたしに、能力の使い方を教えてくれちゃったり、しないだろうか?  しないだろうなぁ。  でも、ひょっとして……?  なんて、都合のいいことも考えちゃう。  ジプシーは、きっと嫌がるだろうけれど。  ――わたしは、我龍に会ってみたい。 ◇◇◇  そんなことをつらつらと考えているあいだに、ついに文化祭当日がやってきた。  クラスの舞台は1120分から30分間。集中して演じたり観たりするには、そのくらいの長さの時間なのだろうか。  わたしが直接舞台にあがるわけではないけれど、舞台の前はどうしても緊張するしバタバタする。だから、舞台が終ってから模擬店を満喫しようかなぁなんて、気楽に考えていた。  そういえば、ジプシーも京一郎も、申しこんでいた後夜祭のライブステージに出られるって言っていたっけ。練習風景も全然見せてくれなくて、ふたりでこそこそと相談しながら進めていたらしい。  楽しみは楽しみなんだけれど、なんかわたしも夢乃も仲間はずれって感じがする。  そして、文化祭がはじまる時を過ぎた。  すでに周囲が賑やかになりつつあるなかで、教室では、しっかり者の副委員長の夢乃が仕切って準備が進んでいる。 「みんな、道具とか手順とかの最後のチェックをお願いね。あと、最後の衣装合わせのために舞台にでる人は、こっちに集まって」  それまで夢乃にすべてを任せきりで、ぼんやりと窓の外を眺めていた委員長のジプシーは、ハッと我に返ったように振り向いた。 「え? ――いま? ジュリエットの衣装を着るのか? まだ早いだろ?」  そんなジプシーに、夢乃は、さすがに仕方がないという表情を浮かべてみせた。 「委員長。あなたは遅いくらいの衣装合わせなのよ。いままで一度も試着していなかったんだもの。それに寸法が違っていたら、いまこの場で直さないといけないでしょう?」  夢乃の言葉を受けた衣装係の女子が数人、ジプシーのほうへとにじり寄った。そんな彼女たちの表情が、とっても嬉しそうだ。  じつは皆、陰陽術などを使うとされている怪しげなジプシーなんだけれど、見た目は整った顔立ちの彼に、機会があれば興味本位で近寄りたいのだと思う。  なので今回、ここぞとばかりに名目をつけて絡みたかったに違いない。 「うそだろ?」  あの、何事にも動じないようにと無感情を貫いているジプシーが、彼女たちの気配に迫力負けをして後ろにさがる。なんか不謹慎だけれど、わたしは見ているだけなので非常に面白い。  なのに。  ジプシーと女子のあいだに、突然京一郎が割って入ってきた。 「ほら、のけよ! 俺がこいつの着替えを手伝うから、ほかの連中はみんな教室からでろ!」  そのとたんに、女子は一斉に京一郎へブーイングを浴びせるが、京一郎が怖いのか、こちらは少々迫力がない。 「楽しみは、あとにとっておけって言ってんだ! ほら、さっさとでていけ!」  京一郎に怒鳴られた女子は、全員悲鳴をあげながら、逃げるように教室から飛びだしていった。  それを笑って見ていたわたしも、京一郎に教室の外へつまみだされる。  ――減るもんじゃないし、別にいいじゃん。  けち。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 殻ひよこ

    泰山

    ♡200pt 〇100pt 2019年7月29日 9時23分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    追いかけがいがありそうだ

    泰山

    2019年7月29日 9時23分

    殻ひよこ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年7月29日 10時26分

    応援ありがとうございます! 貴重なノベラポイントまで、ありがとうございますぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2019年7月29日 10時26分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • シド(アニスと不機嫌な魔法使い)

    Neo

    〇100pt 2020年4月15日 21時11分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    面白かったです。

    Neo

    2020年4月15日 21時11分

    シド(アニスと不機嫌な魔法使い)
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年4月16日 9時36分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年4月16日 9時36分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ひよこ剣士

    穂村緋彩

    〇50pt 2019年10月12日 20時12分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    尊い…尊い…

    穂村緋彩

    2019年10月12日 20時12分

    ひよこ剣士
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年10月13日 11時43分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(*'▽')ノ いつも励みになりますぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2019年10月13日 11時43分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • 女魔法使い

    kikazu

    ♡100pt 〇30pt 2020年6月2日 23時10分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あの…好きです…///

    kikazu

    2020年6月2日 23時10分

    女魔法使い
  • 殻ひよこ

    秋真

    〇20pt 2020年4月5日 8時25分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    君なら世界を救えるかもしれない

    秋真

    2020年4月5日 8時25分

    殻ひよこ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年4月5日 16時39分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(*ノωノ) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年4月5日 16時39分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • チョコババロアアイス食べたさに人を殺す

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話 碇音 ケイ

    2020年6月2日更新

    煙義居留。それは、群馬県より出でし暴れん坊。 (連載予定の作品ですが、我慢できないので一話だけ。連載開始したら、これは消します。新しい大陸で繰り広げられる、異能力ファンタジーアクション作品です。)

  • 魔法使いと聖剣の友情を描いた冒険物語です

    ♡272,700

    〇6,725

    異世界ファンタジー・連載中・302話 KATE

    2020年6月2日更新

    2020.06.01 現在、【18】Volcanic island~魔王教徒・アジト決戦~ の改稿を行っております。ご迷惑をおかけします。 モンスター討伐の冒険者「バスター」を目指す魔法少年シークは、ある日、森で立派な剣を見つけた。 けれど、魔法使いになるのに剣はちょっと……。 と、元の場所に置いて帰ろうとしたら。 「よし、見なかった事にしよう。俺にはどうしようもない」 「はい!? ちょっと、ちょっと、まさか置いていくつもりかい?」 えっ? 今、剣が喋った!? しかも元の持ち主は300年前の伝説の勇者だったと言いだして……!? ああでもない、こうでもないとおだやかな掛け合いを見せつつ、 拾ってしまったが為に聖剣バルドルに言われるがまま剣術で戦うシーク。 色んな人と出会い、色んな場所を巡り、モンスターとの死闘を繰り広げ、 少し他人よりお人好し過ぎるだけで普通の田舎の純朴少年だったシークは、 いつしか仲間と共に英雄と呼ばれるようになっていた……。 魔法を使いたい魔法使いと、剣術で戦わせたい喋る伝説の聖剣が共に旅をする、 ギャグあり、シリアスありの冒険バトルファンタジー! 白熱の戦闘シーンや、シークとバルドルのアメリカのコメディドラマのような、リズミカルで愉快な会話を是非お楽しみ下さい。 2019.11.22 本編完結。 2019.12.29 表紙絵変更、および以前の表紙絵に背景を加え、エピローグに掲載。 2019.12.29 chit-chatの一部を【encore】へ移動し、新話を追加。 2020.05.27 番外編【Reunion】―あの夏の日、英雄に憧れた者たちへ― 連載開始。 * * * * * * * * * * * * * * * * * * ※小説家になろう、カクヨムでも公開中です。 小説家になろう版の方が若干進んでいますが、内容は同じです。 小説家になろうにて、2020年5月時点で135万PV達成。 第8回ネット小説大賞(なろうコン)一次選考通過。 第1回、第2回ノベプラ大賞一次選考通過。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 突然の異動…。そこはまさかの仮想世界!?

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・7話 辻本恭介

    2020年6月3日更新

    希望の大手IT企業に就職した大葉志穂は、いざ入ってみると単純な事務作業をするためだけの部門へ入れられていた。夢の開発チームでのプロダクト開発とは程遠く、抱いていた夢の社会人生活は崩れ落ちてしまった。しかし折角入った大手IT企業。置かれた状況にめげずに黙々と事務作業をやっていると、上司から突然の異動を命じられた。入社して数カ月の大葉は、またとないチャンスだと思い心を躍らせながら新しい部門へ足を踏み入れる。「デジタル・エレメンツ」部門と呼ばれた想像もつかない仕事内容に不安を覚えながらも、大葉は最初を仕事を受ける。 ──それは、予想だにしていない仕事だった。 仮想世界と現実世界が入り乱れる空前SFをお楽しみください。

  • 趣味の赴くままにロボット製作

    ♡200

    〇0

    SF・連載中・9話 愛媛ポンカン

    2020年6月3日更新

    ロボット模型作りが趣味の蒼樹悠は、幼馴染みに誘われてアーマードと呼ばれるロボットを操縦して、冒険をするVRMMORPG『Full Scratch Armored Online』をプレイすることになる。 アーマード作りに特化した職業を選び、物作りに特化したスキルを選び、ゲーム内で出会った特殊なサポートAIのハカセと共に、趣味の赴くままに物作りに邁進する物語。 ※今作品はフィクションです。実在の人物、団体などは関係ありません。