ミステリー 短編 完結済

すいけん! ~都立曙橋高校 推理小説研究部 の小さな事件簿~

作者からの一言コメント

私の母校にも推研があり、副部長でした。

すいけん! ~都立曙橋高校 推理小説研究部 の小さな事件簿~の表紙

 ミステリー好きの集まる都立曙橋高校の推理小説研究部(通称:すいけん)。  今日は、いつものように、各自好きに読書をして過ごすのではなく、今年の文化祭での研究発表テーマを決めていた。毎年恒例の「すいけん部員オヌヌメのミステリー」の方は、まぁ良いとして。(といっても、普段から推理小説をぜんぜん読んでいないのに半ば強引に仮入部させられたボクにとっては、ぜんぜん良くないのだけれど!)  問題は、もう一つのテーマ、「日常の謎」。各部員があげた「普段気にも留めていなかった日常の中の謎」をみんなで解決して発表しようというもの。しかし、各自があげた「日常の謎」を順に解いていくうちに、あれ? なんだかおかしな方向へ……  初校は「日常の謎コン」に参加するために執筆しました。  その後、アルファポリスの第4回キャラ文芸大賞にエントリーするために加筆修正しました。  (各エピソードにもりもり修正が入ってしまっています。既読の読者さま、申し訳ありません)  コンテストが終了したので、再度公開いたします。  加筆修正により、エピソードが1つ追加になっています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 すいけん! ~都立曙橋高校 推理小説研究部 の小さな事件簿~
作者名 塵 薫
ジャンル ミステリー
タグ ほのぼの 現代日本 学園 部活動 日常 百合 少しだけ BL 少しだけ 日常の謎コン 謎解き少なめ ほのぼの増量 お薦めミステリー付 入部希望者募集中
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月11日 11時36分
最終投稿日 2021年3月8日 9時00分
完結日 2020年6月20日 14時48分
文字数 28,701文字
ブックマーク登録 13件
コメント 19件
スタンプ 49件
ビビッと 1件
応援ポイント 33,200pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    388,901

    7,941


    2021年1月20日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

  • フラグメント -花粉の少女たち-

    『花粉』によって荒廃した世界を巡る物語

    35,800

    50


    2021年4月20日更新

    『花粉』によって文明のほとんどが滅びかけている世界。 十数年前、突如として宇宙から飛来した宇宙植物生命体、通称フラグメント。世界各地に根付いたそれらは、大気中に大量の花粉をまき散らした。 それは瞬く間に空を覆いつくし、世界はかつての繁栄を失った。 生き残ったわずかな人間たちは、各地に集落(クラスター)と呼ばれる居住区を作り、ひっそりと暮らしている。 そんな世界を一人旅している旅人のソラは、とある集落(クラスター)で一人の少女と出会う。彼女はコトハ。生まれつき体内に『花粉』を宿し、過酷なこの世界に適応した第二世代の少女だった。 セルフレイティングは念のため。 タイトルを少し変えました。 作品種別を長編から短編集に変更しました。 たぶん毎日投稿します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死刑執行班・ユーラシア大陸支部

    人殺しが許された職業のお話です。

    7,400

    0


    2021年4月20日更新

    この世界で唯一、人殺しが許された職業。 死刑執行人。 世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。 犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。 掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

  • 掛詞《カケコトバ》シリーズ

    青春は、引っ掛かりの連続だ。

    4,500

    0


    2021年4月20日更新

    かけことば【掛詞・懸詞】 修辞法の一つ。一つの言葉に二つ以上の意味を持たせたもの。 「逢(あ)ふことは雲居はるかになる神の音にききつつ」 高校2年生の少年・結城衛(ゆうき まもる)。 彼の住む町では、様々な呪いを宿した文字を体に刻まれる、『掛詞《カケコトバ》』という怪奇現象が密かに広がり始めていた。 ある日衛は、ひょんな事から『ノロイ』の掛詞を掛けられた少女・二ノ瀬準に行き会って……。 言葉が人を呪い、言葉が人を殺し、言葉が人を魅せる! 『言葉の真の意味を探る』、新感覚のオカルティック・ミステリー! ※当作品はカクヨムでも連載しています。内容は変わりません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:57分

    この作品を読む