現代/その他ファンタジー 長編 連載中

あやかし温泉街、秋国

作者からの一言コメント

ちょっとズレた日常を、あなたにも。

あやかし温泉街、秋国の表紙

物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 あやかし温泉街、秋国
作者名 桜乱捕り
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ほのぼの 女主人公 和風 日常 妖怪 あやかし 温泉街 仕事 妖怪変化 群像劇 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年6月7日 20時14分
最終投稿日 2021年2月19日 21時00分
完結日 -
文字数 884,830文字
ブックマーク登録 169件
コメント 377件
スタンプ 1,370件
ビビッと 26件
応援ポイント 631,915pt
ノベラポイント 22,542pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 楽しく愉快に妄想していただけるとハッピー

    ♡54,100

    〇2,170

    現代/その他ファンタジー・連載中・93話・163,458字 P+born

    2021年2月26日更新

    交通事故(笑)で死んだと思った高校生の「僕」は、マッドな校長の気まぐれで戦隊ヒーローの「黄色」に改造されてしまった。 校長曰く、インドの英雄マハトマ・ガンジーの遺品等々を体内に埋め込んだら、戦隊ヒーローの「黄色」になったらしい。 将来どころか進路もまだ未定だったのに、カレー好きでしか目立てない、一番マイナーな脇役「黄色」となった「僕」。その運命に凹みつつも、職業「黄色」を回避するために、ただただ身体が頑丈という地味な能力を駆使して、同じ町内にいるという他の仲間探しに奔走する。 のほほんとした日常に忍び寄る非日常を書いているつもりでございます。

  • 『特殊な部隊』の誕生の物語

    ♡8,100

    〇0

    SF・完結済・69話・120,571字 橋本 直

    2021年2月25日更新

    青年は出会いを通じて真の『男』へと成長する 『特殊な部隊』への配属を運命づけられた青年の驚きと葛藤の物語 登場人物 気弱で胃弱で大柄左利きの主人公 愛銃:グロックG44 見た目と年齢が一致しない『ずるい大人の代表』の隊長 愛銃:VZ52 『偉大なる中佐殿』と呼ばれるかっこかわいい『体育会系無敵幼女』 愛銃:PSMピストル 明らかに主人公を『支配』しようとする邪悪な『女王様』な女サイボーグ 愛銃:スプリングフィールドXDM40 『パチンコ依存症』な美しい小隊長 愛銃:アストラM903【モーゼルM712のスペイン製コピー】 でかい糸目の『女芸人』の艦長 愛銃:H&K P7M13 『伝説の馬鹿なヤンキー』の整備班長 愛する武器:釘バット 理系脳の多趣味で気弱な若者が、どう考えても罠としか思えない課程を経てパイロットをさせられた。 そんな彼の配属されたのは司法局と呼ばれる武装警察風味の『特殊な部隊』だった しかも、そこにこれまで配属になった5人の先輩はすべて一週間で尻尾を撒いて逃げ帰ったという そんな『濃い』部隊で主人公は生き延びることができるか? SFドタバタコメディーアクション

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 全てを許して忘れることが幸せなのだろうか

    ♡40,700

    〇240

    現代/その他ファンタジー・連載中・96話・110,108字 松宮 奏

    2021年2月26日更新

    両親を洪水。祖父母を地震。妹を雷。 幼少期、災害によって肉親を全て亡くしたデスパイア王国のバキュラ王は、万物憎み、神を恨んだ。 朝になれば日が差し、夜になれば月が出る。雲が空を覆えば雨が降り、地盤が割れれば地面が揺れる。 望んでもいないのに勝手に与えられ、時に理不尽に奪われる。そんな生まれた時からの『当たり前』に疑問を抱いたバキュラ王。 王として暴虐の限りを尽くし、災害や自然といった、人間の人智を超えた存在ーーすなわち『神』と民から崇められる存在になることで、万物の神々を討つことを生涯の目標としていた。 一方、傍若無人な王ーーバキュラの暴君により、故郷と最愛の母を奪われたルキア。ルキアもまた神として人々から崇められている『バキュラ』という存在に疑問を抱く。剣の腕を磨き、バキュラへ復讐を果たすことを悲願としながらもそれを隠し、兵士として王都へと潜入を果たし、機を伺っていた。 二人の陰謀は多くを巻き込みながらやがて絡み合い、対峙する。 十六夜の月が絢爛と輝く空の下。バキュラはルキアを見つめて口を開いた。 「人間は神すら手にしていない物を、一つだけ持っている」 復讐の連鎖の渦の中で生きる、二人の男の物語の結末やいかに。

  • サスペンス×アヤカシ×絵画

    ♡2,700

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・29話・67,826字 あさぎ かな

    2021年2月26日更新

    青年、昼川風太(ひるかわふうた)は、グレイス・アイ(恩寵眼)と呼ばれる特殊な目を持っていた。 不可思議ものを見る力をひた隠して生きてきたのだが、ある雪の降るセンター試験当日に鬼神様と出会いを果たし日常が一変する。 平穏な大学生活を送るために『高天原機関』という人ならざるモノたちの依頼を受けて、絵画を修繕していく。 彼の絵画修繕の腕を聞き、依頼が舞い込むのだが──事件に巻き込まれてしまう。 ラブコメ×サスペンス×怪異 ※この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。