おひとよしシーフ(Lv99)による過去改変記

第四章 エルフの少年ユピテル

022-想定外の来訪者

【聖王歴128年 青の月 35日 同日午後】 「というわけで、おにーちゃん。エレナさんとデートに行きなさい」 「何が、というわけだよ……」  城から戻って早々、サツキが突拍子も無い事を言い出した。 「おにーちゃんが奥手で優柔不断で八方美人のクソ野郎ってのは分かったから、アレを何とかしなさい」 「言い方ァァァーー!!! ……って、アレ?」  サツキが指差した先では、不機嫌そうに頬を膨らしたエレナがジト目でこちらを見ていた。 「あの、エレナさん……?」 『なんですかー』 「怒ってらっしゃる……?」 『怒ってなんかないですよー』 「その割に雰囲気が怖いというか何というか。何かご所望では……?」 『所望ですか。……単に、どこか良い感じのカフェで、良い感じのスイーツとか頂いちゃったりして、何だか心がワクワクするような楽しい一時(ひととき)とか思っているかもしれませんね?』 「承知しましたァーー!!」 ◇◇  正直な話、何が何だかサッパリなのだが、俺はエレナと二人で南街へとやってきた。  聖王都プラテナは東西南北四つの街が十字型にくっついたシンメトリー構造になっているのだけど、当然ながら場所が違えば人も店も違う。  南街は若者向けの飲食店が多いのが売りで、要するにデートスポットというヤツである。 『~♪』  そして、南街で最近流行っている話題の「いろんな形に切って盛り付けたフルーツの山」を前に、さっきまで修羅のように殺気立っていたはずのエレナはとっても御満悦の様子。  そういえば、聖職者のメアリーさんに護衛を頼まれた時も突き飛ばされた事もあったし、何とも女心というのは難しいなぁ。 「何気にエレナと二人で食事って初めてなんだな。いつもサツキがくっついてたし」 『あはは。サツキさんはお兄ちゃん大好きっ子ですからねぇ』  ウサギっぽいデザインのリンゴをモグモグしながら、エレナが不思議な事を言う。 「大好きっ子って……。その割にさっきクソ野郎とか言われたんだけど」 『まあまあ、それも好意の照れ隠しみたいなもんですって』  我が妹ながら何ともひねくれた愛情表現には、おにーちゃん困ってしまうよ。  ……まあ、サツキがベッタリ甘えてきたら、それはそれで不気味なのだが。  そんな話をしていると、周りの人達が何やら色めき立ちながら北に向かって移動し始めた。 『何かあったのでしょうか?』 「んー……ああ、なるほどな。どうやら、プリシア姫とピートが御披露目で街に顔を出したみたいだ」  国王の鶴の一声でピート達が聖竜と呼ばれるようになったものの、それを国中に周知するにはまだまだ時間がかかるのである。  どうやら、周知活動を促進しつつ姫が外出したいという「おてんばな欲求」を両立できるという理由から、聖王都の民や冒険者へ顔見せをする目的でプリシア姫とピートが街を練り歩いているんだそうな。 『プリシア姫とピートさん……二人とも幸せそうで、本当に良かったです』 「ああ、全くだ。シャロンの時も思ったけど、やっぱ何て言うか……嬉しいよなぁ」  言葉で表現するのは少し難しいけど「嬉しい」が一番近い気がする。  エレナも同じなのか、さっきまでのふくれ面が嘘みたいに優しく笑った。 「そういや、吟遊詩人がプリシア姫とピートを讃える弾き語りとかも出てきたらしいよ。酒場に行けば聴けるってさ」 『へぇ、何だかカッコイイですね~』  噂によると、怪我をしたピートをプリシア姫が治療してあげたところ呪いが解け、本来の姿である聖竜になった~みたいな内容で、ラストシーンでは誘拐されたプリシア姫を聖竜ピートが救出する話らしい。  当然ながら俺達の存在は微塵も出てこないのだけど、シーフとその仲間達がドラゴンに乗って真夜中に城の警備を突破したなんて話が広まるのは非常にマズイので、このまま作り話が広まってくれる事を願いたいところだ。 『そして、人族の姫と竜族の子は親友として寄り添い続ける……。はぁ~、異なる種族同士が互いの価値観を認め合い共存できるって、とても素敵ですよねぇ』 「そうだなー」 『ああいうのって、憧れますねぇ』 「うんうん」 『やっぱり、種族の違いなんて些細な事ですよねぇ』 「お、おう」  なんかエレナがすごくグイグイ来る!?  俺は少し戸惑っていると、エレナの顔が近づいてきた。 『私は、カナタさんとずっと一緒に居たいです。これからもずっと……ずーっとです!』 「お、おう」  同じ返事を繰り返してしまったが、それからエレナはジッと俺の目を見つめたまま黙ってしまった。  これは、何か返事を待っているのか……? 『……』 「……お、俺は……いや、俺も……エレナとっ!」  そして―――― 「食い逃げだーーーーーっ!!!」  いきなり屋台の方から聞こえた叫び声に俺達はハッとなると、元の距離に戻った。  さらにその直後、近くでガタッと物音がして、そちらに目を向けると…… 「くそったれええええぇぇぇーーー!!! 何でこのタイミングな゛ん゛だ゛よ゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛ーーーーーー!!!」  ……物音の正体はサツキでした。 「お前、なんでコソコソ隠れてんの……」 「このシーン! この雰囲気! この流れで! まさかの食い逃げイベント!! 空気が読めないにも程がっ!! あたしのこの想いの行方は何処へ……こんにゃろおおーーーーーあ痛ぁっ!?」  カフェのど真ん中で騒ぐ愚昧をチョップで黙らせつつ、叫び声が聞こえた方へ目を向けると、頭にボロ布を被った少年が席の間を縫うように走り抜けている姿が見えた。  小さな手には茹でたジャガイモらしきモノが握られている。 「なるほどな。こういう大きい街だったら、そりゃこういう子もいるよなぁ」  俺は何ともやるせない気分で逃げる少年を眺めていたのだが、サツキはそれを指差しながら俺の肩をバシバシと叩いた。 「泥棒なんてダメだよっ!! あんにゃろーを一発殴……じゃなくて、捕まえなきゃ!」 「お前めっちゃ本音が漏れてんぞ……。でも、しゃーねえかなぁ」  あまり気乗りしなかったが、フルーツに刺さっていた木串を右手に握ると、魔力を込めて…… 「影縫いっ!」  俺は少年の走る軌道を予測し、右手のそれを真っ直ぐに投げた。 『うわあっ!?』  投剣の要領で投げた串は見事に食い逃げ少年の影を捕らえ、毎度おなじみ影縫いスキルが発動した。 『な、なんだよこれっ! 動けっ、動いてくれよぅっ!』 「まあ、食い逃げする方が悪いって事で」 『なっ!? ちくしょー! こんなトコで捕まってる場合じゃ無いんだよぉー! うわーん、助けてぇー! ねーちゃーーーんっ!!』  往生際が悪すぎるガキンチョだったが、結局やってきた店主に捕まると、ズルズルと引きずられていった。 「聖王都っつっても、やっぱり皆がみな金持ちって訳無いもんな」  俺がぼやいていると、エレナが目を細めながら少年をジッと見つめ……顔色が変わった。 『カナタさんっ!!』 「ん?」 『あの男の子、エルフですよっ!!』 「「ええええーーっ!!?」」 【簡易ステータス表示】 レベル:13 名前:ユピテル 職業:弓手 内容:森エルフ 性別:男 属性:無 年齢:12  俺は慌てて席を立つと、エルフの少年を引きずりながら怒り心頭な店主のおっちゃんに話しかけたのだった。

サツキ CV:藤○竜也

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡529,150

    〇3,598

    SF・連載中・85話・485,038字 新星

    2021年1月24日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 思い付きで書くので、気まぐれです。

    ♡2,900

    〇50

    詩/短歌・連載中・4話・3,048字 ぷりん頭

    2021年1月27日更新

    不意に思ったことを即興でストーリー性あるものに、忘れないうちに書き殴る。 完全ぷりん頭の自己満足の作品となっております。 サラッと読めるように短めになっていますので、好きだなって思ったらぜひコメント、スタンプお願いします。 とりあえずぷりんが食べたい。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 伝説の勇者が正義ではなかったとしたら?

    ♡18,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・85話・210,027字 コーキ

    2021年1月27日更新

    この世界には人間族と魔族という種族が存在する。 人間族とは神と人の間に誕生した種族と言われ、自然の力を己の糧として行使する『魔法』という力を持っていた。 対して魔族とは人間族とは異なる姿をした種族。 翼や尾、角などの身体的特徴を持ち、その容姿を活かした様々な特殊能力を持っていた。 両者はシルヴェスタという地で顔を合わせることなく暮らしていたが、ふとしたきっかけで争いが起きる。 互いに相容れない両者の争いはシルヴェスタ全土へ一気に広がり、各々が王を立ててシルヴェスタを我が物にしようと戦争を始めたのだった。 魔法による遠距離攻撃によって争いは人間族が優勢を見せていたが、魔族は空からの攻撃や奇襲で人間族に対抗する。 お互いの消耗戦が続く戦争は100年に渡って繰り広げられ、両者の総数が3割にまで減少すると、拮抗状態のまま冷戦に突入する。 永久に続くかと思われたこの人間族と魔族の戦争は、人間族側に現れた一人の男によって終息を迎えることになる。 勇者エターニア 魔族に劣らない戦闘力を持ち、魔法をも使いこなすにエターニアは、魔族の軍勢を見事に掻い潜り直接魔族の王グリザイアを討ち倒したのだ。 王を失った魔族は浮足立ち、人間族に一気に押されてシルヴェスタ南西に位置するルーツ山脈へと追いつめられる。 全滅するかと思われた魔族だったが、人間族にはルーツ山脈へ逃げ込んだ魔族を掃討する力は残っていなかったのだった。 かくして 人間族はシルヴェスタ国のほぼ全土を、魔族は国の2割にも満たないルーツ山脈方面を生活圏とし、100年に渡って続いた人間族と魔族の戦争は、人間族側の勝利で幕を引いた。 これは、そのシルヴェスタという一つの国の500年後の物語である。 この物語はフィクションです。 実在する企業、団体、名称とは一切関係ありません。

  • 謎の少女と鍵に導かれた少年の成長物語

    ♡26,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・30話・75,578字 彩羽 心(いろは こころ)

    2021年1月27日更新

    キャッチコピー:ふしぎな世界で少年が目にした真実、異世界とは……真実が今、解き放たれる 三流と馬鹿にされ続けた三流(みるる)、暴走族を壊滅させて総長となった幼馴染とともに剣道部に入った。 それもこれも彼女を悪の道から引き戻し、僕のタプタプしたお腹を凹ませるため。 そしていつか彼女とアツアツデートをするんだ! そんなある日、学校全体を巻き込む魔法陣と共に不思議な世界に多くの者が飛ばされた。僕たちを連れ去った者はいったい何者なのか! 魔法が進化したこの世界を知るため……一葉を助けるために僕は旅をする。仲間になった女の子たちとともに…… 僕の考える最強の攻撃を携え、ドタバタと鍵集めが始まる。 そして…… あたりまえに生活していた日常の世界、鍵に導かれ飛ばされたふしぎな世界のつながりを知ることとなる。