SF 長編 連載中

防衛騎甲 エクスレイガ 《空想科学青春記》

作者からの一言コメント

空に!大地に!エクスレイガの剣戟が奔る!

読了目安時間:18時間22分

『地球の皆さん!どうか我々と”良き戦争”を!』 西暦一九九六年。 突如地球は、異星国家【ルーリア銀河帝国】と星間戦争状態へと陥った。 生物を殺傷しない不可思議なルーリアの機動兵器軍に劣勢を強いられる地球。 東北の地方都市、猪苗代町に住む主人公、椎名 時緒少年は、ひょんな事からルーリアと、謎のロボット【エクスレイガ】との戦闘に巻き込まれてしまう。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 防衛騎甲 エクスレイガ 《空想科学青春記》
作者名 比良坂
ジャンル SF
タグ ロボット ラブコメ 異星人 バトル 熱血 コメディー 特撮ネタ
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2019年7月2日 19時13分
最終投稿日 2021年9月20日 7時00分
完結日 -
文字数 551,173文字
読了目安時間 18時間22分
ブックマーク登録 39件
コメント 37件
スタンプ 444件
ビビッと 11件
応援ポイント 268,130pt
ノベラポイント 1,200pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 幽霊AIは充電中

    こちらも楽しんでいただけたら幸いです‼

    600

    0


    2021年9月22日更新

    『幽霊AIプロジェクト』 死んだ人間の記憶を元にデータを作成し、その記憶の持ち主に似た姿をしたロボットを作成して、データ化した記憶を入れる。ただ、会話をしても決まった言葉しか返ってこない。そんな、『幽霊AI』を作成するプロジェクトが少子高齢化が進むこの世の中で実行された。 そんなプロジェクトが実行される前、小学を卒業する前日、俺は彼女を事故で亡くした。 悲しみながらも、苦しみながらも、月日は流れ、高校の二年生になった。 そんな俺の前に、現れたのだ。 「今日は転校生を紹介する」 という担任の言葉と同時に幽霊AIとなった彼女が・・・ 彼女は死ぬ前の記憶しかなかった。それでも、いいんだって、そう思いながら、AIになってしまった彼女と一緒に日々を過ごしていたが、一週間後、悲劇は突然俺を襲う。 「昨日行った海、また行きたいな」 「・・・海?」 と首を傾げる彼女。 俺は必死に訴えるも、首を傾げるばかり。 なんでと、気になっていた時、 『幽霊AIは、一週間に一回充電をしないと生きていけない。そして、充電をすると充電する以前の余分なデータ、つまり一週間の記憶が削除される』 とそんな情報を得る。 それでも俺は、簡単に削除できないような思い出を作ろうとするのだが・・・ もし、あなたの大切な人の記憶が一週間で消えるとしたら、あなたならどんな思い出を作りますか?

    読了目安時間:3時間17分

    この作品を読む

  • SLUMDOG

    生きるために戦う、少年達の軌跡

    1,093,800

    5,960


    2021年9月22日更新

    時は第二次科学戦争末期。 スラム街の極東イグルスに住む少年ショウ・マクレイア(12歳)は幼い弟妹たちのために、幼馴染のソルクスと共に少年兵として生きていく事を決意する。 これは、過酷な戦場を生き抜いた少年たちの物語。 ※pixiv小説、小説家になろうにも掲載されております。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ~連載日程~ 毎週水曜に最新話が更新されます! 週1更新となりますが、ごく稀に記念小説など掲載する際など週2になる場合がございます。 何卒、よろしくお願い致します。 挿絵協力:野武丞 様

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:31時間41分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る