詩/短歌 短編 完結済

今年の抱負

作者からの一言コメント

季語なし具体性なし是非もなし

いっちょ前に新年の抱負書いても忘れちゃうので簡単なやつ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 今年の抱負
作者名 爪毛
ジャンル 詩/短歌
タグ 今年の抱負俳句フェア
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月1日 1時57分
最終投稿日 2021年1月1日 2時01分
完結日 2021年1月1日 1時56分
文字数 15文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 27件
ビビッと 1件
応援ポイント 12,200pt
ノベラポイント 210pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 一人でも刺さるキャラに出会ってほしい

    ♡6,800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・54話・88,516字 丸ノ内星

    2021年2月28日更新

    主人公・小牧実梨(こまきみのり)は幼い頃からアイドルが大好きなドルオタ女子。 彼女は中三の夏休み、親友・若松絵里子(わかまつえりこ)が芸能科高校にスカウトされる所に居合わせる。その時絵里子が学園側に提示した無理難題のせいで、なぜか自分まで芸能科高校に入学することになってしまう。 入学していきなりアイドルユニットに選抜されてデビューした絵里子に対して、実梨は仕事も目標もない日々を送るが、高校での新たな出会いが彼女を徐々に変えていく。 恋愛あり! 友情あり! 師弟関係あり! 個性豊かなアイドルのタマゴたち(と先生たち)の織り成す人間模様をお楽しみください! ※小説表紙のイラストは「girlysozai.com」さまからお借りしています。

  • 歴史の史実と全く異なる日本の未来へ。

    ♡5,400

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・26話・364,652字 蒼真空澄

    2021年2月26日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 命の価値、本当の意味、未来に託す事を。 信じて愛する幸福を探す物語を。 そして新たに芽生える恋愛物語を。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 今日1日生きて思った言葉

    ♡121,049

    〇1

    詩/短歌・連載中・101話・22,885字 冬川 雪子

    2021年2月28日更新

    普段なんとなく思った事。 誰にも言った事のない本当の自分の気持ち。 隠さないといけない想い。 今日も1日頑張って生きた感想。 これらを言葉にするためにに作りました。 つまらないかも知れませんがよかったら読んでもらえると嬉しいです。

    タグ:

  • あなたが幸せになれますように

    ♡639,886

    〇17,793

    詩/短歌・連載中・385話・75,876字 ★Lakma★

    2021年2月28日更新

    悲しみと幸せを詩に纏めました。 心の傷や悲しみは決して消せるものではないですけど、 この詩を読んで少しでも生きる希望を持っていただけたら幸いです。 いつか皆様が幸せに辿り着けますように。