Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

命断つ剣に約束の花束を

読了目安時間:2分

ACT.5 死神の子(Ⅴ)

                                                           ▽▲▽ 「ご、ごめんなさい」  エヴァに連れられて庭を出ると、すぐにルテル氏やシャルルを見つけることができた。  彼らは、泣きながら出ていった俺を探し回っていてくれた様だった。  ルテル氏は、申し訳なさそうな顔をして、俺に謝罪した。 「ごめん、エドワード君。 私もデリカシーに欠けていた。 少しショッキングな内容だったね」 「はい」 「ごめん。 でも、これは両家にとって大事な話なんだ。 君が家督を継ぐまでまだ時間があるから、それまでに、ゆっくりでいいから理解を示してくれると助かる」 「――はい」  そして、俺はエヴァと別れてシャルルと共に祖父たちの元に戻る。  その道すがら、シャルルと話をした。 「シャルルは、その、このことを」 「――うん、ちょっと前に父から聞いてた。 だから、エドの気持ちもちょっとわかる」  困ったように笑いながら、彼はそう答えた。  そんなシャルルに、俺も黙ってうなずいた。  彼は、黙って手を強く握ったら、同じくらい強く握り返してくれた。  ▽▲▽ 「坊ちゃま、今日はなにかありましたか?」 「んぇ?」  その日の夜のことだ。  夕食後、今日の日中にできなかった分の勉強を自室で行っていると、温かい紅茶を持って一人の使用人が入ってきた。  黒い制服に身を包んだ、くすんだ黒髪にソバカス顔の若い女性だ。  彼女の名前は、メアリ。  三年くらい前からこの屋敷に仕えていて、俺に対してよく世話を焼いてくれる人だ。  そんな彼女は、紅茶を机の端に置くなり俺にそんなことを言った。 「なーんか、心なしか気持ち明るめというか、良いことあったっぽいっていうか」  右手で髪をくるくるといじりながら、机の端に腰かけてニヤニヤと笑う。  ――普通の貴族の家で、使用人がこんな態度をしていれば大問題になっているところだが、この家は違う。  このジュワユーズ家は貴族並の暮らしをしているが、実態はお金がある差別階級。  ここで雇われているのは、みんな()()()なのだ。  代わりはそうそういないし、彼女たちの行く当てもそうそうない。  まぁ、そもそもな話。  親し気に接してくれる彼女のことを、俺は嫌っていないというのが一番の理由ではあるのだけけれど。 「ちょっとね、色んなことがあったんだ」  そういって今日のことを振り返る。  初めてルテル家に出向き、少しショックなことも知った。  けれど、それ以上に俺にとって良かったと思えたのは。 「初めて、友達ができたかもしれない」  そう口にすると、自然と口元が綻んだ。  メアリはそんな俺の顔を覗き込んで、彼女もまた笑顔を見せた。 「そっか、よかったじゃん」 「――うん」  俺の感じていた”痛み”をわかってくれたシャルルと、寄り添ってくれたエヴァ。  今日この日、死神の子にはじめて友達ができた。                                                     

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 黒のシャンタル 第一部 過去への旅

    生き神を受け継ぐ神話の名残のある世界の話

    27,400

    200


    2021年7月27日更新

    「託宣によりあなたを『神の助け手』としてお迎えいたしました」 突然の嵐に投げ出され、九死に一生を得た傭兵トーヤは、目覚めると「生き神シャンタル」の侍女である美貌の女神マユリアにそう告げられた。 代々その身に「女神シャンタル」を宿す少女「生き神シャンタル」、二千年の間永々とつむがれてきた生き神をつなぐ歴史、永遠に続くと思われた神と人との共存、その運命が今試されようとしている。天は一体トーヤに何をしろと言うのか? そんな不思議な出来事、八年前の出来事をトーヤは仲間のアランとベルの兄妹に語り始めた。 再び「シャンタルの神域」に戻るために、連れ帰った「黒のシャンタル」と呼ばれた不思議な少年と共に再び吹き荒れる運命の嵐に立ち向かうために。 2021年5月20日(木)に「小説家になろう」で無事一部完結いたしました。引き続き二部「新しい嵐の中へ」も毎日更新しています。 「ノベルアップ+」では1日に数話ずつ公開予定です。 感想やブックマークをいただけると励みになります、どうぞよろしくお願いいたします。 時々「リメイク」と称して書き直しがあります。 注1:あまり過激な表現はないと思いますがそれなりに衝撃を受ける方もいらっしゃるかも知れませんのでR15とさせていただきました。 注2:「人物紹介」は章が進むとネタバレが含まれる可能性があります。ネタバレ嫌!な方は飛ばして本文を読んでください。 ※「小説家になろう」「カクヨミ」「novelabo」「アルファポリス」「ノベルアップ+」で公開中

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間1分

    この作品を読む

  • 就活か魔王か!? 殺虫剤無双で愛と世界の謎を解け! ~鏡の向こうのダンジョンでドジっ子と一緒に無双してたら世界の深淵へ~

    今まで読んだ事のない世界へご招待します

    700

    0


    2021年7月27日更新

    自宅の鏡に潜ったらダンジョンだった。ゴブリンに襲われていた可愛いドジっ子を助けようとしたら大失敗。目つぶしにと、持ってた殺虫剤をふきつけたらなんと倒せてしまった!? 殺虫剤がこの世界では魔物退治のリーサルウェポンとなる事を知った主人公は、就活そっちのけでドジっ子とダンジョンで無双。巨大モンスターを瞬殺し、中堅冒険者たちを助けたり大活躍して楽しい異世界ライフを満喫だ。 しかし、異世界は魔物の大発生で危機に瀕していた、不思議な異世界の構造を解明して世界を救おうとする主人公。 そして、そこで見えてきた恐るべき異世界の裏の姿……。それは日本をも巻き込む想像を絶するものだった。 愛と陰謀と科学が織りなす本格ファンタジーが今、始まる。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    70,110

    489


    2021年7月25日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む

  • ここではない、どこかへ

    たった一人、世界に取り残されて。

    88,000

    1,250


    2021年7月20日更新

    虐げられることに慣れた子供に、初めて手を差し伸べてくれたのは、謎の黒装束の男。彼とその仲間に出会ったことで、彼女の運命は大きく歪んでいく——。 かつて、人間と精霊たちの間で、世界を滅ぼすほどの凄惨な大戦が繰り広げられ、平和と秩序を取り戻すために三分された世界。 その世界のとある街の酒場に、現れた美しい銀の髪の若者。その街で薬師として働く男は、何の気なしにその若者に声をかけたことから、その若者の秘密を知ることになる。 種族も性別も曖昧なその若者の苛酷な過去と、彼女を守るように寄り添う大きな黒い獣。 さまざまな思惑が入り混じり、しがらみの多い世界で、彼らはそれでもそれを切り開く旅に出る。 +++++++++ 厄介な事件に巻き込まれた(むしろ飛び込んだ)性別不詳(未確定)無自覚天然な主人公と、彼女を見守る青年やおっさんたちとの恋模様と冒険の物語です。 カクヨムに掲載している同タイトルの作品の改稿版となり、展開と結末が一部大きく異なります。 美しいディルと凛々しい黒狼の表紙絵はMACK様(https://twitter.com/cyocorune)からいただきました。ありがとうございます!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間24分

    この作品を読む