現代/青春ドラマ 長編 完結済

麻雀JKクラブ!! エピソード・ゼロ ~魔王が生まれた日~

作者からの一言コメント

ふかみゅーさん企画参加用です(*´ω`)

読了目安時間:1時間16分

麻雀JKクラブ!! エピソード・ゼロ ~魔王が生まれた日~の表紙

 自作「麻雀JKクラブ!!(改稿版)」のエピソードゼロに該当するスピンアウト作品(本編の人間関係を描く「ヒューマンドラマ」)です。  主要人物である「黄泉」と「傑」二人の視点から物語を描いています。 ※本作に対局描写はありません。 ※本編「第一部」のネタバレを含みます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 麻雀JKクラブ!! エピソード・ゼロ ~魔王が生まれた日~
作者名 ファル
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ノベプラオンリー 麻雀 最強主人公 シリアス ヒューマンドラマ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年3月1日 11時28分
最終投稿日 2021年3月18日 8時00分
完結日 2021年3月7日 17時45分
文字数 37,880文字
読了目安時間 1時間16分
ブックマーク登録 8件
コメント 50件
スタンプ 62件
ビビッと 8件
応援ポイント 47,100pt
ノベラポイント 113pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 期待外れ

    野田さんという人から聞いた話

    600

    0


    2021年9月17日更新

    2021年9月16日に行われた「世界小説化計画」で書いた掌編です。 この時のお題は「嘘のような本当の話」でした。 百万年ぶりくらいに不思議なことがなにも起こらないお話を書いていますので、よろしくお願いします。 ※イラストは些細ツキ様(https://skima.jp/profile?id=66967)に描いていただきました。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 佐野千秋の勤務日誌〜エクセリオンのジャンヌダルクと呼ばれた女〜

    OLのサクセスストーリー(アクション付)

    19,300

    20


    2021年9月17日更新

    世界有数の商社エクセリオンの日本支社に勤める主人公、佐野千秋は企画3課の主任である。 半年前に配属されたばかりなのに、大口のコンペを任される。孤軍奮闘するなか、突如として横領の濡れ衣を着せられ、さらにはコンペ相手から襲撃されるという情報を得てしまった。 逆境の最中、千秋は仲間の協力を得て反撃に出る。 OLのサクセスストーリーです。 毎朝6時に更新

    読了目安時間:2時間33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 何がどうなっても転生できないだろうから妄想・空想・駄文・紹介・練習なんかを気まぐれに垂れ流す件!!!

    みんなあつまれ ネタのかたまり!

    3,100

    0


    2021年9月16日更新

    一言コメントは某キャッチコピーから。 タイトルは転生うんぬんを適当に。 ようこそ、本ページへ。 ココは「筆者ののあ」が書きたい物を書く場所である。 これが役に立つか立たないか、面白いかつまらないかは個人が決めるものだ。 まあ「ののあ」が何を考えて生きてるか伝わるぐらいの意味はあるだろう。 こんなヤツでもなんか交流したい! そんな人は大歓迎だ、好きなだけコメントしてくれ!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    58,200

    375


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む