文芸/純文学 短編 完結済

祖父はわからなくなった

作者からの一言コメント

そんな日々を過ごしているのだ、あの人は。

読了目安時間:1分

祖父はわからなくなったの表紙

そういう話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 祖父はわからなくなった
作者名 Wkumo(湖無カー)
ジャンル 文芸/純文学
タグ 老い 現実 幸せ チョコレート
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年7月22日 14時36分
最終投稿日 2021年7月22日 14時37分
完結日 2021年7月22日 14時36分
文字数 678文字
読了目安時間 1分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 四季織のいろは

    折り紙で織りなす新しい文芸青春物語

    5,700

    0


    2021年7月30日更新

    ──夢見月にキミ想ふ。それはあの日私が出会った一冊の古い本。その中で彼女が最後に折った折鶴、それは千年の時を越えて現代に届けられた変わらぬ愛のかたちでした──高校最後の夏のある日、私は一人の女生徒と出会う。その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。私達を繋いだのは一枚の折り紙。四季と短歌、日本文化で紡がれる色鮮やかで美しい世界観と、折り紙を通して描く心の成長物語。四季織のいろはをどうぞお楽しみ下さい。 ※【春】編は毎日更新します。 ※ファンの皆様へ。今回はこのまま続きと冬編まで書いて行きます。 ※ポイントは入りません。(コメントは貰えたら嬉しいかも) ※ご意見、ご感想、誤字報告お待ちしております。

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 僕はまた金魚鉢の夢を見る

    初めて書いた小説、温かい目で見守ってね

    100

    0


    2021年7月30日更新

    大学2年生の夏休み、大人になり切れない大学生の糸川紡(いとかわつむぐ)は5年ぶりに故郷に帰る事になった。その町は紡にとって思い出したくない思い出の町。だから彼はずっとその場所を避けていた。5年ぶりに見たその町は昔も今も豊かな自然に包まれていて何も変わらない。けれどそこには一つだけ足りないものがあった。欠けてはならない大切なモノが…。5年間の空白。埋まらない溝。後悔という名の悪夢。それら全てを乗り越えた時、人はきっと大人になる。これはそんな子ども以上大人未満の糸川紡がつむぐ人生の物語だ。

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 漂流してきたお姫様と浜辺の巨神

    描いていて明るい気持ちになりました👸

    2,500

    30


    2021年7月29日更新

    「ねぇねぇ、次は砂のお城を作りましょう」 「うん、わかった」 1人浜辺で遊んでいた少年、彼がたまたま見つけたのはオモチャのような潜水艦。 その中から出てきたのは、なんと赤いリボンを付けた小人の女の子だった。 最初は驚く少年も2人は意気投合し一緒に遊ぶことに。 少年と女の子が届ける現代ファンタジーのショートショートストーリー🎵

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 上からクマが降ってきた

    けもの絡みで死ぬかと思ったこと集

    8,100

    600


    2021年7月26日更新

    動物エッセイを過去に書きすぎて、平和なネタが尽きました。 上からクマが降って来た。シカに顎を蹴飛ばされた。サルに頭サイズの石を落とされた……etc けもの絡みで「死ぬかと思った」事を、さらっとですが紹介します。なお、この話に出てくるクマは基本ツキノワグマです。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む