現代/その他ファンタジー 長編 連載中

人でなしのいろは

作者からの一言コメント

真実を知った時、少女は己の存在を問う。

「君は、鏡の中の自分に向かって敬語で喋りかけているような、そんな人間だね。全てが他人事。そう、自分でさえも」  九頭竜(くずりゅう)探偵事務所に所属する少女——『友(とも)』は、ある日、幼い少女の世話をする依頼を受ける。  彼女の名前は、『いろは』。詳しい事情も分からぬまま、友は彼女と一緒に生活することになるが——。  時を同じくして、巷では人間の凶悪化事件が巻き起こっていた。  不思議な幼女と、事件の真相は裏社会をも巻き込み、やがて友は己の存在を問われることになる——。  交わるのは、この世の絶対権力である三つの名家——『三界』。 【鴻上−コウガミ−】 【時織−トキオリ‐】 【身代−ミノシロ−】  三人の王にまつろうは、血で血を洗い、何よりも血で繋がる異能世界の住人達ーー七人の魔女をそれぞれ党首とする、混沌と暴力の埒外集団『七忌名(しちいな)』。 《研究》の≪下上-サカガミ-≫ 《戦闘》の≪若紫-ワカムラ-≫ 《技術》の≪空繰-カラクリ-≫ 《暗殺》の≪糸色-イトシキ-≫ 《支配》の≪七星-ナナホシ-≫ 《商売》の≪孤子-ミナシゴ-≫ 《観察》の≪神鳴-カミナキ-≫  少女が抱える秘密。事件の真実。忌能の存在。全ての真実を知った時、友が選ぶ選択とは——?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 人でなしのいろは
作者名 囲味屋かこみ
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 幼女 アクション/バトル 女主人公 現代日本 異能 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年1月11日 23時15分
最終投稿日 2020年2月8日 19時30分
文字数 62,812文字
ブックマーク登録 41件
コメント/スタンプ 81件
応援ポイント 53,400pt
ノベラポイント 30pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡346,300

    〇2,434

    SF・連載中・66話・369,815字 新星

    2020年9月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 極めて残酷な描写あり

    ♡3,700

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・7,012字 松岡良佑

    2020年5月4日更新

    とあるレンタル店で働く男と来店客の悲劇の物語――― 誰もがこんな悲劇に見舞われず、笑顔で過ごせる世界になる事を願って記す――― 読めば『必ず』人生の役に立つハズです――― 時代は変わってもこの手の問題は常に溢れているのだから――― ※:小説家になろうからの転載です。より多くの人が注意する事を願って―――

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る