異世界ファンタジー 長編 連載中

オットー・フォン・ハイデッカーはゲーム脳∵悪魔の軍団

作者からの一言コメント

(´・ω・`)ノク夕ソの続き。

読了目安時間:2時間10分

(´・ω・`)諸君!!なろうで書いて居たヤツの続きだ!! 公爵三男に生まれて、この世界がゲームの中だと知った。 俺は主人公に敵対する貴族の悪役だ! 脂肪フラグがなんだ!! 全て捻り潰してやる(物理。) だが!主人公は出てこない! 隣の帝国はゲームより早く攻めてくる!! 悪魔が来りて法螺も吹いた! 人類半分滅亡レベルの長い冬を、この先生きのこった!! 悪魔も魔王も何処かに行ってしまった! さあ!次は森と荒野の領地を開拓だ! 俺の領地の何処かにゲームの魔王のダンジョンが有るハズだ! 俺の脂肪フラグが留まるところを知らない。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 オットー・フォン・ハイデッカーはゲーム脳∵悪魔の軍団
作者名 ヌー絶対コ口すマン
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ギャグ 男主人公 工口フ ミリタリー ハーレム チート NC-17(を目指) 百合 NTR フ夕ナリ (´・ω・`)
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年12月21日 7時00分
最終投稿日 2021年5月3日 8時00分
完結日 -
文字数 64,831文字
読了目安時間 2時間10分
ブックマーク登録 317件
コメント 176件
スタンプ 1,286件
ビビッと 19件
応援ポイント 4,937,400pt
ノベラポイント 22,160pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    406,250

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • 輝鑑

    斯くて、逆浦転生者は聖なる理想郷を掲げる

    602,700

    9,543


    2021年5月9日更新

    〽とざい とーざい これに口上を勤めまするは華研えねこなる者にて候 とざい とーざい… お初にお目にかかります これなる物語で語りしは 今は昔 帝国暦がまだ百にも満たぬ 海の向こうの本朝諸島 野望に燃えた若き日の初代帝王、垣屋続成の前半生でござーいー さあさお集まりの皆々様 お楽しみあれー 戦国時代。それは勇猛果敢な猛将とそれを手駒として操る権謀術策巧みな知将、そしてそれをも飲み込む天運の持ち主が駆け抜けた日本史上でも類を見ないほどの荒れ狂う大海原。 だが、ほとんどの人は桶狭間から本能寺、良くて関ヶ原までしか知らないという方が大多数ではないだろうか?無理もない。戦国時代はある男によって終わったといっても過言ではないからだ。 織田信長、それがその男の名前である。 ここに一冊の書物がある。信長公記である。信長の家臣、太田牛一が書いた日記帳の一部であり、今日の信長像の建設の土台といっても差し支えない書物である。 だが、たとえ戦国を終わらせた君主、信長の一家臣といえど見える風景には限界がある。現に首巻とはいえ信長公記原本には桶狭間は天文年間とすらかかれている。 では、歴史は何も語らないのか?いやそうではあるまい。 もし、たら、れば。一見意味のない繰り言に聞こえるだろうが、これは思考実験や文学には欠かせない調味料である。いわば塩のようなものだ。IFのない作品など、この世にはありはしない。当たり前だ。IFのない文章はただの記録なのだから。 そこで当方では、このようなもしもを考えてみた。 「もしも、織田信長以前に天下取りや合理的思考、世界を相手取れるだけの大戦略を考えるだけの人物が存在したのなら?」 もちろん、そのような人物は歴史上にはいないと言ってもいい。しかし新武将を作るというのでは少々塩分過多だ。ではどうするか。未来から魂魄だけでも引っ張ってくればよい。ちょうど日本には著名な武将の子孫だと語る人物は結構な割合で存在し、その中でも結構な割合で本物は存在するからだ。 あとはそこから数十年ほど早い天下取りを仕掛けてしまえば信長がどう動くか、見物ではないだろうか。 斯くして、応仁の乱よりせいぜい数年しか経っていない「ある時期」にその起点を設置してみた。 皆々様のお口に合えば幸いである。

    読了目安時間:15時間46分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 今世ではイージーモードで頑張ります

    非モテヒロインがチートで幸せになる話

    14,200

    0


    2021年5月10日更新

    ※セルフレイティングは念のためです。 あらすじ: 彼氏なし歴=年齢、キャリア・定職なしの冴えない中年女性、復回全(またたび ぜん)。 心許せる友人もなく生きる意味を見出せない毎日を送っていた彼女は、自転車で崖の側を走行中、進路に飛び出してきたウリ坊を避けようとして転落死してしまう。 そして死後の世界で優しい神様に出会い、新たな人生では今より難易度低めの環境に身を置くことを決意して転生の輪に身を投じるのであった。 完全女性向けです。ヒロインに(だけ)優しい世界。 共感できない主人公。イケメン好きの男嫌い、真面目クズ系陰キャヒロイン。 ※ヒロインは腐人です。主に女性と中性身体の方が活躍します。 「愛し合う二人が手をつないで眠ると、揺り籠の中に赤ちゃんが出現する」系の世界観。詳しくは作中で説明しますが、性別の設定がやや特殊である旨ご了承ください。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 世界の缶詰

    闇から氷までの語られなかった物語

    1,100

    0


    2021年5月10日更新

    こちらの短編小説集は本編【巡る星々の物語(うた)~全ては「僕」のために~】https://novelup.plus/story/411315390の番外編を集めた物語となっております。本編をすべて読んでいないと分からない内容も含まれておりますので是非先に本編の方を完読することをお勧めいたします。こちらは闇の少女~東西物語までの番外編です。連載物だったりそうじゃなかったりと色々です。世界が一つの缶詰にギュッと詰まった感じのイメージでお楽しみいただければと思います。こちらはエブリスタ様にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む