ホラー 短編 完結済

【怪談】シーラカンスが呼んでいる【友人から聞いた】

作者からの一言コメント

楽しんでください

読了目安時間:7分

総エピソード数:1話

友人から聞いた話が気になったスレ主はスレッドを立ち上げた。内容は至ってシンプルシーラカンスの話を聞いたことがあるか スレッドの住人たちはスレ主の言葉に耳を傾け話を聞くことにしたのだった

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 【怪談】シーラカンスが呼んでいる【友人から聞いた】
作者名 夕凪
ジャンル ホラー
タグ 夏の夜の怪談コン 現代日本 ホラー スレッド シーラカンス
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年8月5日 17時52分
最終投稿日 2022年8月5日 17時53分
完結日 2022年8月5日 17時50分
文字数 3,410文字
読了目安時間 7分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 完全版・怪奇短編集

    怖さ120%!(当社比)

    50,200

    0


    2022年8月20日更新

    寝ない子供の所へ現れるという「婆(ばば)」を見てしまった少年。霧の晩、山に捨ててしまった子供の声で語りかけてくるモノ。高校の入学祝いで買ってもらった携帯電話に掛かってくる間違い電話。 日常の中で怪異と出会ってしまった瞬間を描き出した短編集。 恐怖だけではない、どこか奇妙な世界をご堪能あれ。 前身となる「怪奇短編集 ―Mysterious Worlds―」の全100話を日常ノ怪①・②、動植物ノ怪、人ノ怪、学校・職場ノ怪の全5章への分類・整理。一部の短編は新規のものと差し替えております。 さらに書き下ろしの「秘密ノ怪」は全10話を掲載予定です。 毎週水曜日と土曜日の深夜0時頃に更新します。 裏話満載のオフィシャルファンブックはこちら→ https://novelup.plus/story/910990838 他の小説投稿サイトでも同時連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間47分

    この作品を読む

  • お題ショートショート【一話完結短編集】

    いただいたお題にて短編を書いたもの

    600

    0


    2022年8月19日更新

    いただいた「お題」にて一話完結で書いた短編詰め合わせ。 ジャンルは「ホラー」を選んでいますが、個人的には「怪談・奇譚」です。ホラーじゃない作品も混ざっています。 お題のほとんどは ・mixi の「THE 怖い話」コミュニティにて(2015年~2019年) ・Twitter の #呟怖 お題、字書きさんがゆるっと喋るコミュニティの半ライ企画にて(2020年~) となります。

    読了目安時間:5時間52分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    92,788

    88


    2022年8月17日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • ソラニア冒険譚

    一人じゃないから世界は輝いて 挿絵有〼

    156,900

    1,190


    2022年6月23日更新

    ーーたとえどんな道を選んでも、必ず何度も巡り合う。 オレ達は同じ場所を目指すのだから おかん気質でお人好しの青年カイはが 弟思いをこじらせたイケメンや 美少女系男子、豪腕聖女や無口な顔怖い人と出会い巻き起こす冒険譚。 幻獣の血をひく古代民族達が暮らした空の島は 本当に存在するのだろうか…… 挿絵あります。 webサイト▼ https://sorania.mystrikingly.com/ キャラ紹介やイラスト等。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間29分

    この作品を読む