異世界ファンタジー 設定・プロット 完結済

【異世界設定コン】過去に宇宙より侵略があった魔法×科学な異世界

作者からの一言コメント

ワールドマップ付き

読了目安時間:1時間29分

総エピソード数:25話

【異世界設定コン】過去に宇宙より侵略があった魔法×科学な異世界の表紙

 ごく普通のハイファンタジー世界に宇宙からの侵略(現地の人視点的表現)が分岐点としてぶっ刺さったらどういう世界になるだろう……という設定群です。全体的な世界観のイメージはスチームパンク寄りの魔法×科学ファンタジー。もしくはハイファンパンク。 ※コンテスト概要にそって二次利用、アレンジ等常識的な範囲で好きにしてください。完全自作発言、独占主張、それに関連した他者への攻撃等はご遠慮願います。 (22'3/5)異世界設定コン続投フェア予告が来たので追記…… この設定を利用してやるよと言う方は【モリンシュオン】とタグつけしてくださると私が探しやすくて助かります。

総エピソード数:25話

作品情報

作品名 【異世界設定コン】過去に宇宙より侵略があった魔法×科学な異世界
作者名 くら桐
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ノベプラオンリー 世界観・設定集 ハイファンパンク ハイファンタジー 異世界設定コン SF ワールドマップ有 シェアワールド モリンシュオン
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年5月9日 23時40分
最終投稿日 2021年6月30日 11時47分
完結日 2021年6月30日 11時47分
文字数 44,423文字
読了目安時間 1時間29分
総エピソード数 25話
ブックマーク登録 13件
コメント 4件
スタンプ 39件
ビビッと 14件
応援ポイント 28,300pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • わたくし、お飾り聖女じゃありません!

    お飾り聖女じゃありません!

    13,500

    60


    2022年8月14日更新

    「この私、レムレス・ド・アルメルセデスの名において、アナスターシア・スタンフォード侯爵令嬢との間に結ばれた婚約を破棄することをここに宣言する!」 その声は、よりにもよってこの年に一度の神事、国家の祭祀のうちでもこの国で最も重要とされる聖緑祭の会場で、諸外国からの特使、大勢の来賓客が見守る中、長官不在の聖女宮を預かるレムレス・ド・アルメルセデス王太子によって発せられた。 ここ、アルメルセデスは神に護られた剣と魔法の国。 その聖都アルメリアの中央に位置する聖女宮広場には、荘厳な祭壇と神楽舞台が設置され。 その祭壇の目の前に立つ王太子に向かって、わたくしは真意を正すように詰め寄った。 「理由を。せめて理由をお伺いしてもよろしいでしょうか?」 「君が下級貴族の令嬢に対していじめ、嫌がらせを行なっていたという悪行は、全て露見しているのだ!」 「何かのお間違いでは? わたくしには全く身に覚えがございませんが……」 いったい全体どういうことでしょう? 殿下の仰っていることが、わたくしにはまったく理解ができなくて。 ♢♢♢ この世界を『剣と魔法のヴァルキュリア』のシナリオ通りに進行させようとしたカナリヤ。 そのせいで、わたくしが『悪役令嬢』として断罪されようとしていた、ですって? それに、わたくしの事を『お飾り聖女』と呼んで蔑んだレムレス王太子。 いいです。百歩譲って婚約破棄されたことは許しましょう。 でもです。 お飾り聖女呼ばわりだけは、許せません! 絶対に許容できません! 聖女を解任されたわたくしは、殿下に一言文句を言って帰ろうと、幼馴染で初恋の人、第二王子のナリス様と共にレムレス様のお部屋に向かうのでした。 でも。 事態はもっと深刻で。 え? 禁忌の魔法陣? 世界を滅ぼすあの危険な魔法陣ですか!? ※アナスターシアはお飾り妻のシルフィーナの娘です。あちらで頂いた感想の中に、シルフィーナの秘密、魔法陣の話、そういたものを気にされていた方が居たのですが、あの話では書ききれなかった部分をこちらで書いたため、けっこうファンタジー寄りなお話になりました。 ※楽しんでいただけると嬉しいです。

    読了目安時間:1時間42分

    この作品を読む

  • 魔王先輩は本日も召喚をするようです

    先輩・後輩×魔王・勇者=学園F

    194,000

    3,096


    2022年8月14日更新

    先輩・後輩×魔王・勇者=学園ファンタジー 定められた未来を覆せ!! 日本から勇者として召喚されたミコトは、へっぽこ召喚師のシャルニニャを魔王をするためにサポートを始める。 でもシャルニニャは失敗ばかり。 おまけに召喚される使い魔はちょっと訳ありな使い魔たちで!? 「やだ、やだ。何で、どうしてこんなことに。 誰か、誰か助けてよぉ!!」 「はい。ではわたしが助けましょう」 学年は違うけど心は一緒。 勇者が魔王を守って何が悪い! 「理不尽な要求は後輩の特権ですよ。 なのでしっかりと手綱を握って、じゃじゃ馬のわたしを乗りこなしてくださいね」 召喚主から離反したミコトはシャルニニャの騎士となり、魔王の復活を待望する暗躍者たちを想いの力で倒していく!! これは自らの手で殺さなくてはいけない女の子を、自らの手で守ると誓った不器用な女の子の物語。 ※表紙:佐倉ツバメさまに描いて頂きました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間12分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る