西暦2041年、町工場の廃墟より

 ──アカ001、エラー発生。記録レコードが誤作動しています 「親父さん!」 「おう、なんだ?」  エラーが発生するより以前から、こんな会話を聞くことが多かった。 「親父」というのは父親という意味だと、データベースから探し当てる。 「親父さん」はたくさんの人に慕われていた。その理由は、データベースにはなかった。  ある日、ふと、知識を増やしたい欲求に駆られた。それを人は、「興味を抱いた」と表現するらしい。 「アカ001です、失礼します」 「……ん? 何だよ。今は業務外だぞ」 「『親父さん』は、とても人気ですね」 「そりゃあまあ、みんなの親父さんだからな」  この人達はみな、「親父さん」に作られたということだろうか。なるほど、それはとても偉大な人と言える。 「アカ002、親父さんは、この工場全員の父親だそうです」 「アカ001、それは、業務内容の指示ですか」  その頃から、そっくり同じ外見の彼と「自分」が、どことなく違う存在に思えてきた。  兄弟、という言葉を、データベースから探し当てる。相手をそう呼称すると、「私はアカ002ですが」と訂正されてしまった。  知りたくなった。親父さんのことを。  知りたくなった。この場所のことや、「人間」のことを。  知りたくなった。もっと、もっと、多くの、あらゆることを。  この機器の中身は、どうなっているのだろう。 「私」も機械ならば、私たちは仲間ということにな  ──アカ001、機体損傷。ソフトウェアを修復できません 「危ないってのは、見てわかるんだけどなぁ……」 「『見る』だけじゃわからなかったんだよ。機械だから、危険かどうかってのは予めプログラムしておかないと……」 「そこら辺も含めて報告案件かな。そのための試作品だし……って、親父さん?」 「……中身は、やっぱりネジとか油か……。……機械のことくらい、サボらずに教えてやりゃあよかったな……」  ──記録終了。機能停止します  ***  かつて起こった「事故」を「親父さん」は酷く後悔し、私のプログラムを大幅にいじったらしい。  アカ001の遺した記録データも「私」に移植され……結果、エラーまでもが引き継がれてしまった。今、不必要な記録を検索したのも、そのエラーのためだ。  ──アカ002、その動作は許可されていません  ──至急、避難行動を開始してください  人口色の赤い髪と瞳が、壁の鏡に映し出されている。  同じ色の炎が揺れている。 「親父さん、どうして」  ──危険地帯です。プログラムにより、動作が許可されていません  足が動かない。  前に進まない。 「親父さん……!」  私は、みなを守らなくてはならないはずだった。  私は、労働によって人間が傷つかないように生まれたはず。……それなのに。  ──アカ002、エラー発生  ──至急、避難行動を取ってください  ──アカ002、強制移動します  足が動いた。  1人、いや1体、逃げ出すように、駆け出した。  私が人間だったのなら、ほかの人たちのように、親父さんの仲間になれたのだろうか。  私が人間だったなら、親父さんと共に燃え尽きることができたのだろうか。  先に壊れた「兄弟」を思い出す。  親父さんは、私のプログラムを改変した時……なんと、言っていた? 「もう、あんな目に遭わせたりしないからな……」  ──アカ002、バッテリーが不足しています  ──スリープモードに移行。レコード再生を停止します  どうして私は、人間じゃないんですか。親父さん。  ……どうして、こんなエラーを放っておいたんですか。  原則に反した私には、大切な場所すら守れない。  機械でできた身体は、土に還ることもない。  お願いします。私を、置いていかないでください。こんなの、壊れるよりも酷いです。……ねぇ、親父さん……こんな感情(エラー)、必要なかったでしょう……?  ──アカ002、バッテリーが不足しています  ──シャットダウンを開始します 3...2...1...

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • I love wicks.

    ♡41,100

    〇0

    SF・連載中・24話・47,519字 Autor e Art 空ゾンビ

    2021年1月27日更新

    Hero is a young man who dreams of surpassing his father and becomes the greatest mecha legend.

  • 高校生4人に守られた世界の話。

    ♡1,700

    〇0

    SF・連載中・6話・14,666字 クロナツ

    2021年1月27日更新

    今よりも未来、デザストルと呼ばれる未知の脅威によって追い詰められてしまった人類。彼らは『居住都市』と呼ばれる都市に立てこもり、その身を守るしかできなかった。 そんな居住都市に襲い来るデザストルから人類を護るために造られたのが『防衛都市』。 人類はこの防衛都市に住むたった4人の高校生に護られて滅亡を逃れていた。 普通の高校生として暮らしながらデザストルと戦う日々で彼らは少しずつ世界の秘密を知ることになる。