異世界ファンタジー 長編 連載中

異世界に行きたかったので、ネット通販で『異世界の扉』買ってみた

作者からの一言コメント

通販で異世界の扉が売ってたら買うよね?

初めまして、一ノ瀬蒼です。大学進学を機に東京へ上京してきました。高校生までのボッチで根暗な自分とさよならして、イケイケなリア充になろうと決意して大学デビューをしました。なのに、変なサークルに入れらとこによって私の大学生活は悲惨なことになってしまいました。と言うのも、そのサークルは変わり者ばかりが入っていて、私まで変人扱いされて周囲の人は避けて通るのです……。結局大学でも友達が出来ずにいました。そんなある日、サークルの先輩である天道先輩が、ネット通販で『異世界の扉』と言う商品を買ったそうなんです。そんなものあるはずないですよね? それなのに、まさか本当に異世界に飛ばされてしまうなんて……。 これは様々な異世界を旅する私たちの軌跡。 「小説家になろう」様からの転載です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異世界に行きたかったので、ネット通販で『異世界の扉』買ってみた
作者名 御門海斗
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 女主人公 コメディ アクション/バトル 転生/転移 R15 神様 異能力 異世界
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年4月17日 21時35分
最終投稿日 2020年11月12日 16時14分
文字数 244,199文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年11月24日更新

    「嫌なら辞めろ。ただし、お前みたいな無能を使ってくれるところなんて他にない」 何回聞いたか分からないその言葉を聞いた俺の心は、ある日ポッキリ折れてしまった。 「分かりました。辞めます」 そう言って文字通り育ててもらった最大手ギルドを辞めた俺に、突然前世の記憶が襲う。 前世の俺は異世界で化学者《ケミスト》と呼ばれていた。 「なるほど。俺の独自の錬成方法は、無意識に前世の記憶を使っていたのか」 通常とは異なる手法で、普通の錬金術師《アルケミスト》では到底及ばぬ技能を身に付けていた俺。 さらに鮮明となった知識を駆使して様々な規格外の良品を作り上げていく。 ついでに『ホワイト』なギルドの経営者となり、これまで虐げられた鬱憤を晴らすことを決めた。 これはある化学者が錬金術師に転生して、前世の知識を使い絶品を作り出し、その高待遇から様々な優秀なメンバーが集うギルドを成り上がらせるお話。 他のサイトでも掲載しています

  • 2020年11月24日更新

    「初っ端から重いのよ!重い!ギャグのかけらもないじゃない!」 ・・・byピンクのオッサン 「ギャグとシリアスの二面性・・・うちのお嬢みたい!」 ・・・by紙袋をかぶった裸エプロンのお・と・こ 「オッパイ揉ませてください!」 ビシっ! 「何すんねん!この!貧乳!」 ビシっ!ビシっ!ビシっ! ・・・byずれた主人公とおかしな女神 これは出演者の勝手な感想であり、小説の面白さを示すものではありません。 【ご注意】 ★道具屋さんのウキウキライフをご想像した方。残念! この物語の本編は復讐物語です。家族を殺された主人公。恋人を殺された青年騎士。陵辱され身を落とした令嬢など、それぞれの復讐劇。今頃、気付いた作者です。テヘ。 ○本作品には、エッチなハーレム、ご都合主義のハーレム、異世界転生、異世界転移、俺TUEEE、チート、悪役令嬢などは全くありません。 ○いちゃいちゃエッチな展開も今のところございません。 と言うことで、あらすじ! 主人公タカトは、記憶を失った神ビン子ともに融合加工職人である権蔵の手伝いをしている。 心に家族の死という強い闇を抱えるタカト。しかし、その生活は、母の願いの通り明るくふるまう。 周りを笑顔にしてね、そう、それが母の最後の言葉。 ・・・いや、もしかしたら、タカトの振る舞いは、ただの天然なのかもしれない。 童貞、KY、気弱で口が悪く、女心が全く分からないくせにタカトは、夢見るおっぱいを求め、愛人を作ると豪語する。 オッパイすら触ったことがないタカトだが、道具作りにかける情熱は異常なほど高い。 しかし、その情熱は、まわりまわって、明後日の方向に向いている。 そう、「スカートまくりま扇」「お脱がせ上手や剣」!一体、コイツは何を作っているのだろうか? 一方、道具作りに真剣なタカトの横顔を眺めるビン子は、タカトとの距離を縮められないでいた。 時には喧嘩し、時には馬鹿を言い合う、そんな二人の日常に、なぜかどんどん乱入者が現れる。 乱入者たちは、タカトの意思とは関係なしに、二人を争いの渦へと巻きこんでいく。 遠巻きに存在していた争いの渦は、大規模な戦争となり最弱のタカトを巻きこもうとそばまで近づいてくる。 そんなこととはつゆ知らず、のほほんと生活をするタカトであったが、そんなタカトも、ついに、剣を取る日がやってきた。 そう、豚との戦いであった。