連載中 長編

あやかし温泉街、秋国

作者からの一言コメント

ちょっとズレた日常を、あなたにも。

物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 あやかし温泉街、秋国
作者名 桜乱捕り
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ほのぼの 女主人公 和風 日常 妖怪 あやかし 温泉街 仕事 妖怪変化 群像劇
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年6月7日 20時14分
最終投稿日 2020年7月31日 20時37分
文字数 830,333文字
ブックマーク登録 150件
コメント/スタンプ 1,669件
応援ポイント 540,915pt
ノベラポイント 20,242pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 涙をぬぐって前へと進め!

    ♡59,400

    〇360

    異世界ファンタジー・連載中・19話 nishinoya shogo

    2020年8月3日更新

    ──今に見てろー! いつか絶対、みんなをあっと言わせる大発明をしてやるんだから! ニーナは錬金術師としての成功を夢見る15歳の女の子。目標は世界を揺るがす大発明を自らの手で成し遂げること。その夢を叶えるために、ニーナは毎日のように新しいレシピ開発に取り組んでいた。けれども── ぼふん! またしても上がる黒煙。もくもくと、煙突をくぐって青空を黒く染めるそれは、調合が失敗に終わったことを物語っていた。今日も失敗。昨日も失敗。その前の日も……。たまに成功したとしても、できあがるのは欠点だらけのガラクタ品ばかり。いつしかニーナは村の人たちから「ガラクタ発明家」と呼ばれ、からかわれていた。それが悔しくて、悔しくて。 ニーナは考える。錬金術に欠かせないのは珍しくて上質な素材だ。優れた発明品には、それ相応の優れた素材が必要なのである。それなのにこんな辺境の村では、まともな素材すら手に入らない。夢を叶えるには、この村でのんびりとチャンスを待っているだけじゃダメなんだ! ニーナは決心する。錬金術師なら誰もが憧れる街、工房都市クノッフェンに行こう。そこで錬金術の腕を磨いて、いつか偉大なる発明家たちと肩を並べられるような存在になろう。有名になって、「ガラクタ発明家」と馬鹿にしていた村の人たちを見返してやるんだ。そう心に誓ったニーナはもう誰にも止められない。親が反対するのを押し切って、クノッフェンへと旅立つのであった。

  • 世界はお前のためにあるんじゃない。

    ♡7,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・9話 月島かな

    2020年8月3日更新

    世界をまとめる《塔》があらわれて早400年。 科学が発展するはずだった世界は魔法によって異なる道を歩んでいた。 目がいいだけの少年――ジッカはある日、《災害》に負われて故郷の村を失ってしまった。 その《災害》はこの世界特有の、魔法を使ったものに下る罰則、《竜災》。 《勇者》を巡る世界の陰謀に巻き込まれたジッカは、世界を旅する謎の少女――リオンと出会い、この理不尽な世界に挑む決意を固めた。 シリアス系異世界冒険譚。 これは、ハズレくじを引いた者たちの|魔法世界への反抗記録《マジック・パンク・ストーリー》。 ※スキル・チート要素はありません。 ※二日に一度の更新ペースです

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • たかが親友の為にあなたは命をかけますか?

    ♡1,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・47話 ポラミス

    2020年8月2日更新

    私には唯一親友と呼べる女の子が1人だけいる。 私達はその辺の恋人同士よりも好き合い過ぎていている仲だけど、決してそっち系では無い。 ある日、その大好きな親友が目の前で光に包まれて突然消えてしまった。親友のピンチと思い、躊躇くなくその光の中に飛び込んだら身体がグッチャグチャのバラバラになってしまった。それをバカにしながらも気まぐれに身体の再生を始めた自称神と名乗るイカれた奴。こいつとの話で、親友が別の星へ転移させられて生きていることが分かった。小さい頃からずっとコミュ障の私を守り続けてくれた親友を、今度は自分が助けたいという強い思いがあったので、迷わずその星へ転移した。 その先で危険な魔物がいようと魔法が存在していようと私は絶対に親友を助ける! その為にずっと隠し続けて生きてきた秘密道具と自身の力を開放し、それを遺憾なく発揮する。 果たして探し続ける大好きな親友との再会は?! また、親友の捜索途中で出会った人物と愉快な魔物のたちとの関係性は如何に?! 想い想われ、振り振られ。 それぞれの「想い」と「思い」が交差して複雑に絡み合っていくことに?! イキ過ぎたこの友情の物語の先には、星も次元も神すらも超えた想いがそこにはあった。 ~初投稿です。完結まで頑張って書きます。

  • 戦え、皆の為に。紡げ、失われた童話の為に

    ♡4,900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話 朝比奈餡奈

    2020年8月2日更新

    人間、獣人、機械人形……様々な種族が暮らすネバーランド(夢の国)。長きに渡る『童話戦争』も終わり、平和が訪れた─────そう思っていた。 突如、国民が異形へと姿が変わる原因不明の病が流行り始めた。その病の名を『怨毒』。肌は黒くなり、瞳は毒々しい紫の瞳となる。そして怨毒となった者は超人的な異能力というものを身に着ける。ある者は炎、ある者は空気、ある者は精神を…… そんな異形である怨毒を倒す組織がある。その組織は『ストーリア』。怨毒に比較的近い存在である『エピソーダー』が集まる怪物達の巣窟である。 赤ずきんに選ばれた者、裸の王様に選ばれた者……そんな童話に選ばれた少年少女は世界から消えた童話を受け継ぎ、平和を夢見る。