おひとよしシーフ(Lv99)による過去改変記

021-プリシア姫誘拐事件 後日談

【聖王歴128年 青の月 35日 早朝】 「こちらにカナタ様とその御一行様は居られますでしょうか?」  プリシア姫誘拐事件を解決してしばらく経ったある日、俺達のもとへ城からの使者がやって来た。 「おにーちゃん、何やらかしたの?」 「人聞きの悪い事言うんじゃねえ!」  とんでもない事を言いやがるサツキの頭を小突きつつ、使者から詳しい事情を聞いてみたところ、どうやら俺達三人に城へ来てほしいという話だった。  それより驚いたのは、なんと依頼者はプリシア姫ご本人だったのである。 「また何か困った事でもあったのかなぁ」 「うーん……」  プリシア姫誘拐事件の後、国王の鶴の一声によって東の森のドラゴン達は『聖竜(セイントドラゴン)』として敬われる事になったとは聞いていたけど、もしかすると反対派が何かやらかしたのだろうか?  俺は即答で姫の依頼を承諾すると、急いで準備を済ませて城へ向かって出発した。 ◇◇  城内に入り、やたら興味津々に周りをキョロキョロしているサツキの耳を引っ張りつつしばらく城内を歩いていると、顔見知りのヤツがフワフワと近づいてきた。 『やあ、いらっしゃいー。ゆっくりしていってねー』 「いらっしゃいって、数日見ない間にふてぶてしくなっちまったなぁ」 『あはは。一応、ボクは立場的には"こっち側"だからさ』  というわけで城に来て早々、森のドラゴン改め聖竜ピートと数日ぶりに再会した。  プリシア姫の護衛を任されたと聞いて少し心配していたのだが、元気そうで何よりだ。 『でも、今回の一件はホントありがとね。実際ボクの命も助けてくれたし、おかげさまでプリシアの子守りをするだけで森の安全が約束されるようになったわけだし、良い事だらけだよ♪』  そう言ってかんらかんらと笑うピートに、俺達が思わず苦笑していると…… 「子守りとは失敬なっ」 「!?」  プンプンと怒り顔でやってきたのは言わずと知れた、我が国の麗しの王女プリシアその人である。 『やあ、おはようプリシア。ご機嫌うるわしゅー』 「もう、何がうるわしゅーですかっ! 朝だって、厨房でつまみ食いしてー……あわわっ、カナタ様っ!? も、申し訳ございません、騒がしくて……」  ピートにからかわれてムキになる姿を見られて恥ずかしかったのか、プリシア姫は頬を赤く染めながらペコリと頭を下げた。  ちなみに通りすがりの家臣達は、そんな姫の子供っぽい仕草に癒されているようで、その表情はまるで孫を見守るおじいちゃんのようである。 「コホンッ。そ、それでは改めまして……皆様、本日はお越し頂きありがとうございます」  どうにか取り繕おうとしている姿がこれまた可愛らしく、家臣達は(むせ)び泣き始めた。  なるほど、目に入れても痛くないとはこういう事を言うのだなぁ……。  それはさておき、俺達は姫とピートに連れられて応接室へと向かった。  全員が部屋に入り終えるとすぐにプリシア姫が扉を施錠し、両手をかざして詠唱を始めた。 「サイレントっ」  扉の周りに薄い防壁を展開されるのを見て、サツキが不思議そうに首を傾げる。 「今のは何?」 「誰にも盗み聞きをされぬよう、ちょっと細工をしました」 「へぇ~、姫様も魔法が使えるんだねぇ~……って、おにーちゃん何その顔?」 「そもそも聖王都は聖者の国で、しかもその王家の血筋であるプリシア姫が無能なわけ無いだろうが。たぶん、そこらの兵士とか傭兵よりよっぽど強いぞ」 「ひぇー!?」  驚くサツキの姿に、プリシア姫は少し苦笑しつつも何だか自慢げだ。  スゴいと誉められたのが嬉しくて顔に出てしまうのも、やっぱり年相応のちびっ子なんだな。 「てゆーか、おにーちゃん何で姫様を見ながらニヤニヤしてんの?」 「ニヤニヤなんてしてねえっ! なんか、可愛らしいなーって思ってただけで……」 「はうっ!!!?」  俺が率直に答えると、何故か姫は両手で顔を押さえたままくるりと後ろを向いてしまった。 「えっと、どうかしました……?」 「な、なななななっ、なんでもございません!」  姫はヘナヘナとソファーに座ると、深呼吸をし始めた。 「おにーちゃん、減点」 「なんでだよっ!!」 『……』  微妙にエレナも頬を膨らせてるし、何だかとんでもない地雷を踏んでしまった気がする。 『そんな事よりプリシア、そろそろ本題に入ったら?』  気まずい空気をぶった切って本題に入ってくれたピートに心の中で感謝しつつ、俺は改めて姫の方へ目線を向けた。 「本日皆様をお呼び立てしたのは……カナタ様とエレナ様の事なのです」 「『?』」 「わたくしとピートを助けて頂いた時に、カナタ様のしていた話が気になりまして……。二年後の世界からお戻りになられたとか」 「あー……」  確かにピートの母に説明する事が目的ではあったものの、その場にプリシア姫やピートも居たので、俺とエレナが未来から戻ってきたという事情も知っているのだ。 「単刀直入に聞きますが……二年後の我が国はどうでしたか?」  プリシア姫の表情は何だか不安げで、胸の前で祈るように手を組んでいた。  俺はなるべく姫を怖がらせないよう、言葉を選びながら事実だけを伝える。 「これと言って今とそんなに変わりませんよ。まあ、ピートは助けられなかったですし、姫様とは全くお会いする機会も無かったんですけど」 「聖王都に魔王軍が攻めてきたり、そういう事はありませんでしたか?」 「俺の知る限りは無いですかね。もしかすると遠出している間に攻められる事はあったかもしれませんが、国家騎士や魔術師団がそれを撃退していたら、俺達の耳には届かないので……」 「良かったぁ~~……」  プリシア姫は安心した様子で、小さくため息を吐いた。 「それと、聞いてばかりで申し訳ないのですが……二年後の世界から戻られたお二人は、どうして聖王都へ?」 「えーっと……」  少し長い話になってしまう事を前置きしつつ、俺はこれまでの経緯を話し始めた。 ◇◇  一通り話を聞き終えて、プリシア姫とピートは感心した様子で顔を見合わせていた。 『ずっと独りぼっちだったエレナが世の中を見てみたいと願って、それを叶えてあげるために冒険に出たとか、カナタなかなかやるじゃないか。見直したよっ』  感心するピートを見て、プリシア姫もウンウンと頷く。  それから姫の目線は……我が妹サツキの方へと向いた。  あ、このパターンは…… 「ところで、サツキ様はどうしてお二方と一緒に旅を?」  案の定、お決まりの質問キター!  だが、サツキは立ち上がると不敵な笑みを浮かべた。 「ふっふっふっ。私は、おにーちゃんとエレナさんをラブラブにするために一緒にいるのさ!!」 「へ? ら、らぶ???」  あんまり過ぎる宣言に、プリシア姫の目が点になった。 「お前なぁ。こういうシーンでボケるの止めろよな姫様が困ってるじゃねーか」 「私にとっては死活問題だよ!!」  何が死活問題なのか意味が分からない。  俺は呆れながら姫様に目線を向けると……何故か凄く真剣な顔でブツブツと何かを呟いていた。 「確かに現行法では他種族との婚姻関係は無効……。となると、まずはお二人には我が国を訴訟して頂くとして……関係者を事前に買収して、二人が勝訴し……ブツブツ」 「あのー、なんかえらい不穏な言葉が聞こえたんですけど」 「あ、大丈夫ですよっ♪」  ひょっとして、とんでもない人の運命を変えてしまったのでは……?  俺が不安そうにしているとプリシア姫はおかしそうにクスリと笑い、それから祈るような仕草をしながら微笑んだ。 「きっと、お二人は世の人々を幸せにするために、神様が遣わした使者なのかもしれませんね」 「俺、その神様からエレナをぶんどってきちゃったんですけど……」  苦笑しながら言う俺を見て、プリシア姫は笑って答えた。 「それでも(ゆる)してくださるのが、神様の素晴らしいところなのですよ」 ・ ・  皆を見送ると、わたくしはピートと共に中庭へとやってきた。 『良かったねプリシア』 「ええ。カナタ様とエレナ様は世界の未来を知り強大な力を持ちながらも、それを私利私欲ではなく誰かを救う為にだけ使うだなんて……。我が国で"うわべ"だけ聖者気取りの連中に、爪の垢でも飲ませてやりたいところです」 『いや、それはどうでも良いんだけどさ』  どうでも良いって……。 『あれはまだチャンスあると思うよ』 「何がです?」  私が首を傾げると、ピートはフワフワとわたくしの耳元に飛んできた。 『だって、カナタに惚れてるでしょ?』 「っ!!!」 『プリシアったら、カナタの事ずーーっと目で追いかけてるんだもん、そんなの見てたらバレバレだって。しかもカナタがプリシアに向かって可愛いとか言っちゃうし、エレナなんて最初からずーーーっと無言だよ? まったく、女の嫉妬ってのは怖いったらありゃしない』 「うぅぅ……。エレナ様になんて申し訳ない事を……はぅぅ」  わたくしが頭を抱えながら落ち込んでいると、何故かピートがニヤリと笑った。 『聖王のお姫様が庶民相手に略奪愛ってのも、なかなか(いき)じゃない?』 「なんでそうなるんですかっ!!」 『あはは、ゴメンゴメン~』  茶化しながら笑うピートを見て呆れつつ、内心で「それもアリかも」と思ってしまい、わたくしは己の未熟さと罪悪感に、再び頭を抱えるのであった……。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ステラ

    四秋

    ♡300pt 〇100pt 2019年8月15日 15時18分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    四秋

    2019年8月15日 15時18分

    ステラ
  • メイド

    Imaha486

    2019年8月15日 15時20分

    ノベラポイントまでっ。ありがとうございます~!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2019年8月15日 15時20分

    メイド
  • 猫

    ところてん祐一

    〇100pt 2020年3月7日 10時34分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あらーっ

    ところてん祐一

    2020年3月7日 10時34分

    猫
  • メイド

    Imaha486

    2020年3月7日 12時07分

    ノベラ様ポイントありがとうです~。姫たるもの、ヒロインの座を虎視眈々と狙うのも一興でありんす(・ω・)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2020年3月7日 12時07分

    メイド
  • ひよこ剣士

    kokekko

    ♡1,000pt 〇50pt 2020年5月7日 16時08分

    ええ話や(;_;)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    kokekko

    2020年5月7日 16時08分

    ひよこ剣士
  • メイド

    Imaha486

    2020年5月7日 18時58分

    姫様とピートが生還した結果、未来が大きく変わることになるのですん('ω`)b

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2020年5月7日 18時58分

    メイド
  • メタルひよこ

    Neo

    ♡500pt 〇50pt 2020年3月31日 18時05分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    Neo

    2020年3月31日 18時05分

    メタルひよこ
  • メイド

    Imaha486

    2020年3月31日 18時34分

    旧ルートの姫様は本当に救いがないので、こののんびりとした結末は大変良いのです(*・ω・)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2020年3月31日 18時34分

    メイド
  • れびゅにゃ~(茶トラ)

    千里志朗

    ♡200pt 〇4pt 2020年12月25日 15時32分

    大団円!パチパチパチ♪姫と竜の子の友情、これは絵になる、素晴らしい! ファンタジである人間至上主義て、友和を真っ向から否定してて、そんなに戦い好きか、戦闘狂か、と。 それを進めるのが権力者だと、自分は戦わん癖に、始末が悪い。カナタの旅は世直しですね。姫が庶民を略奪愛は有りと思うw

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    千里志朗

    2020年12月25日 15時32分

    れびゅにゃ~(茶トラ)
  • メイド

    Imaha486

    2020年12月25日 17時09分

    よくぞここまで。そして本作の『第一巻ラスト』に相当する第四章へようこそ(*・ω・)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2020年12月25日 17時09分

    メイド

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 愛機の挙動が悪くて、低浮上です…。

    ♡381,074

    〇20,104

    SF・連載中・32話・75,881字 kikazu

    2021年1月23日更新

    近未来——AIが国家を運営する世界。 生徒数一万人を誇る、関東第7学校の学生でありながら、高収入で眉目秀麗の超エリート——性格が非常に残念で、女子が苦手な事以外はパーフェクトの男子高校生、木ノ下翔太は寝てる間に、国家的プロジェクトのVR MMO 歴史シミュレーションゲーム「天下統一」のプレイヤーとして、忠実に再現された仮想世界の戦国時代へと、送り込まれていたのだった。 「 本当の戦国時代 」は小氷河期を迎え、現代の言語や価値観がまったく通用しない過酷な世界。 そのような中——彼のアバター、戦国大名オダさまのスペックは完全にポンコツ。パラメーターは全滅。 固有のSSSスキル「 トンズラ 」とSSスキル「 逆ギレ 」など、ネーミングが奇抜なだけで、まったく役立ちそうにもない。 軍師のアマバネは見た目こそ絶世の美少女だが、能力でいうと——性格破綻者のポンコツ。他の家臣も似たり寄ったりである。 ログアウトすら儘ならない状況で、ゲームクリアの条件——天下を統一する可能性は0%と判定される始末だが、クリアに失敗すると他の賞金目的で参加しているプレイヤーたちと同様、身の破滅——莫大な違約金が発生すると宣告され、一念発起・一発逆転、裏ではた迷惑な『 人類淘汰計画 』を企む国や、ゲーム運営相手に——ポンコツだらけの家臣団を率いて、この仮想世界から絶対に脱出すると誓うのだが……。 第一章は「 小田原城攻略作戦 」までを書き進めていきます。

  • 姫と宝と仲間達! 胸が熱くなる冒険を!

    ♡292,900

    〇11,425

    異世界ファンタジー・連載中・80話・166,076字 海風 遼

    2021年1月26日更新

    世界的に著名なクリエイターやAI研究者らにより開発され、月旅行シャトルで大々的に宣伝されるゲームがあった。 それは剣と魔法の世界を舞台にした奇妙なシミュレーションRPGだった。 ハヤトはゲームの王子になりきり一人で盛り上がる。 ところが暫くするとゲームキャラ達と自然に話せるように? 「なるほど、会話でゲームを進めろと? さすがAI時代だよ」とお姫様と話をしていると大変な事になってしまう!! (イラストは第一章で登場するラナです。ファンアートでmao様が描いてくださいました)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡710,200

    〇4,970

    異世界ファンタジー・連載中・152話・704,899字 普門院 ひかる

    2021年1月27日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22 部門別日間ランキング1位)

  • 2021年1月27日更新

    自称「三流開拓者」ドゥーンは、魔獣大陸であらゆる裏方仕事をこなしギルドに貢献していたが、ある日突然セクハラ疑惑によって追放の憂き目にあう。 大陸第四位ギルド「暮れずの黄昏」を追い出されたドゥーンは、元同僚のギルドマスターや追放事件の首謀者を見返すため、妹と共にギルド「明けずの暁」を立ち上げ、再起を図る。 一方、ドゥーンを追放すべく、「暮れずの黄昏」のギルドマスター・トワイライトをそそのかした有翼の麗人・マティーファは、ギルドの実権を手にするため走り回るが、その先々で付き纏うのは、無能と見下していたはずのドゥーンの影だった。 そうしてマティーファが苛立ちを重ねる中、「暮れずの黄昏」のトワイライトは、ドゥーンのいない「暮れずの黄昏」が、もはや第一線で活躍できる地力を保てなくなっていることを悟っていた。 没落し、映えある最前線から退く羽目になっていく「暮れずの黄昏」だが、一方の「明けずの暁」は、ドゥーンの活躍(脅迫・賄賂・力づく)によって地位を上げていく。 こうしてドゥーンとトワイライトが率いる両ギルドは、下剋上を夢見る中堅ギルドたちの仲間入りをし、図らずも幾度となく衝突を繰り返す間柄となっていく。 しかし、ドゥーンとトワイライトのふたりは、気づいていなかった。 100年もの長きにわたり、魔獣が跋扈し続けた大陸が、今、過去最大の過渡期を迎えつつあることを──。