おひとよしシーフ(Lv99)による過去改変記

046-魔王四天王「炎のメギドール」との戦い!

【聖王歴128年 緑の月 43日 夕刻】 <フロスト王国北部 雪原地帯> 『これはひどい』  顔をひきつらせながら呟くハルルを見て、フルルは無表情ながらウンウンと強く頷く。 『え、駄目……でした?』  俺は首を横に振ると、不安そうにオロオロしているエレナの頭を優しく撫でた。  というわけで、俺達は今フロスト王国北部の雪原へとやって来ている。  もちろん目的は魔王四天王「炎のメギドール」を迎え撃つため。  ……だったのだが。 「これ、伝記として書き残したら後世まで伝わるバカ話だよね」 『その言い方はどうかと思うよサツキちゃん……』  サツキとユピテルがのんびりと空を見上げた先には、何の変哲もない曇り空が広がっているが、実はさっきまでそこに居たのである……炎のメギドールが。 『炎に包まれたゴーレムを冷却すると単なるゴーレムになる……。とても勉強になった……』  ――少し話はさかのぼる。  俺達はメギドールの襲撃から都を護るため、事前に北門の外で待ち伏せしていた。  そして夕日が沈む頃、そいつは現れた。 『カナタにーちゃん、あそこっ!!』  夕闇に染まる空に一筋の光が現れると、その光同士が繋がり、空中に巨大な魔方陣を描きだした。  稲光を辺りに散らしながら空の一郭を切り裂くように現れたのは、炎に包まれた巨大な岩……いや、ゴーレム! 「間違いない! ヤツが魔王四天王……炎のメギ――」 『エターナル・ブリザード・ノヴァーーー!!!』  直後、フロストの凍えた大地によって大幅に威力が増強されたエレナの一撃が空に向かって放たれた。  空に描かれた魔方陣すら見えなくなるほどの猛吹雪に襲われたメギドールは一瞬にして消火され、ポテッと地上へと落下。 『……』  雪に埋もれたままこんな顔 ( ・_・)でしばらく固まっていたメギドールは、起きあがった後もエレナを見ながら、こんな顔 (・_・)のまま呆然としている。  わざわざ自称で『炎の~』って名乗ってたくらいだし、相当こだわりがあったのだろう。  どうやら再び火を熾そうとしているのか、必死に両手で身振り手振りしているが、一向に火が付かない。  しばらくして諦めたのかこんな顔 ('A`)になると、くるりと背を向けた。  そして、自身のアイデンティティを失ったメギドールは、悲しそうに肩を落としながらどこか北の大地へ歩き去っていったのだった……。 … …… 『哀愁……フロストの空は……悲しい色……やね』 『オイラ、思わず泣きそうになっちまったよ。あんな悲しい背中ったら無いって』 「でもさー、あのメギドールってヤツ、また火が付いたら復讐しに戻ってきたりしないかな?」  サツキの素朴な疑問に対し、フルルは無表情のまま大丈夫と諭すように答えた。 『ゴーレムは(コア)が全て……。精霊エレナの攻撃で発火機構は破壊された……。もう炎は使えない……だからアレは単なるゴーレム……』 「って事は、やったねおにーちゃん! これで一件落着~」 『じゃなーーーい!!』 「!?!?!?」  いきなり大声を上げたハルルに皆が目を白黒させて驚く中、フルルも無表情のままウンウンと驚いた。 『私らの神殿をぶっ壊しておいて、何いきなり大団円で終わらせてんすか!! さっきのヤツを追い払うのと、神殿壊したのは別問題でしょーがっ!!!』 「忘れてた……」  メギドールの一件ですっかり失念していたけど、俺達が登山中に雪崩(なだれ)を逃れるために放った一撃によって、ハルルとフルルの神殿は屋根無しの(あば)ら屋状態だ。  いくら妖精だからと言っても、炎で破壊された廃墟で暮らせと言うのはいくらなんでも酷であろう。 「でもさー、責任って何すればいいの?」  のんきに問うサツキに対し、フルルは無表情のまま少し困り気味に口を開いた。 『私達の神殿は……神が世界を創造した時からあった……。地上の民の技術力では……直せない』 「そんなぁ~!」 『うう、一体どうやってお詫びをすれば……』  恐る恐るエレナが尋ねるものの、当のハルルとフルルも困り顔だ。 『ぶっちゃけ、元に戻せってのは無理なのは分かってるし、新たに立て直せってのも無理だと思うんすよ』 『でも……天井の無い場所じゃ……寒さをしのげないと……つらい』  そう言うと、ハルルとフルルは互いに顔を見合わせてウンウンと頷き―― 『とうっ!』『とー……』  サツキのモフモフ付きのフードの中にスポッと飛び込んだ。 「???」  皆が呆気にとられる中、ハルルとフルルはフードから顔を覗かせながら、とんでもない事を言い出した。 『てなわけで、私らが新たな拠点を見つけるまでヨロシクっす』 「は?」 『次は……もっと過ごしやすいトコが……いいな。雪国は飽きたし……常夏の島がいい』 「はあ」  ……ってオイ!! 「まさかついて来るつもりなのか!」 『そりゃ、こんな屋根も無い場所で凍えて暮らすわけないっすよ。里に降りたところで頼る当てもないし』 『期待してる……寒いの嫌い。レッツエンジョイ……惰眠(だみん)を貪る快適生活』  あんまり過ぎるコメントに俺は愕然となる。  というかフルルは無表情なだけで、本音ダダ漏れの感情表現がド直球ですよね!! 「っていうか君ら、フロストの都を見守る妖精じゃなかったの?」 『別に強制じゃないし』 『そろそろ時効……?』 「時効って、何やったんだよ……」  てなわけで、結局ムリヤリ押し切られる形で、ハルルとフルルがパーティに加わる事になってしまったのであった。 「あっ、おにーちゃん!」 「何?」 「首の後ろにハルルちゃんとフルルちゃん入れてると、めっちゃあったかい! ちょー快適っ!!」 「さいですか……」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • かえるさん

    Neo

    ♡500pt 〇50pt 2020年5月1日 23時13分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    Neo

    2020年5月1日 23時13分

    かえるさん
  • メイド

    Imaha486

    2020年5月2日 20時16分

    救いのないセカイを読み返すとギャップが酷いことに(・ω・;

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2020年5月2日 20時16分

    メイド
  • あんでっどさん

    男爵オルタネイティブ

    ♡400pt 〇50pt 2019年9月14日 11時40分

    メギドールさん出オチだった……ハッピーエンド……なのかこれ……?

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    男爵オルタネイティブ

    2019年9月14日 11時40分

    あんでっどさん
  • メイド

    Imaha486

    2019年9月14日 11時59分

    男爵さんも思わず困惑しめしめ。ちなみにイフリート=テッドブロイラー。メギドールさん=スナザメ、くらいの強さです(・ω・)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2019年9月14日 11時59分

    メイド
  • 十二単風ノベラ

    雪子

    ♡500pt 〇20pt 2019年9月14日 16時53分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    グッジョブ!

    雪子

    2019年9月14日 16時53分

    十二単風ノベラ
  • メイド

    Imaha486

    2019年9月14日 16時56分

    ノベラ様ポイントもありがとうです~

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2019年9月14日 16時56分

    メイド
  • 探偵

    戦闘護衛艦するが

    ♡2,000pt 2019年9月15日 0時11分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いいぞ、もっとやれ!

    戦闘護衛艦するが

    2019年9月15日 0時11分

    探偵
  • メイド

    Imaha486

    2019年9月15日 3時16分

    2000ptありがとうございますっ。次回から始まる回はもう少しイイハナシダナーにします(・ω・;)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2019年9月15日 3時16分

    メイド
  • かえるさん

    梅谷 理花

    ♡1,500pt 2020年4月25日 15時28分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    梅谷 理花

    2020年4月25日 15時28分

    かえるさん
  • メイド

    Imaha486

    2020年4月25日 22時19分

    まさかのギャグパートでした!(´・ω・`) でなければ、ハッピーエンド到達が難しそうな相手なのです…

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Imaha486

    2020年4月25日 22時19分

    メイド

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 不思議な世界をさ迷うお話。

    ♡11,900

    〇0

    文芸/純文学・完結済・12話 径楓

    2020年6月3日更新

    「本当にごめんね。許してなんて言えないよ。ただ、もし願いを叶えてくれるなら……」 耐えがたい眠気に逆らって僕は目を覚ました。 自分が何者か分からない。ここがどこかも分からない。 目の前には息を呑むほど美しい光景が広がっているだけだった。 立ってるだけじゃ何も変わらない、と僕は一歩踏み出した。 不思議な世界をさ迷う「僕」。 はしゃいだり、驚いたり、感動したり。 「僕」と一緒に旅をしてみませんか。 ※この作品はステキブンゲイ・エブリスタにも掲載しております。 ※感想やスタンプをいただけたら嬉しいです。

  • 嘘を見破れなければ作品を読むのは難しい

    ♡115,331

    〇700

    恋愛/ラブコメ・連載中・64話 桜川凛

    2020年7月6日更新

    大切な妹の春月へ、 あなたが転生者であると聞いて驚いています。 だけども、その事実が智絵里を救うことのためらいをなくしました。 死ぬことが怖くないなんて言わない。 ――ほんとは、生まれてこなかったことになるのだから、 死ぬよりももっと怖いのかも知れないけど。 この世界で智絵里が救われて、みんなが幸せになれば私は消えます。 春瀬美月という人間はいなかったことになります。 それでも、エヴァリーナお嬢様の使用人――不良なルチアはあなたの記憶の中にあります。 私はそれだけで充分です。 誰かの記憶にあるのだから、すなわち生きていると言ってもいいんだ。 ルチアとしての話は語るべくもありませんが、 春瀬美月の話は「ササラ」と名乗っている女の子に聞いてください。 彼女ならばすべて話してくれるでしょう。 繰り返しますが、あなたの記憶の中にわたしがあるのならば、 わたしは生まれてきてよかったと本当に思います。 お母さんとも仲良くしなければ駄目ですよ? 幼なじみの美留ともです。 この世界ではお母さんでもなければ、幼なじみでもないかも知れませんが、 あなたの大好きな智絵里が大好きな二人ですから、きっと仲良くなれるはずです。 マッキーとも、聖歌姉さまとも、仲良くしなければなりませんよ? 一見すると怖いかも知れませんが、聖歌姉さまは7段の掛け算が出来ません、今度いじってあげましょう。 お母さんの妹、パナリィーンもとってもいい子です。 学園長である、アサツキ様もとってもいい人です。 乃絵美とヒナタはついでくらいに仲良くしておけばいいです。 最後に、みんなと仲良くなったあなたは私のことを忘れてしまうことでしょう。 忘れてしまえば、悩むこともありません。 姉はそれを願っています。 ――知ってましたか? このあらすじ、実は全部女神が考えたんですよ? 【警告】 今作品は作品を書くクリエイターに悪影響を与える、思想、ネタ、発言などが多々存在します。 全ては嘘っぱちであり、真実ではありませんので重々承知してくださるように願います。 https://estar.jp/novels/25566259/viewer?page=1 読むのは必須ではないですが、みんな苦労してるんです……

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る