第16話 ほーりゅう

「あの女、俺に平手打ちを食らわす前に、信じられないって言っただろ?」  呆気にとられて聞いているわたしと夢乃へ向かって、ジプシーは、彼女の戸籍や家系図などの資料に目を落として続けた。 「あのとき、俺が術にかからなかったことを、あの女は信じられないって言ったんだ」  ――術?  ってことは、彼女は裏世界関係の敵じゃなくて、陰陽道関係の敵ってこと?  とっても可愛い、ただの女子高生にしか見えなかったのに。  そんな力があるようには、とても思えなかった。 「京一郎が調べてくれた資料を見る限り、彼女の家や血縁関係に、陰陽道との関わりがない。ただ陰陽術のなかには、知識や力のない素人でも扱える蠱毒(こどく)犬神(いぬがみ)のような術も多くあるから、もう少し調べる必要がある」 「ジプシー、あのさ」  わたしはどうしても気になったので、話の途中だったけれども、割りこむように口をはさんだ。  ジプシーは、ちらりとわたしへ視線を向ける。 「彼女、あの一瞬で、どんな術を眼で仕掛けてきたの? それにジプシーが術にかからなかったってことは、ジプシーのほうが陰陽師としての力が上だったってこと?」  ジプシーは、おもむろに腕を組みながら、わたしの疑問に答えてくれた。 「断言できないが、あの状況を考えたら傀儡術(くぐつじゅつ)か。俺にイエスの返事をさせたかったんだろ。だから俺は、彼女の眼を見る前に、自分のかけている眼鏡に防御結界を張った。力や状況判断としては、あの時点では俺のほうが上だったな」 「――傀儡術って、なぁに?」 「傀儡術は、簡単に言えば、相手を操り人形のように術者が動かすことのできる術かな」  彼女、そんな術を使ってまで、ジプシーと付き合いたかったのかな?  恋する乙女は、手段を選ばないのだろうか。  その彼しか、目にはいっていないのだろうか。  相手が自分のことを想ってもいないのに、付き合うのもどうかと、わたしは思うんだけれどなぁ。 「京一郎は、どう思う?」  わたしがおとなしくなったので、ジプシーは、京一郎に視線を移して声をかける。  京一郎の考える麗香さんの、不透明な10パーセントって、ジプシーと同意見なのだろうか。 「――ジプシー、おまえさぁ」  すると、いつになく真剣な顔で、京一郎がジプシーの表情をうかがう。 「今回の彼女は、おまえの性格上、敵としか、みなしていねぇだろ」 「? ――なにが言いたい」  珍しく細部において、意見の食い違いがでたのだろうか。京一郎とジプシーの視線が、空中でぶつかる。  その視線をそらさずに、京一郎は続けた。 「おまえのなかの人間のカテゴリーは、敵か味方か一般人の、三つだけに分かれてんだろう? そりゃま、今回の彼女は敵の部類だろうさ。だが、俺の考える残りの不透明な10パーセントはカテゴリーとしては、女、だ」  意味が理解できないという顔をして、ジプシーは京一郎を凝視する。 「まあ当たってりゃ、俺の言いたいことは追々わかるだろうが、俺の勘が外れてりゃ、やり方はいつもと一緒でいい。おまえに任せる」  しばらく無言でふたりは見つめていたけれど。  珍しく、ジプシーのほうが、先に視線をそらせて頭をかいた。 「わかった。視野に入れておこう。なんと言っても、京一郎の勘だからな。ただ、――俺にはただ単に、女と言われてもなぁ……」  なんだろう?  なんか、なぜだかジプシー困っている感じがする。  これは面白いかも。  わたしは、めったに見られない戸惑うジプシーを、にやにやとしながら眺めていた。  でも、わたしも京一郎の言う意味が、わかんないんだけれどね。 ◇◇◇  放課後、わたしと夢乃は明子ちゃんたちから、甘味処にいこうと寄り道に誘われた。  もしかしたら、朝の出来事に興味津々の明子ちゃんが、わたしたちから逆にジプシーの情報や動向を知りたいのかもしれない。 「相手の片鱗が見えたから、こちらは精神的に落ち着いている。おまえたちが俺についている必要はないから、気にせずいってこい」  ジプシーはそう告げると、教室で、わたしや夢乃と別れた。  京一郎は、先に教室をでたのだろうか、早々と姿をくらませている。  そういえば京一郎、午前中はバイクで情報集めに走り回ったって言っていたからなぁ。  普段は歩いて学校にきている京一郎も、移動手段の違う今日は別行動になるってことだな。  わたしと夢乃は、今日に限って全員が別行動だというこの大変な事態を、あまり深く考えていなかった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年5月21日 19時14分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年5月21日 19時14分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • かえるさん

    Neo

    〇100pt 2020年5月18日 20時06分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    Neo

    2020年5月18日 20時06分

    かえるさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年5月19日 13時47分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年5月19日 13時47分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • 男盗賊

    みさご

    ♡100pt 〇50pt 2020年6月15日 22時06分

    傀儡術… 碌なその気があってもろくなもんじゃないね^^; とは言え、敵じゃない展開の方が面白そうなので期待(´艸`*) 個々のところ体調が優れず、久々の感想になりました^^;

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みさご

    2020年6月15日 22時06分

    男盗賊
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年6月16日 10時41分

    京一郎から「女」というキーワードが飛びだしてきました(・∀・) ご期待に添えるかここで副題「ジプシー女難の巻」が活きてまいります(ΦωΦ)フフ これからの展開を楽しんでもらえたら嬉しいですぅ(/ω\)  体調不良…無理なさらないようにお過ごしくださいね…('Д')

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年6月16日 10時41分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • みりたりステラ

    kikazu

    ♡100pt 〇30pt 2020年7月2日 23時00分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    お慕い申し上げます

    kikazu

    2020年7月2日 23時00分

    みりたりステラ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年7月3日 11時11分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年7月3日 11時11分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • 殻ひよこ

    秋真

    〇20pt 2020年6月19日 7時06分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    お疲れ様です

    秋真

    2020年6月19日 7時06分

    殻ひよこ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    2020年6月19日 20時44分

    応援ありがとうございます! ノベラポイント感謝ですぅ(/ω\) 楽しんでもらえたら嬉しいですぅ☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2020年6月19日 20時44分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夏と海と南島編!レン!異世界を楽しむ

    ♡110,951

    〇14,800

    異世界ファンタジー・連載中・48話 ネコカレー

    2020年7月11日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる。 転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムの「レム」メイドの「ミュウ」ギルドマスターの「セレナ」と共にギルド結成 レンはレベルアップして召喚石で召喚獣の「ライ」と「アンジュ」をサモン!そしてなんとスキルで人の姿に変身!? この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! ジャンル異世界ファンタジーランキング 2位を獲得しました!

  • 2020年7月10日更新

    バトルドール・ガールズ、通称BDG―――― バトルドールと呼ばれる、身長15cmの小さな美少女型ロボット。ドールの相棒であるマスターと共に様々な武装やAIカスタマイズによってドールを戦わせる、最新のeスポーツだ! 高校一年生となったばかりの主人公・神代吹雪(かみしろふぶき)。彼女はツンデレなドール・叢雲を偶然にも起動させた事でBDG部へと所属することになる。同じクラスで隣の席の葛城美空(かつらぎみく)と先輩でもある部長、愛宕真理(あたごまり)に教えてもらいながらバトルドール・ガールズの魅力を知り、そしてメキメキと実力をつけていく吹雪と叢雲。 しかし、突如浮上する学校の廃校案。昨今のオンラインスクールの台頭と、大規模な市町村合併によって全国の学校で統廃合が検討されているというのだ。母校を存続させるには知名度と入学希望者を増やすしかない。吹雪らは自分たちの部活動、つまりBDGの公式大会で勝ち続けることで廃校を回避することに決める。 個性的なマスター、特徴的なドールが彼女たちの前に立ちふさがる。目指すは東日本大会優勝! そこへ現れる最強のライバル。果たして吹雪と叢雲たちは強敵に勝てるのだろうか? 廃校を撤回させることができるのだろうか? 吹雪「大丈夫! なんてったって、私の叢雲が一番かわいくて強いんだから!」 叢雲「ふん、私の活躍をそこで見ていなさいな」 これはいつも前向きな普通の女の子と、プライドは高いけど仲間思いなドールが、ちょっぴり頑張るお話。 ※タイトルロゴはずおさんから頂きました。ありがとうございます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る