第7話 ほーりゅう

 そのとき、教室の後方で音がした。  ぼんやりと考えごとをしていたために不意をつかれたわたしは、なんの抵抗もなく振り返る。すると、ひとりの男子生徒が教室のドアを開けて、姿を現したところだった。  彼は、急ぐ気配もなく、ゆっくりと入ってくる。  すらっとした細身だが、高校一年生としては肩幅も上背もある男子だった。  染めているのであろうか、きれいな透明感のある茶髪をしており、その長めの前髪の下には、こちらも色素が薄いのか透き通った茶色の瞳があった。  教室へ足を踏みいれた彼は、見知らぬわたしに気づいたのか歩を止める。  その茶色い瞳は、じっと彼を見つめるわたしの顔に鋭く向けられた。  けれど、すぐに興味を失ったように、あっさりとそらされる。  つい、視線をはずすタイミングを失ってしまっていたわたしは、ほっと息を吐いた。どうやら無意識に息を止めていたらしい。彼の放つ威嚇するような気に反応して、わたしのほうも緊張をしていたようだ。  そのあいだに彼は教室のドアを閉め、無言で廊下側の一番後ろの席へとついた。  慌てて、わたしは前を向く。  彼が入ってきたことに気づいているであろう先生は、なにも言わなかった。彼が入ってくる少しのあいだだけ中断された授業は、すぐに何事もなかったかのように再開される。  さすがに気になったわたしは、先生の視線がこちらへ向いていない隙に、隣の席の夢乃へ声をかけた。 「ねえ。遅刻をしても、お咎めなしなの?」  黙々と黒板の文字を写していた夢乃は、わたしのささやきに反応して顔をあげた。  そして、夢乃は目だけで後方の彼の様子をうかがうと、黒板前の先生が生徒のほうを見ていないことを確認して口を開く。 「彼は城之内京一郎(じょうのうちきょういちろう)。授業にでてきたらいいほうなのよ。静かに授業ができるなら、先生も彼に対しては文句を言わないわ」  そんな彼が気になったわたしは、新品の教科書を立てて先生からの視線をかわしながら、もう一度こっそり振り返って様子をさぐってみた。  彼は、おとなしく席についているけれど、すでに眠たそうに片肘をたてて、あごを乗せていた。その机の上には、教科書さえ乗っていない。  この進学校でも、そんな生徒がいるんだ……。 「あなたも、彼には近づかないほうがいいわ」  そう続けて聞こえたので、わたしは夢乃のほうへ視線を戻す。わたしの不思議そうな表情に、夢乃は眉根を寄せて、ちょっと困ったような顔をしてみせた。  軽く肩をすくめてみせると、彼の存在が気になっているわたしへ牽制するように、言葉を続けた。 「彼、お父さまが極道の組長をしているそうだし、彼自身も暴走族のリーダーをしているの。普通の高校生活を送りたければ、彼に関わらないほうがいいわね」  目を見開いたわたしを見て、いかにも真面目そうな夢乃はきっと、これ以上この高校やクラスの悪い印象を与えないほうがいいと判断したのだろうか。  それっきり、夢乃は口を閉ざしてしまった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 出会いの物語。

    ♡5,200

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・10話 大井カネイチ

    2020年6月6日更新

    ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 千年に一度、 偉大な鐘の音と共に、天使が舞い降りる。 天使は小さな奇跡を起こすという。 小さき奇跡は、やがて大きな奇跡となりて、 人々の心に豊かさを与えるだろう。 しかし、天使は厄災も呼び起こす。 だが、恐れる必要は無い。 偉大な天使と、その時代の従者達が、 厄災を払い、この地に安泰の時を築くだろう。 ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 天使伝説が息づく街『スタッツ・アンジェロ』。 この街で、鐘突きの仕事に勤しむ少年『アル・クーデルハルト』は、ある日、見慣れない少女と出会った。 なんとその少女は、自分が天使伝説の天使だと言うのだ。 今、少年と天使は出会い、 今までとは違う日常が始まろうとしていた。 これは、一人の少年と、一人の天使、 そして、愉快な街の人々の、奇跡な軌跡である。

  • 魔女とロボが個性的な国を巡る、旅の物語。

    ♡7,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話 レンga

    2020年6月6日更新

    ◆◆◆◆◆ つばの広い魔女帽を被り、小さな魔女、ルカは旅をする。 ホウキにちょっと生意気な、それでも美しいロボットのクラリスを乗っけて。 これは、魔女のルカとロボのクラリスの、人との出会いと、そして別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人から悪が消え去った世界

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・8話 コーキ・タイラー

    2020年6月7日更新

    人から悪が消え去った世界。 面積4000km²、人口300万人の孤島「ノア」には、絶対的な平和が存在する。 なぜなら人の心に悪が存在しないから。規則を厳守し、周りとの調和を最優先とするから。 そんな島で一人の少年は苦悩していた。 周りと自分との決定的な違いに、自分の心の中にある正体不明の感情にーー

  • 魔法と魔術、科学とロボット。もはやカオス

    ♡8,700

    〇0

    SF・連載中・3話 澤梛セビン

    2020年6月7日更新

    巨大海底火山の噴火で滅びに向かっている地球から脱出した移民母船『方舟』が、命からがら辿り着いた星が、地形が地球と全く一緒の星『原初のナナナシア星』。 ナナナシア星に着陸する途中で、ドラゴンのブレスによって船体の中心にある機関部分を破壊され、後方に積まれていた移民艦が多数、世界に散らばっていった。 時は変わって、僕こと『イブキ』は、墜落した移民艦に眠っていたところを、『ミモザ』によって起こされた。 でも困った。僕は地球のことを全く知らないよ。 何で? 僕の耳は尖っていて、人間じゃなくてハーフエルフみたいだよ。 動物の他に、魔獣とか魔族とかがいるこの星を、僕とミモザがゆっくりと探索しながら、時に移民艦を見つけたり、未開の地を人間が住めるように開拓していく物語。 いずれは世界のどこかに墜ちた移民艦に眠る、レイジとアンジェリーナを探し出して、一緒に暮らすことができるといいな。 「小説家になろう」と「カクヨム」にも同時投稿しています。