第9話 ほーりゅう

 すぐに寝たせいか、わたしは爽やかに起床し、年の初めの朝を迎えた。  さっそく、予定通り叔母のところで新年の挨拶をしてから、おせち料理とお雑煮をいただいた。  お年玉を貰って、すぐに自分の部屋へ戻る。  このあとに叔母の仕事が入っているために、長居は逆に迷惑になるからだ。  戻る前に、マンションの一階にある郵便受けから年賀状を取ってきた。  引越しをするまで交流があった友人たちから届いた変わらない量の年賀状と、新たに知り合った友人たちからの年賀状。  そのせいで、昨年よりかなり多い。  嬉しく思いつつ、出し忘れがないか、名前を確認しながら眺めていった。  新しく増えた女友だちはマメできっちりきていたし、わたしからの出し忘れもないからオーケーだね。  けれど、京一郎やジプシーからは届いていなかった。  まあ、男子ってものは、そんなものだろうな。  それからわたしは夢乃の家に向かうべく、外出の支度をはじめた。 「ほーりゅう、ごめんなさい!」  夢乃の家の玄関を開けたとたんに、振袖を着て薄化粧までした夢乃が、待ち構えていたように手を合わせてわたしへ謝ってきた。  なんのことかとびっくりしたわたしに、夢乃の後ろについて玄関まで出てきていたジプシーが言葉を続ける。 「島本夏樹から連絡があった」 「え? それって」 「ほーりゅう、明子ちゃんたちにも謝っておいてほしいの。ごめんねって」  そう告げると、なんと夢乃はそのまま、小走りに飛びだしていってしまった。  呆気にとられているあいだに置き去りにされたわたし。  えっと……。  どうすればいいの? 「とりあえず、あがったら」  ジプシーが声をかけてきた。  我に返ったわたしは言われるままに、靴を脱ぐ。  居間に入ると夢乃の両親がそろっていたので、慌ててわたしは新年の挨拶をした。  そして、ジプシーに促され、二階の彼の部屋へとあがる。 「夢乃は、おまえや藤本(ふじもと)たちと初詣に行くつもりにしていたが、ついさっき、彼からこっちに戻ったと電話が入ったんだ」  わたしへベッドの縁へ座るように指示したあと、ジプシーは、勉強机の上に置いていた腕時計を手にとってはめながら説明してくれた。 「え? でも、島本さんって怪我していたよね。そんなにすぐに、こっちへ戻ってこられないと思ったんだけれどなぁ」  素朴なわたしの疑問に、ジプシーは淡々と答える。 「肩に受けた弾傷のことだろ。彼の鍛え方なら五日もあれば充分に動けるだろう。俺も以前に一度、似たような怪我をしたときも五日で抜糸したし」  ――ちょっと待って?  それって、ジプシーも昔、同じように撃たれたことがあるって意味になるよね。  昔から危ないことをしているんだなぁ。  そして、島本さんが帰ってきたってことは、我龍も一緒に、こちらに戻ってきたって意味になるのかと、わたしは、ぼんやり考える。  腕時計に続いて財布もジーンズの後ろポケットに入れたジプシーが、クローゼットから上着をとる姿を見たわたしは、ふいに、あれっと思った。 「ジプシーも、いまから出かけるの?」  すると、ジプシーは当たり前のような顔をして、わたしへ告げた。 「おまえは藤本たちと、いまから初詣に行くんだろ。俺も一緒に行くから」  ――え?  なんでそうなるの? 「ちょっと! ほーりゅう、なんで委員長が一緒なのよ!」  待ち合わせ場所でジプシーの姿を確認した明子ちゃんは、わたしの腕をとると、少し離れたところまで引っ張っていく。  そして、押し殺した声で詰め寄ってきた。 「だって、夢乃が用事でこられなくなったのよ。そうしたら、代わりにくるって」 「その理屈がわかんないんだって!」 「まあまあ。きちゃったものは仕方がないじゃない。委員長って考えているほど害はなさそうだから、取りあえずいいんじゃないの? はやく行こうよ」  紀子(のりこ)ちゃんがあいだに入って、ひどい言い方だけれどまとめてくれる。  そのため、なぜかわたしと明子ちゃん、紀子ちゃん、ジプシーという異色のグループで電車に乗り、四駅先にある大きな神社へ、初詣に向かうことになった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • メタルひよこ

    寿甘(すあま)

    ♡300pt 〇100pt 2019年10月5日 16時01分

    強引なジプシー( ̄ー ̄)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    寿甘(すあま)

    2019年10月5日 16時01分

    メタルひよこ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年10月5日 21時27分

    京一郎曰く、ジプシーの恋愛経験値は中学生レベルだから(・∀・)ニヤ

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2019年10月5日 21時27分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ステラ

    一ノ神(かずのしん)

    〇50pt 2019年10月5日 23時14分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「つづき待ってるよ!」ステラ

    一ノ神(かずのしん)

    2019年10月5日 23時14分

    ステラ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年10月6日 9時46分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    めっちゃうれしいわあ

    くにざゎゆぅ

    2019年10月6日 9時46分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ひよこ剣士

    香居

    ♡1,000pt 2019年10月6日 10時03分

    一次選考通過、おめでとうございます(≧∇≦)🎉

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    香居

    2019年10月6日 10時03分

    ひよこ剣士
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年10月6日 21時29分

    お祝いのお言葉、ありがとうございますぅ(/ω\) これからも楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2019年10月6日 21時29分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • かぼのべら

    KUZ

    ♡500pt 2020年1月30日 11時25分

    昔、劇団の稽古場で、親しい連中とカラオケ行こうと話していたら、協調性ゼロ君が許可も取らずについて来ました。誰も嫌だと言えず参加させましたが、歌い方も自分に入りすぎて引く感じ💧 よく役者目指したな、と思ったものです。何か今回のジプシー見てたら思い出しちゃった💦 失礼しました💧

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    KUZ

    2020年1月30日 11時25分

    かぼのべら
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年1月31日 11時22分

    ぶっちゃけ、恋愛初心者であるジプシーも、かなり自己中で強引な感じがしますものね~(・∀・) のちのち読者さんからも次の章半ばまで、ジプシーは彼氏気取りでブーイングを浴びてまいりますw いろんな意味で巻き返しができるかどうか、なまあたたかく見守ってもらえたら嬉しいですぅ(/ω\)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年1月31日 11時22分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • アマビエペンギンさん

    Phantom Cat

    ♡500pt 2019年10月5日 23時56分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    尊い…尊い…

    Phantom Cat

    2019年10月5日 23時56分

    アマビエペンギンさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2019年10月6日 9時51分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとうございます!

    くにざゎゆぅ

    2019年10月6日 9時51分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • それは、願いと欲望の群像劇

    ♡87,650

    〇5,955

    ホラー・連載中・30話 Thera

    2020年5月31日更新

    物語の舞台は、革新と伝統の入り混じる振興都市エルモ。 図書院司書の殺害事件が発端となり、歪に噛み合った歯車は動き出した。 司書の浮気相手特定を依頼された探偵は、策謀の糸の絡まりを見つけ。奇妙な事件に巻き込まれた人々は、若草色の瞳の少女と出会い、忘れ去られた異形の姿を知る。 「お前か! そうかお前が! この美しき星図を乱す、雑音〈ノイズ〉なのだな──!」 誰かは叫び、誰かが嗤う。享楽と退廃の世界で繰り広げられる、願いと欲望の群像劇──ここに開幕。 ※とある街のうわさ話を辿る、物語。完結済みの『箱庭の街』と連作です。超絶大改稿しました。レヴィなぞという探偵が嗅ぎまわってます。

  • 第二回ノベプラ大賞一次通過しました

    ♡1,448,600

    〇25,865

    異世界ファンタジー・連載中・114話 Imaha486

    2020年5月30日更新

    - Illustrator かぼちゃ 「シーフと一緒に世界を救ったってのは、コンプライアンス的に色々とマズいんだ」 そんな意味の分からない理由で勇者パーティを追い出されたシーフのカナタだったが、故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿や食事代は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 それは、かつて誰にも知られる事無く悲劇の結末を迎えた者達を全員救い、この世界が平和を迎える「真のエンディング」へと辿り着くこと!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 策謀渦巻く南方の大陸に乱が起きます

    ♡29,220

    〇300

    SF・完結済・62話 橋本 直

    2020年6月4日更新

    遼州司法局も法術特捜の発足とともに実働部隊、機動隊、法術特捜の三部体制が確立することとなった。 それまで東和陸軍教導隊を兼務していた小さな隊長、クバルカ・ラン中佐が実働部隊副隊長として本異動になることが決まった。 彼女の本拠地である東和陸軍教導隊を訪ねた神前誠に法術兵器の実験に任務が課せられた。それは広域にわたり兵士の意識を奪ってしまうという新しい発想の非破壊兵器だった。 実験は成功するがチャージの時間等、運用の難しい兵器と判明する。 一方実働部隊部隊長嵯峨惟基は自分が領邦領主を務めている貴族制国家胡州へとんだ。そこでは彼の両方を西園寺かなめの妹、西園寺かえでに継がせることに関する会議が行われる予定だった。 一方、南の『魔窟』と呼ばれる大陸ベルルカンの大国、バルキスタンにて総選挙が予定されており、実働部隊も第三小隊を派遣していた。だが選挙に不満を持つ政府軍、反政府軍の駆け引きが続いていた。 嵯峨は万が一の両軍衝突の際アメリカの介入を要請しようとする兄である西園寺義基のシンパである胡州軍部穏健派を牽制しつつ貴族の群れる会議へと向かった。 そしてそんな中、バルキスタンで反政府軍がロボット兵器を手に入れ政府軍との全面衝突が発生する。 誠は試験が済んだばかりの非破壊兵器を手に戦線の拡大を防ぐべく出撃するのだった。

  • ある開拓惑星の開拓史

    ♡7,800

    〇100

    SF・連載中・34話 舞夢宜人

    2020年6月4日更新

    ある開拓惑星の開拓史。 まだ恒星間を跳躍して行き来できなかった時代に、来るべき恒星の時代の橋頭保を築くため、無人の恒星間播種船がテラフォーミングのために派遣されていった。環境調査のモルモットとして先行して派遣された開拓者の物語。

    タグ: