童話/絵本/その他 短編 連載中

或る少女と少女のカケラ

作者からの一言コメント

或る少女のサイドストーリーです

読了目安時間:9分

或る少女と少女のカケラの表紙

『或る少女の話』のサイドストーリーです。或る少女を囲む或る少女の為に産まれた、少女のカケラ達のお話です。『或る少女の話』を読んでからの方が、内容を理解しやすいかと思います。 全体的に救いがなく、ダークな内容です。閲覧にはお気を付けください。 画像は、フリー画像素材をお借りしました。(PASUKO様)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 或る少女と少女のカケラ
作者名 七海美桜
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ ダーク 現代日本 ノベプラオンリー 救いがない 多重人格 メンヘラ
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年3月28日 3時35分
最終投稿日 2021年7月30日 3時16分
完結日 -
文字数 4,442文字
読了目安時間 9分
ブックマーク登録 6件
コメント 0件
スタンプ 24件
ビビッと 1件
応援ポイント 5,950pt
ノベラポイント 80pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • イラスト集(最近)

    最近描いたイラストを投稿してみます

    1,100

    0


    2021年9月18日更新

    趣味で描いているイラストです。 内容は自作小説の登場人物のイメージ画などになります。 こちらには比較的最近描いたものを投稿してみます。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ティーチ

    10年前の処女作を晒す(´ཀ`」 ∠)

    4,900

    0


    2021年9月18日更新

    『読んで勉強が楽しくなる作品』を目指しました。 イラスト多数。シンガーソングライター黒柳瞬とのコラボによる主題歌、挿入歌あり!! 教育により魔法を得る異世界『ホライズン』 嘗ての教育機関、神官に近しい高位職『教育者』は『大災害後』の世界では忌避されていた。これは教育者の末裔として誰にも必要とされない旅をしてきた主人公『ティーチ』が安住の地に出会う戦いと心の物語である。 教科書パロディの本格ファンタジー小説……を目指してました。 もう10年以上前の処女作なんだ。優しい目で見てくれよ……。 全て描き終わったらあとがきで、今ではこの続きが書けない理由……ある意味私の物書きとしての成長について語ります。

    読了目安時間:2時間7分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    1,095,700

    231,289


    2021年9月18日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:16時間40分

    この作品を読む

  • 転生辺境伯は、魔法と科学で貧乏荘園を経営します!

    中世ヨーロッパ的な世界が舞台です

    30,600

    0


    2021年9月18日更新

    帝国主義華やかなりし頃の『大陸』。オストリーバ帝国宰相であった主人公は大陸大戦の末期に、軍部や民衆の反乱により拘禁され、その混乱の中で銃殺される。 次に目が覚めると、そこは『中世』のわが祖国、オストリーバ神聖帝国に新しい命を受けていた『彼女』。帝国内の小さな領邦の荘園の領主の娘として生まれた主人公ハルトウィン=ゼーバルトは女領主として育てられ、戦乱の帝国の中で再び政治の手腕を試される。 さして豊かでもない荘園。さらには異民族・異教徒の侵略。帝国内での領邦同士の内紛。さまざまな問題が彼女の目の前に山積みされていた。 果たして彼女はこの局面を切り抜けることができるだろうか......?! ※アルファポリス様でも連載中です。

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む