全く同じ事をしても・・・

読了目安時間:2分

エピソード:1 / 1

前へ

目次

次へ

正直者と嘘つき

 どこかにある家。そこには4人家族がいました。双子の姉と弟、それからパパとママから成り立っています。顔のそっくりな姉はくるみ、弟は哲夫(てつお)といいました。見た目はどこにでもある、普通の家庭ですが、実は、パパとママには困った事がありました。くるみちゃんは優しく、正直な子ですが、哲夫くんは乱暴なのです。どうしてこうなったか分からず、パパとママはいつも悩んでいました。  ある土曜日の朝、くるみちゃんはおねしょをしてしまいました。寝る前にトイレに行ったのにどうしようと悩みました。起こしに来たママとパパに、くるみちゃんは本当の事を言いました。 「ママ、パパ、ごめんなさい……おねしょしたの。約束守ったのに…」 布団たたきを持ってきたくるみちゃんは今にも泣きそうでした。しかし、ママとパパは怒りませんでした。 「ちゃんとお約束は守ったでしょ? それに、正直に言えたわ。だから怒ることないわ」 「何か失敗したって正直に言うのは勇気がいるよな。くるみはえらいぞ」 泣きながらあやまるくるみちゃんを、ママとパパはやさしく抱きしめました。  泣きやんだ後、パパはおねしょの後片付けをしました。その間、くるみちゃんはお風呂場で、ママに体を洗ってもらいました。  くるみちゃんが体を洗ってもらった後、哲夫くんは目を覚ましました。何と、哲夫くんもおねしょをしていたのです。 「ど、どうしよう……!」  慌てた哲夫くんは布団・パジャマ・パンツを押入れに急いで隠しました。その時、ママとパパが入ってきました。 「あら、哲夫、起きてたのね」 「今日は一人で片付けまでやったのか」 何も知らないママとパパは嬉しそうです。ですが、笑顔はあっという間に消えました。よほど慌てて押入れに入れたのか、布団が隙間からはみ出していたのです。押入れを開けたとたん、なだれの様にさっき隠した物が出てきました。 「哲夫、これはどういう事?」 「昨日、寝る前にトイレに行ったか?」 怖い顔のママとパパに聞かれ、哲夫くんは嘘をつきました。 「眠かったから覚えてないけど…行ったんだと思う。それから、布団は、寝ている間に小人が運んだ。この前買ってくれた本に出てきたの、覚えている? 寝ている間に靴をみがく、あれだよ」 あまりにおかしくて、ママとパパは思わず吹き出しました。ですが、すぐにまた怒り顔に戻りました。 「正直に言えば怒るつもりじゃなかったんだけどね」 「約束を忘れただけならまだしも、嘘までつくなら許さないぞ」 逃げようとした哲夫くんでしたが、あっという間につかまりました。 「いやだぁ! 放して!」 「これはお仕置きしないとね」 「後片付けは全部自分でするんだぞ」 その後、哲夫くんの部屋からは、何かがはじける音と、哲夫くんの泣き声が聞こえました。  お仕置きの後、哲夫くんは真っ赤にはれたお尻の痛さに苦しみながら、布団の後片付けをしました。

子供の時分、おねしょした経験は有りますか?
  • 有り

    81%

  • 無し

    0%

  • 覚えてない

    18%

11票 最終結果

誰かがおねしょしているのを見たことは有りますか?
  • 有り

    54%

  • 無し

    18%

  • 覚えてない

    27%

11票 最終結果

おねしょしたことが有る人に聞きます。折檻されましたか?
  • はい

    0%

  • いいえ(叱られはした)

    66%

  • いいえ(馬鹿にされた事は有る)

    11%

  • 覚えてない

    22%

9票 最終結果

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ミミズクさん

    羽山一明

    〇100pt 2022年1月15日 19時55分

    10歳までくらいの子供は、本能的に嘘を自己防衛のために利用して、嘘が悪いことであることを理性的に理解できないそうです。折檻、というと過激な印象を持ってしまいますが、お尻叩きですんでよかった、よかった。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年1月15日 19時55分

    ミミズクさん
  • ありちゅ

    桜撫子

    2022年1月15日 20時04分

    ノベラポイント賜り感謝致します。随分と詳しいのですね。今後の創作の助けとなります。 私も悪魔ではないのでこの程度で済ませました。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜撫子

    2022年1月15日 20時04分

    ありちゅ
  • かっぱさん

    直木俊

    ♡100pt 〇50pt 2022年1月16日 13時32分

    一番いやなパターンは、「僕がやりました。まだ小さい子供なので仕方ないですよね。叱ると逆効果になる場合もあるので、ここは穏便にすませといてください。それに勇気を出して正直に言ったので将来大統領になるかもですよ!」

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    直木俊

    2022年1月16日 13時32分

    かっぱさん
  • ありちゅ

    桜撫子

    2022年1月16日 13時35分

    読んでくださった上、ポイントまで賜り感謝致します。 正直に言っても、微塵も反省してないと矢張り怒りたくなりますね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜撫子

    2022年1月16日 13時35分

    ありちゅ
  • ひよこ剣士

    東十条

    ♡300pt 〇30pt 2022年1月16日 6時49分

    哲夫くんがまるで自分を見ているようで心がチクリとしました。年子の弟がワタクシには居りますが、同じおねしょにしても弟は受け入れられ、ワタクシは酷く叱られたものです。で、それが嫌なものだから嘘をつく。そして更に叱られる。体罰付きで。負のスパイラル。その発端やどこに!? ですね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    東十条

    2022年1月16日 6時49分

    ひよこ剣士
  • ありちゅ

    桜撫子

    2022年1月16日 7時56分

    コメントに加えポイントまで賜り感謝致します。 確かに、発端は謎です。嘘を吐く側の心理も十人十色ですね

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜撫子

    2022年1月16日 7時56分

    ありちゅ
  • アマビエペンギンさん

    MUNNIN

    ♡200pt 〇10pt 2022年1月12日 18時24分

    同じ事をしたとはいえ、その後がえらい違うからしょうがないねw ママとパパも怖い人じゃないみたいで(噴き出しそうになってるし)良かったw

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    MUNNIN

    2022年1月12日 18時24分

    アマビエペンギンさん
  • ありちゅ

    桜撫子

    2022年1月12日 18時35分

    コメントに加え、ノベラポイント+応援ポイントまで賜り、感謝致します。 同じ失敗をしても、其の後の行動が大きく違ったので明暗を分けることになりました。 ママとパパ、普段は温和なんです。理解して下さった様で、嬉しいです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜撫子

    2022年1月12日 18時35分

    ありちゅ
  • 猫

    神田流布

    ♡100pt 〇5pt 2022年1月14日 6時54分

    私は結構遅くまでおねしょしていたので、親にはとても迷惑をかけました。だから子供がおねしょしても怒ったことはありません^^;

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    神田流布

    2022年1月14日 6時54分

    猫
  • ありちゅ

    桜撫子

    2022年1月14日 11時53分

    おねしょして怒るか否かは子供時代によるんでしょうね。 コメントに加えポイントまで下さり感謝致します

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桜撫子

    2022年1月14日 11時53分

    ありちゅ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    18,400

    0


    2022年10月2日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:13時間46分

    この作品を読む

  • 火葬屋ジッポ

    ジークンドー遣いの火葬アクション

    413,200

    1,380


    2022年9月22日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間26分

    この作品を読む