SF 長編 連載中

ダイヤグラムの城

作者からの一言コメント

ハードSF特集!詰込めるだけ詰込みます

 感情が毎日リセットされる「エデン」において、アイはイレギュラーであった。  終には追放を迎えた日、「エデン」に向けて、コロニーが落とされる。  「愚かな選択から、人は逃れる事ができないのか?」  星外人類と共に、アイは新たな未来、人類の想像を開始した。  イメージソング 「wite&see〜リスク〜」宇多田ヒカル  (謎PVとの関連性はありません) ※ 内容的にはガチのハードSFです。古典的なSF要素を詰め込みますので、入門書になれば幸いです。 (ラノベのつもりで書いています) ※ もろパクリ設定が出てきますが、最早「お決まり」という事で受け流して下さい。 ※ 連作になりそうです……。一部は10万字くらいで終わらせる予定です。(かなり長くなりそうです……) ※ SF初心者なので、指摘がありましたらお知らせください。全力で参考にします。 ※ エブリスタにも掲載中です。基本そちら先行、所設定、解説などはそちらコラムにて掲載しています。 『参考図書』 アーサー・C・クラーク 「幼年期の終わり」 アイザック・アシモフ 「われはロボット」 ロバート・A・ハインライン「宇宙の孤児」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ダイヤグラムの城
作者名 水谷 遥
ジャンル SF
タグ SF 恋愛 異世界 未知との遭遇 宇宙移民 記憶喪失 民主主義
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月19日 21時00分
最終投稿日 2020年9月13日 21時00分
文字数 57,572文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 西部劇×SF=百合!?

    ♡500

    〇200

    SF・連載中・29話・101,393字 ジョンブルジョン

    2020年10月25日更新

    地球から飛び立った数十にも及ぶ移民惑星探査船団。 その内の一つ、第12船団が長い旅路の末辿り着いたのが惑星XIIアースで有る。 船団が到着し200年あまり。 地表の大半を砂漠に覆われ、頻繁に砂嵐が吹き荒れる過酷な環境下でも人々はしぶとく生き残っていたが、その文明レベルは大きく後退していた。 地表に辿り着けず墜落した船も多い。 そんな船の残骸から過去の遺産と呼ばれる、ロストテクノロジーを探し出すのを生業とする者達がいた。 『賞金稼ぎ』と呼ばれる者達だ。 女賞金稼ぎルビーはひょんな事から見つけた過去の遺産で有るアンドロイドのサファイアと共に、今日もお宝を求め荒野をさすらう。

  • 2020年10月25日更新

    がたいが良くて理系脳の多趣味で気弱な若者が、どう考えても罠としか思えない課程を経てパイロットをさせられた。 そんな彼の配属されたのは諜報機関と同じ指示系統の「特殊な部隊」。ある才能を見抜かれて「特殊な部隊」運命を変える選択を迫られた。 その部隊名は長すぎて不便なのでは略称「火盗」と呼ばれる「特殊な部隊」とされている。 辞令を受け取った彼を迎えに来たのはちんちくりんな「人類最強」のエースを名乗る口の悪い幼女。 彼女に連れられて行った先には、駄目人間でインテリ、「プライドを捨てた男」を自称する奇妙な隊長だった。 他にも勤務中にバイトで下請けのシステム開発をしている、バイオノイドの女小隊長。 銃を肌身離さず持ち歩く気分屋でいつ発砲するか分からないフォーク命で女ガンマン気取りのサイボーグの下で働けという。 さらに運用する艦の艦長は「脳ピンク」隊長の言う事を本気で信じていてギャグしか頭にないバイオノイド。 必要と感じないと割り算すらできないが何故か人望がある生涯「ワル」の技術班長など、ほとんど犯罪者寸前の馬鹿ばかり。 そんな犯罪者一歩手前のイカレタ連中と生活して、彼らを理解することで若者は成長していく。 彼はある事件をきっかけに強力な力に目覚める。 それはあってはならない強すぎる力だった、その選択が宇宙のすべての人々を巻き込む戦いへと青年を導くことになる。 コアネタギャグ連発のサイキックロボットギャグアクションストーリー。