詩/短歌 短編集 連載中

徒然茸

作者からの一言コメント

明る・鬱・切な・恋等何でも有で一日一更新

読了目安時間:2時間12分

一日一個の詩を書いてみることに挑戦したもの。書きたいように書きなぐっているのでテーマはバラバラです。 三行くらいのとても短いものばかりなので日めくりカレンダーみたいなものだと思ってください。放っておいても勝手に生えてくるイメージで「茸」とつけてます。浮かんだものを書きなぐりながら、自分の技術の向上を目指しています。 検索かけたら他にも同じことしている方がいらっしゃるようなので何番煎じかは分かりませんが。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 徒然茸
作者名 有村秋風
ジャンル 詩/短歌
タグ 短詩
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月1日 23時00分
最終投稿日 2021年9月17日 23時00分
完結日 -
文字数 65,854文字
読了目安時間 2時間12分
ブックマーク登録 8件
コメント 48件
スタンプ 114件
ビビッと 18件
応援ポイント 47,900pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
受け付けていません
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 転生辺境伯は、魔法と科学で貧乏荘園を経営します!

    中世ヨーロッパ的な世界が舞台です

    30,600

    0


    2021年9月18日更新

    帝国主義華やかなりし頃の『大陸』。オストリーバ帝国宰相であった主人公は大陸大戦の末期に、軍部や民衆の反乱により拘禁され、その混乱の中で銃殺される。 次に目が覚めると、そこは『中世』のわが祖国、オストリーバ神聖帝国に新しい命を受けていた『彼女』。帝国内の小さな領邦の荘園の領主の娘として生まれた主人公ハルトウィン=ゼーバルトは女領主として育てられ、戦乱の帝国の中で再び政治の手腕を試される。 さして豊かでもない荘園。さらには異民族・異教徒の侵略。帝国内での領邦同士の内紛。さまざまな問題が彼女の目の前に山積みされていた。 果たして彼女はこの局面を切り抜けることができるだろうか......?! ※アルファポリス様でも連載中です。

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む

  • 終焉の幼女エルルと死なずのライザ

    命の限り、死なずの終焉を。

    2,151,497

    47,663


    2021年9月6日更新

    魔法が失われ、前文明の遺産から『機械』を模倣し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』——『ライザ・テオドール』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしているロリコンであり、幼女となったエルルに一目惚れしてしまう。 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす『機械』と『魔法』のファンタジー! そして至る、世界の真実。 終焉の運命と向き合い、エルルが手にするモノとは——? 【お知らせ】 ・異世界ファンタジージャンル、年間2位! ・2020年HJ小説大賞後期二次選考通過! ・★マークが付いた話には美麗な挿絵があります! ・全てのイラストは、最後にもまとめて掲載しています!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間41分

    この作品を読む