命断つ剣に約束の花束を

読了目安時間:2分

幕間No.01 『”迷信”の脱却から始まる現代医学史(1998年)』

                                                  第三章 中世医学史の特異点                                                 (中略)                       今から約200年ほど前、その頃の医学というのはまだ根拠のない迷信や呪術的要素が多くあった。  溺れた人を蘇生させるのに、肛門から煙草の副流煙を吹き込む。  片頭痛の治療に、こめかみに焼鏝(やきごて)を押し付ける。  現代の医学を知っている者からすると、卒倒しかねない暴挙がれっきとした『医学』として行われていたのだ。  しかも、これらの行為を行っていたのが、ルーレンスの医師であることを知っているか。  ルーレンスと言えば、その当時から発展した文化を持った国であったことが有名であったが、その実態はこれであった。  (中略)  では、ルーレンスの医学はどこから正常な現代に近いモノとなったのか。  実は、例外的な医師がいたのだ。  その医師の名は、シャルル・ルテル。  彼の施す治療は、非常に理にかなったモノであった。  彼の家系は、代々医師の家系ではあったが、「貴族も平民も分け隔てなく」という方針を取っていたため、他医師たちからは嫌煙されていたという異端の家系であった。  その為、医師たちの間で共有される知識や情報から外されることが多かった。  だが、それでもルテル家は医師としての活動を諦めなかった。  新しいことを知る機会から遠ざけられるのならと、独自の方法で医学の研究をはじめたのだ。  それは、当時禁忌とされていた遺体の解剖だった。  死刑執行人と懇意の関係になり、彼らが処刑した遺体を秘密裏に解剖し、独自の知識を吸収していったのだ。  その解剖による結果をフィードバックさせた医術は、実に理にかなったモノだったということが、シャルル・ルテルが残した研究ノートで明らかになった。  事実、当時のルーレンスで他の医師のもとで手遅れや治療を断られた患者が、シャルル・ルテルの治療によって助かったということが多くあったらしい。  医学会から村八分の扱いを受けた結果、そのような医術を身に着けるというのは何という皮肉だろうか。                                        (中略)                                     その為、結果としてシャルル・ルテルの医療術が、神聖ルーレンス王国で認められることはなかった。  彼の存在はある意味では特異点だったのだ。  シャルル・ルテルが評価されたのが、彼の没年から数年後。  それもルーレンスじゃなく、隣国のギルクスだった。                                                                                                                                                                ――著:朝倉 信一郎   『”迷信”の脱却から始まる現代医学史』(出版:1998年3月16日)より抜粋。                                                        

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,121,276

    16,045


    2021年6月18日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:36時間29分

    この作品を読む

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    5,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:26時間47分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • シルク、深淵の探求者(シルクシリーズ第一幕)

    一風変わった異世界ファンタジーになります

    300

    0


    2021年6月18日更新

    竜族、蜴族、鳥族。 三つの種族が住まうのは、地上より遙か地下。地上での生存はできなくなり、三つの種族は十の階層に分かたれた空間で過ごしていた。 竜族は神とも崇められるほどの絶対的存在、蜴族はそれを崇め、対して鳥族はどの種族よりも卑しいとされる血族。 しかし、この三種族のどれにも当てはまらない者、竜と鳥の混血となる者がいた。 彼は亡き友の想いを継ぎ、地上へ、空へと飛び立つことを決意する。 彼の名は、シルク。 -- 宗教色強めの作品になります。既存作品とはかなり毛色の異なるものではありますが、よかったらどうぞ。 第二幕: https://novelup.plus/story/873563933

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    111,000

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間47分

    この作品を読む