第23話 エピローグ ほーりゅう

「文化祭、終わったねぇ」  そろそろ、暖かい陽射しを浴びても肌寒く感じる屋上に座り、脚を伸ばした上に広げたお弁当を食べ終わったわたしは、大きく伸びをした。  これからは、雨の日にだけお弁当を食べるために使っている自習室で、昼休みを過ごすことになりそうだ。 「ねえ、ジプシー。演劇部の勧誘がすごいんだって? あれからずっと逃げ回ってるって、明子ちゃんから聞いたけれど」  わたしは、柵越しにぼんやりと街並みを眺めているジプシーに、声をかけた。 「演劇部のひとたちって、男としてのジプシーが欲しいんだろうか? それとも女装したジプシーが欲しいんだろうか?」  続けたわたしの言葉に、ジプシーは、とっても嫌そうな目を向けてきた。  そして、あれから千葉くんは本当に、一躍時の人となった。  本人が、わけもわからないままにモテているけれど。でも、あの様子では、後夜祭にでたのが千葉くんではないとバレるのは、時間の問題かな。  そして、もうひとり。  文化祭の直後から、とてもモテはじめたのはジプシーだった。  舞台のジュリエットを観たひとから、それも男女を問わず、毎日ラブレターが届くようになってしまった。それは、机のなかに入っていたり、靴箱の隙間に差し込まれていたり。  毎日届く手紙が、いい加減一日で二桁を越すようになるころ。  騒がしさを嫌うジプシーのためにだろうか。ある日、わざわざクラスメートが見ている前で、京一郎が大きな声をだした。 「お、ジプシー。手紙が毎日たくさん届くなぁ。それっておまえ、全部どうしてんの? 護摩木の代わりに燃やしてんだろう?」  とたんに、一斉にその場が凍りついた。  それからは、ばったりと手紙が届かなくなった。  さらには、いままでの手紙を返してくれと泣きついてきた男子もいたらしい。  でも京一郎も、もっとマシな言い方があるのになぁ。  これじゃあ、もともと変人扱いだったジプシーが、ますます怪しい人だと思われちゃうよ。  そんなことを考えながら、わたしもジプシーと同じように、ぼんやりと遠くの景色を眺めながら日向ぼっこをしていたら。  ふと思いだしたかのように、突然京一郎が、わたしに向かって口を開いた。 「なあ、ほーりゅう」 「? なに」  真剣そうな表情の京一郎をみて。  これって、いまから真面目な話がはじまるんだろうかと、わたしは身構える。  なんだろう? 「とりあえず、文化祭も終わったことだし、期末試験に向かって勉強するか?」 「え? 期末? 試験なんて、まだまだ先じゃん!」  抵抗するように叫ぶわたしへ、京一郎はドスをきかせた声をだした。 「おまえの前回のペースをみていたら、いまからやらねぇと試験範囲が終んねぇんだよ! 大きなイベントが終わったことだし、今日から学校がひけたら試験勉強はじめるぞ! この俺さまが責任持って、みっちりと叩きこんでやるからさ」  京一郎と、そして夢乃とジプシーに囲まれて、逃げ場のないわたし。  しぶしぶうなずきながらも、わたしは心のなかで叫んだ。  みっちりと試験勉強だなんて。  そんなの、いやだぁ!

明日から第3章突入。毎日1話公開のペースになります☆ よろしくお願いいたします(*´ω`*)ノ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 男盗賊

    八代金

    ♡1,000pt 〇100pt 2020年1月27日 12時23分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いいですねっ!

    八代金

    2020年1月27日 12時23分

    男盗賊
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年1月28日 10時12分

    応援ありがとうございます! ノベラポイントも感謝ですぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆(*'▽')ノ

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年1月28日 10時12分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • 大正むすめ

    芥生夢子

    ♡200pt 〇100pt 2020年4月18日 14時38分

    二章終わり!読むのが遅くてすみません💦 文化祭読んでるほうも楽しくて面白かったです。ほーりゅうちゃんかわいいですね!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    芥生夢子

    2020年4月18日 14時38分

    大正むすめ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年4月18日 17時23分

    文化祭編、面白かったのなら幸いです☆ ヒロインをかわいいといってもらえて、めっちゃ嬉しいですぅ(*ノωノ)  いえいえ、こちらこそ読むのが遅くなっちゃって(;'∀') これからもお時間があるときに楽しんでもらえたら嬉しいですぅ(/ω\) コメントありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年4月18日 17時23分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年5月3日 16時56分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年5月3日 16時56分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • かえるさん

    Neo

    〇100pt 2020年5月1日 17時00分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良いものを見せてもらった

    Neo

    2020年5月1日 17時00分

    かえるさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年5月2日 15時27分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年5月2日 15時27分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • メイド

    ところてん祐一

    〇100pt 2020年2月21日 21時57分

    千葉くんは、完全に風評による被害者ですね(><) 今はいいけれど、後になった時が…笑 ちょこちょこそうなんじゃないかとは思っていたのですが、京一郎はなんだかんだといって面倒みがいいですよね ほーりゅうちゃんのことを心配(?)して期末試験の勉強を提案するあたりほんとさすがです

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ところてん祐一

    2020年2月21日 21時57分

    メイド
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年2月22日 15時05分

    実は、京一郎が一番面倒見がよくて、一番まともな考えの持ち主だったりしますね…(・∀・) それゆえに頼られて苦労することも多いのですが、彼の、縁の下の力持ち的な活躍を楽しみにしてもらえると嬉しいですぅ(/ω\) コメントありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年2月22日 15時05分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • もふもふが好きな方へ♪

    ♡4,300

    〇50

    異世界ファンタジー・完結済・1話 ところてん祐一

    2020年7月7日更新

    黒髪黒眼の青年ユーゴは、相棒の小狐(こぎつね)コンと共に今日も今日とて街中を駆け巡る。 時には、街の人と交流したり、時には、ユーゴと同じく相棒がいる少女とお話したり、時には、ギルドで依頼を受けたり……。 その中には、ほとんどと言っていいほどもふもふたちがいるのだ。そんなユーゴとコンのもふもふがいる日常のお話。 ※こちらの短編は、自作「小狐さんといく~異世界モフモフ道中」の番外編となっていますが、 本編を知らない方でも楽しんでいただけるよう書いています。(本編は、現在別サイトのみ) ※この短編は、小説家になろう様でも投稿しております。

  • 剣と魔法と銃と科学と強いお姉さま

    ♡67,800

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・27話 王加王非

    2020年7月11日更新

    長い歴史を魔法と共に歩み、魔導士たちが権力を握るマハ=ヴィクトリア王国。そこでは魔物から抽出される燃料資源【幻油】の発見により、それまで軽視されていた科学の価値が見直され始めていた。蒸気機関が発達し、王国はさらなる発展を遂げる反面、疫病の流行や犯罪の増加、科学者と魔導士の対立など新たな問題も生まれた。 そんな時代で、新しい技術である『電気』の研究を行っていた科学者のリヨンはある時、陰謀によって女王暗殺の容疑をかけられる。リヨンは同じくその場に居合わせた幼き第三王子ヨハルを人質にその場から逃亡。真実を探るため、共に王国内を放浪する旅に出る。 頼れるものは自身の頭脳と、発明品であるガントレット型発電装置【ジェムズワット】。リヨンは濡れ衣を晴らし、真実を掴むため、霧と陰謀に包まれた王国を駆けめぐる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る