文芸/純文学 短編 連載中

ささやかな反逆

作者からの一言コメント

現実と幻想の間を描いた作品です。

「私」は心の傷を癒すために九州にある診療所を訪れる。すべてはそこから始まった。自身の心の傷と向き合う、それは「私」にとっての旅と同じ意味を持っていた。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ささやかな反逆
作者名 ツキミ邦葉
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 現代日本 ささやかな反逆
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月14日 22時32分
最終投稿日 2020年1月29日 22時00分
完結日 -
文字数 35,039文字
ブックマーク登録 5件
コメント 7件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 7,500pt
ノベラポイント 140pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    634,370

    3,638


    2021年4月11日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間48分

    この作品を読む

  • アイデンティティウォーズ

    現実と異世界が交差して展開するお話です。

    27,580

    376


    2021年4月13日更新

    貧富の差が解決不能なまでに進行してしまった近未来の日本と世界。 地球上とは異なる異世界の発見に人々は久しぶりの希望を持てるかと思った。 だが、皆がユートピアと期待した異世界には想像を絶する現実が待ち受けていた。 この時代に平穏な日々をわずかに保っていたごく普通の少女、上総律子はふとしたきっかけで国家やそれを支配する層のどす黒い陰謀と現実に巻き込まれていく。 同時期、親からも学校からも見放されて生き地獄の生活を送る引きこもりの少年サトシは異世界を救うという使命を与えられて、願ってもなかった異世界出世ライフを送れるようになったかに見えた。だがそれは現実世界の恐るべき実態を突き付けられる入り口に過ぎなかった。 やがて異世界と現実世界の真実を知ったサトシは、自らを陥れた権力へ戦いを挑んでいく・・・・・。 進むも地獄、退くも地獄。無理ゲーと化した現実というディストピアの中で人は自分のアイデンティティを守り通せるのか? 素朴な自分の価値観を守ろうとする純真な少女の命運は? 魂を売って栄華を手にした者が行きつく先とは? 社会不適合者とされた者が異世界で目にする現実に対してどのような選択肢をとるのか? 派閥や組織に入ることでしか人間は人間らしい権利を得ることはできないというのか? これは魂を売り渡さなかったばかりにどの陣営・派閥にも属することができず、己のアイデンティティをかけて、理不尽に抗う者の物語である。 異世界という場所にユートピアはあるのか?現実というディストピアに人は抗えるのか? 若者たちの心に憂いなき安寧は来るのか? ※本小説は、小説家になろう様、カクヨム様にも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 習作千文字

    毎日書いて練習するのだ

    7,800

    0


    2021年4月14日更新

    毎日千文字の文章を書くだけ。でも毎日続ければ36万5千文字だ!

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む

  • 蝴蝶ノ夢

    この世は所詮蝴蝶の夢でありんす。

    266,400

    7,405


    2021年4月14日更新

    いつ、誰が言い出したのかは定かでないが、人々の間で囁かれている噂が一つ。 曰く、この世のどこぞに人の一生を見通せる魔女がいるとか。 曰く、その魔女に分からない事はないのだとか。 曰く、その魔女の元へは強く望んだ者しか辿り着けないとか。 曰く、その魔女は誰をも虜にする絶世の美女だとか。 曰く、曰く…… * どの世界にも存在し、どの世界にも属さない狭間の異境ーー朧邸。 魔女が住むと言われているその邸に、ある日『少年』がヒトリ流れ着く。 邸の女主人と訪れる様々な客たち。出会いと別れを繰り返す中、記憶をなくした『少年』の選択は…… 「この世は所詮蝴蝶の夢。合うも不思議、合わぬも不思議。ただ何事もはかない夢の浮世でございんす」 *この作品は純文学×キャラ文芸。二人の人物の視点が三人称と一人称でそれぞれ語られる作風になっております。 *表紙はあさぎかな様にいただいたものです。

    読了目安時間:2時間32分

    この作品を読む