Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

命断つ剣に約束の花束を

読了目安時間:2分

幕間No.01 『”迷信”の脱却から始まる現代医学史(1998年)』

                                                  第三章 中世医学史の特異点                                                 (中略)                       今から約200年ほど前、その頃の医学というのはまだ根拠のない迷信や呪術的要素が多くあった。  溺れた人を蘇生させるのに、肛門から煙草の副流煙を吹き込む。  片頭痛の治療に、こめかみに焼鏝(やきごて)を押し付ける。  現代の医学を知っている者からすると、卒倒しかねない暴挙がれっきとした『医学』として行われていたのだ。  しかも、これらの行為を行っていたのが、ルーレンスの医師であることを知っているか。  ルーレンスと言えば、その当時から発展した文化を持った国であったことが有名であったが、その実態はこれであった。  (中略)  では、ルーレンスの医学はどこから正常な現代に近いモノとなったのか。  実は、例外的な医師がいたのだ。  その医師の名は、シャルル・ルテル。  彼の施す治療は、非常に理にかなったモノであった。  彼の家系は、代々医師の家系ではあったが、「貴族も平民も分け隔てなく」という方針を取っていたため、他医師たちからは嫌煙されていたという異端の家系であった。  その為、医師たちの間で共有される知識や情報から外されることが多かった。  だが、それでもルテル家は医師としての活動を諦めなかった。  新しいことを知る機会から遠ざけられるのならと、独自の方法で医学の研究をはじめたのだ。  それは、当時禁忌とされていた遺体の解剖だった。  死刑執行人と懇意の関係になり、彼らが処刑した遺体を秘密裏に解剖し、独自の知識を吸収していったのだ。  その解剖による結果をフィードバックさせた医術は、実に理にかなったモノだったということが、シャルル・ルテルが残した研究ノートで明らかになった。  事実、当時のルーレンスで他の医師のもとで手遅れや治療を断られた患者が、シャルル・ルテルの治療によって助かったということが多くあったらしい。  医学会から村八分の扱いを受けた結果、そのような医術を身に着けるというのは何という皮肉だろうか。                                        (中略)                                     その為、結果としてシャルル・ルテルの医療術が、神聖ルーレンス王国で認められることはなかった。  彼の存在はある意味では特異点だったのだ。  シャルル・ルテルが評価されたのが、彼の没年から数年後。  それもルーレンスじゃなく、隣国のギルクスだった。                                                                                                                                                                ――著:朝倉 信一郎   『”迷信”の脱却から始まる現代医学史』(出版:1998年3月16日)より抜粋。                                                        

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 拝啓、竜の世界より

    ――恐竜時代は、異世界だ。

    2,600

    300


    2021年9月23日更新

    かつて、親友と想い人を失った少年、三条吹雪。ある日、彼は何者かの手によって別世界へと転移される。そこは、恐竜と人が共存する、「竜の世界」だった。 この地で生きることを決意した彼は、やがて友が遺した大いなる謎に挑むことになる――! 恐竜! 翼竜! 首長竜! バトルにハンティング、更にはグルメまで!? これは、〝中生代〟という〝異世界〟に生きる、人々の物語である! ※肉食恐竜の捕食シーンや狩人による狩猟シーン等があるため、「R15」タグを保険として付けてます。「外しても大丈夫!」という意見があれば、外させて頂きます。 ※2021/8/15 遅ればせながら、登場人物や用語紹介のページを作ってみました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間10分

    この作品を読む

  • 土地神様は吸血鬼 ~人間に育てられた吸血鬼の日常~

    お母さんは凄いです!

    182,150

    475


    2021年9月23日更新

    周りに人の集落も無く、本来はダンジョンにしか生息しない吸血鬼。 しかし、森には捨てられてしまったのか吸血鬼の赤ちゃんがいた。 冒険者を引退した女性に偶然拾われて小さな村で育てられた。 赤ちゃんはシャーロットと名付けられた。 お母さんが亡くなるまで一緒に過ごしたシャーロットはお墓を建てた。 そして、同じ場所で眠りたいと願う。 お母さんも守っていた村を、シャーロットは守り続けた。 その結果、安全な村として評判となり人が集まった。 その頃には人々から尊敬されるようになっていた。 更に月日が流れ、村から街に変わる時に名前を変える事になった。 シェリル街、命名権をもらったシャーロットはお母さんの名前を付けた。 シャーロットが街を守る理由が1つ増えた。 500年以上の歳月が流れた時、彼女は土地神様として街の人々から崇められていた。 ※吸血鬼シャーロットと周りを取り巻く人々との日常です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間47分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る