文芸/純文学 短編 完結済

君の好きを響かせて

作者からの一言コメント

『好き』で居続けるって孤独なことなの。

読了目安時間:18分

総エピソード数:1話

君の好きを響かせての表紙

シロクマはピアノを弾く少女に出会い、少女の曲を『好き』になった。

総エピソード数:1話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 君の好きを響かせて
作者名 区隅 憲(クズミ ケン)
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 人外 現代日本 好き 少女 ピアノ 音楽 シロクマ 動物 短編 純文学 孤独 幻想 童話
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年5月6日 16時29分
最終投稿日 2022年5月6日 16時30分
完結日 2022年5月6日 16時24分
文字数 9,065文字
読了目安時間 18分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 6件
スタンプ 1件
ビビッと 1件
応援ポイント 3,700pt
ノベラポイント 120pt
応援レビュー 2件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • アルソウムの双剣 The Swords of Arthoum

    大人向けの大長編異世界ファンタジーです。

    305,181

    371


    2023年1月30日更新

    【道しるべの歌】 イェビ=ジェミは将来を嘱望された優秀な歩兵だった。しかし中隊長として参加した会戦で親友が戦死したことをきっかけに軍を辞め、親友の最後の給料を遺族へと届ける旅に出た。旅の途中で出会った山賊の娘ブレイとともに連合王国の西の果てへと向かうイェビ=ジェミは、いつしかブレイに惹かれていくが…… 【ナナカマドの娘】 アレバ山の戦いを経て結ばれたブレイとイェビ=ジェミ。二人は首都ゼルワの下町で暮らし始める。傭兵として引っ張りだこの夫と自分を較べてつい不安になるブレイ。しかし居酒屋「銀陽亭」に集まる人々の応援もあり、ブレイは自分の居場所を見つけだす。 【星群】 長編エピソードの間に挿入される短編・中編群 【湖賊】 イェビ=ジェミがグアダムル騎士となって五年後。連合王国の南部に広がる巨大な湖で湖賊と呼ばれる盗賊の活動が活発化した。対策を話し合う国際会議が開催され、全権大使ウィルナはイェビ=ジェミとともにエマオ王国に赴く。その一行の中には傭兵見習いとなったファイスの姿もあった。ウアラプエの港で出会った不思議な少女イニシュアの示唆で更に南に向かったイェビ=ジェミとファイスは、ついに湖賊事件の真相を探り当てるが……

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26時間41分

    この作品を読む

  • 逃げるしかないだろう

    絵描きの男と、ホステスの女

    10,700

    0


    2023年1月30日更新

    ネット小説大賞九で最終選考まで残った作品を、大幅に加筆修正した改訂版になります。 舞台は、一九八〇年の大阪ミナミの繁華街。時代は大きな変化を迎えていました。ファミコンは登場しておらず、娯楽の中心はカラーテレビ。漫才ブーム、アイドルブームが到来して、日本中が熱狂している。そんな時代でした。 道頓堀に架かる通称「ひっかけ橋」で、二人が出会いました。男は、似顔絵を描くことが好きな貧乏人。女は、キャバレーの人気ホステス。 交わることが無かった二人が、ヤクザな世界に足を踏み入れる時、大きなドラマが動き出しました。 何故こんなことになったんだ。 逃げるしかないだろう。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間28分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ここがスキだよ中国文化! 我也喜欢你(ウォイェ↓シィフォアン↓ニー↑)

    中国の半年駐在話を聞きたいと言われたので

    99,637

    510


    2023年1月29日更新

    訳:俺も|中国文化《きみ》が好きだよ♪ 2016年から3年かけて、中国の3拠点に行って実際に1人で生活してきたすきづきん。 その体験談を赤裸々に語る! 聞いてみたいことがあればコメントしてね! ちなみに、よく聞く「愛してる」は「我爱你 (ウォーアイニー)」だけど、現地では「キミヲアイシテル」みたいな直線的なラブコールになるらしい。 だから我也喜欢你、僕も君の事が好きさ、というI Like You Tooの方が自然らしい。実際に試してないけどね! やっぱね、中国民は俺好きだよ。文化も好きだし、ただ上がね……。このエッセイ読んで、ちょっと旅行してみよう♪ と思ってくれたらうれしい。

    読了目安時間:3時間44分

    この作品を読む

  • コンと狐と

    若桜谷には、キツネと幽霊がいる。

    203,250

    161


    2023年1月23日更新

    鳥取県若桜町。 谷間の小さなこの町に一軒の料理店があります。 『和食処 若櫻』 店を切り盛りするのは、コンとサナという二人の少女。 実はコンは幽霊で、サナは狐なのでした。 二人が神様から与えられたお役目は、店にやってきた死んだヒトの魂を、あの世へ送ること。 泣いたり、悩んだり、怒ったりしながらも、コンとサナは死んだヒトの想いに触れ、やがて自分たちの過去とも向き合っていく。 ※本作は小説投稿サイト『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:17時間39分

    この作品を読む